恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【内ももに隙間を】美脚作りに必須な“内転筋”の鍛え方。

2015.5.2 — Page 1/3
皆さんは、電車で座っているとき膝は閉じていますか? また、長時間閉じることはできますか? 閉じることができない方は、太ももの内側の筋肉である股関節の内転筋が弱っている可能性があります。美脚を目指すのであれば、この内転筋の筋力アップは必須! そこで今回は、内もものエクササイズをご紹介します。

こんにちは、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子です。この連載『美人の作り方』では、“美しさを自分で手作りする”ために、みなさんが抱えがちなカラダの不調を改善し、美しく仕上げるためのメソッドを、エクササイズやヨガを取り入れながら紹介していきます。


【小林麻利子の美人の作り方】vol.41

皆さんは、電車で座っているとき、デスクで仕事をしているとき、膝は閉じていますか? また、長時間閉じることはできますか? 閉じることができない方は、太ももの内側の筋肉である股関節の内転筋が弱っている可能性があります。

股関節の内転筋には、恥骨筋、短内転筋、長内転筋、薄筋、大内転筋などがあります。美脚を目指すのであれば、太ももの中でもこれら内転筋の筋力アップは必須! 

そこで今回は、内もものエクササイズをご紹介します。

iStock_000024866307_Medium

内転筋を鍛えるメリット

(1)脚が細く見える!
内ももの筋肉が活動することで、筋肉が引き締まります。そのため、単純に脚を細く見せることができます。
(2)O脚改善に一役!
内転トルクを生み出して、脚を正中線(内側)方向に動かすことができるので、O脚対策として有効です。ただし、実際O脚は、脚のねじれを伴うことが多いため、骨盤や深層外旋六筋、臀筋などのエクササイズも同時に行わないといけません。
(3)お腹に力が入りやすくなる!
脚を正中線方向へ動かす筋肉が活動することで、中心軸に力が入りやすくなり、お腹に力が入りやすくなります。そのため、腹筋群の引き締めをサポートすることができます。
(4)むくみ緩和!
普段意識しないと活動しにくい内ももの筋肉を活動させることで、太もものリンパ・血液循環がよくなるため、むくみを緩和させることができます。

new_iStock_000010719951_Medium

【次のページ】内ももエクサとは?