喉を鳴らしまくります…! 寂しがり屋な男性猫さまの「僕史上1番の幸せ」

取材、文・Manabu Matsunaga — 2022.5.24
フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第33回目はシャルトリュー猫のリオ(Rio)さま。

小顔と柔らか毛並みが自慢の男性猫さまが登場!

【フレンチ猫さま】vol. 33

猫さまの話をもっと聞かせて! 愛嬌たっぷりの猫さま。


猫 保護猫 フランス

シャルトリュー種の男性2歳のリオに話を聞きました。


猫 保護猫 フランス

僕はフランス原産のシャルトリュー種の猫、全身がふかふかでシルバーグレー色です。話によると過去の戦争でほぼ絶滅寸前だったのを人々が頑張って子孫を増やしたようです。インテリアデザイナーの飼い主とオープン2ルーム、55㎡のコンテンポラリースタイルのアパートメントに住んでいます。毎日、食べて、寝て、遊んで、撫でられ、飼い主と一緒に遊んでいます。


猫 保護猫 フランス

好物はチキンとズッキーニを混ぜたもの! 飼い主が料理をしているときは足元でおこぼれがないかと待っています。たまにほんの少し味見をさせてもらっています。


猫 保護猫 フランス

好きなおもちゃは羽根とボールが付いたスティックですが、歯ですべて引き裂きました! アルミホイルを丸めたものは追いかけるのに最高です。


猫 保護猫 フランス data-lazy-srcset=

性格はちょっと寂しがり屋で一人にされるのが好きではないです。遊び心があり、好奇心が強く、表現力豊かで、初対面の人には人見知りをするけど、他の動物に親切です。ちょっと不器用で、知的で、自分自身のことをよく知っています。


スクリーンショット 2022-02-16 7.11.30

僕の魅力は小さな丸い頭と、とてもに柔らかい毛並みです。夜は飼い主と一緒に寝るのが1番の幸せかな。夜に喉を鳴らしながら自分自身を安心させます。


猫 保護猫 フランス

ーー飼い主曰く、生き物は可能な限り最善をつくして扱われるべきであり、それは家族と同様に扱うことだとのこと。猫の養子縁組や購入は、猫を幸せにし、最適な快適さを提供できる方法だと力説します。彼らに与えた愛はそのまま自分に返されるものでもあり、リオは飼い主にたくさんの幸せをもたらしています。特に在宅勤務をしているとき、もしリオがいなければ大きな虚無を感じたでしょう。リオと出会えて本当に良かったですね。

取材、文・Manabu Matsunaga