恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「知りたくなかった怖い話」きれいな海や湖で突然溺れる怪奇現象の謎 #14

文・イラスト 犬養ヒロ — 2019.5.14
世の中には、科学では証明できないこともあるようです。憑依体質の漫画家・犬養ヒロさんが聞いてしまった【知りたくなかった怖い話】を紹介します。今回は、これからの海水浴シーズンにゾッとする話……。

【犬養ヒロの知りたくなかった怖い話】vol. 14

#13水の底

水の底

知りたくない度★★☆

(P.N おたまじゃくし 主婦)の体験談

20年前になるのですが―――私が小学生の頃、夏休みの間○○県に住む祖母の家に滞在していた時の話です。

祖母の家のすぐ目の前はとても大きな湖があり、まるで海のようでした。姉と一緒にその湖で泳ぐことにしたのですが、夏休みなのに海と違い、たまに地元の人が通りがかるぐらいで他に泳いでいる人はいませんでした。

姉と浮き輪を付けて湖に入ると、水が澄んでいてきれいで足もとで小さな魚が泳いでいるのが見えます。海と違って波がなく、海水ではなく真水なので水の中で目を開けることもできました。

私と姉は、水が腰下ぐらいの浅いところで泳いで追いかけっこをしたりしていたのですが、泳いでいるうちに私は姉がいる水際のほうから離れたところまで来ていました。

水辺が遠浅だったので安心していたのですが、急に水が深くなっている場所があり、気がつけば足が底に着かずに深くなっていました。

さっきまで砂だった水の底は暗い緑色に変わっていて、うっそうとした森のように藻でいっぱいになっていたのです。

「ここは深いから岸に戻ろう…!」そう思った時、藻が足首に触れました。

その次の瞬間……!

何かゾッとするぐらい冷たいものに足首を掴まれて、すごい力で水の中から引っ張られたのです…!

水の中に引きずり込まれそうになった時、水の中で自分の足もとを見ると、藻の中からたくさん「人の手」が伸びているのが見えました。そして、恐ろしいことに、藻から伸びた一本の長い手が、私の足首を掴んでいたのです…!

私は必死で「お姉ちゃんっ!!」と大声で叫びました!

叫んだ瞬間、足首を掴んでいた手が緩んだので、水を蹴って姉のいるほうに行きました。もし浮き輪をしていなかったら、確実に溺れていたと思います。立てるところまで行くと、姉に「水から出よう!!!」と急いで姉の手を引っぱって岸に上がりました。

そのことを姉に話すと「足に藻が絡まったんじゃないのー?」と、信じてもらえませんでしたが、後で見ると引っ張られたほうの足首がうっすらと赤くなっていました。

その日の出来事を祖母に話すと、こっそり私に言いました。

「昔から、この湖に来て入水自殺する人が後を絶たないんだけどね……死体が藻に絡まって見つからないんだよ。だから深いところには絶対に行っちゃぁいけないよ」

それ以来、大人になった今でも海や湖が苦手です……。

知ってしまった犬養さんのつぶやき

浮き輪必須……!!

地味にリアルで怖い話だな~。これは実際体験したらガクブルだよねー。

もう足を掴んだのはお茶目な人魚ってことにしておこう。いやはや、竜宮城に連れて行かれなくて良かったよ!

今年の夏は、混んでてもセーフティーガードがいる賑やかな海とかプールに行くことにするよ。乙女は日焼け止めも忘れずにネ!!

手の跡も嫌だけど、シミができるのはもっと嫌だもんね!

今年の夏も、Enjoy summer!


霊はどこにでもいて、心の隙間に入り込みます。
みなさま、ご用心して下さいね―――

by犬養ヒロ

Information

あなたの体験した怖い話を教えてください! お話を参考に、記事にさせていただく場合があります。
※ マガジンハウスの会員になっていただく必要があります。
投稿はこちらから!

「不吉」な記事をもっと読む_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法