あなたの妻に…不倫願望男に突き付けられた「彼女からの決別LINE」 #242

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2022.5.16
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、職場の独身女性と一線を越えずともふたりで会う関係を続けてきた37歳既婚男性。ある日、彼女から結婚を理由に連絡を絶たれて…。佑雪さんが、彼女の本音を探ります!

お悩み:「自分は既婚男性ですが、擬似恋愛をしていた職場の後輩が結婚すると聞いて…」

不倫 浮気 結末 既婚 結婚 相手

【クラブ佑雪】vol. 242


私は既婚の男ですが、5年前から職場の女性(9つ下)と3か月に1度のペースで飲みに行くようになりました。職場の愚痴や彼女の恋愛相談など、たわいもない話ですが、私としてはリアルではない世界で、疑似恋愛をしているようで幸せでした(一線は越えられていませんが) 。

今年1月に会ったときに相手から今、付き合っている彼氏と夏くらいに同棲して今年中に結婚するつもりであると告げられました。私も今年は不妊治療を検討しなければならず、お互い窮屈になる前に盛大に飲もうと言って散会しました。その翌週いきなり「あなたの奥さんや自分の彼氏のことを考えると、今後会わない方がいいと思いました」とLINEが届きました。 もちろん、いつかこの日がくることはわかっていました。数か月早まっただけと言えばそれまでですが、突然の幕切れに気持ちがモヤモヤしています。この1週間で彼女の心理はなぜ変化したのでしょうか?

1. 実は私が彼女の結婚に賛成していない(現状維持を望んでいる)ことに気づいたため。
2. 彼氏に私と会ってることを怪しまれているため。
3. 私が不妊治療をする予定という話をしたため。

身勝手なお願いで大変恐縮ですが、佑雪ママの意見を聞けたら幸いです。

(うき舟 37歳既婚 会社員)

“結婚するからもう会うのやめよう”って言う女性の気持ち

anan-web-銀座ママ-1

なんでしょう。ドキドキする胸の高鳴りが抑えられません。なんか興奮するわ〜、こういうお悩みって。“寸止め”でフェイドアウトしていく感じが、エロ過ぎますわ。ちなみに、ご相談者さまのペンネームから『源氏物語』の「浮舟」なる姫君を思い出しちゃいました。イケメン貴公子2人に愛されて、悩んだ末に入水するも、お坊さんに命を助けられ、尼になるっていう、ね。

わたくし思うんですよ。男性にしろ女性にしろ、パートナーがいるときって、愛し愛されることに慣れているせいか、シングル時より断然モテるんですよね! 今回のお悩みも、そんな2人だからこそ、惹かれあったのかなって。少なくともご相談者さまはバーチャルであったとしても惹かれていたわけですよね? 彼女の方も一緒にいて楽しかったはずです。

まあ、彼女の方は28歳。これまでの人生で、間違いなくモテてきた恋愛上手な女性ですから、ご相談者さまのように男性から好意をもたれることが当たり前。だから、ご相談者さまから「好みのタイプ」と思われていることは感じてはいても、ほかの男性からもそういう扱いをされるのが常態化しちゃっているため、そこまで特別な感情を抱かれているとは気づいていない可能性もあるんですよね。しかも飲みに行くのも3か月に1度程度なわけだし。

そして、だからこそ、彼氏がいても平気でサシ飲みできてたのかもしれない。むしろ既婚者な分だけ、がっついてくる or 真剣に向き合わないといけない独身男性よりも“安パイ”扱いだったということも考えられます。いや、このへんの感覚ってね、過去にモテてきた30代後半の既婚男性とずーっとモテ続けて、今なお現役のアラサー独身女性では雲泥の差がありますから。

で、そこから推察するとですよ? 安パイだったはずのご相談者さまの“様子”が、彼女からの同棲&結婚報告を聞いて、あきらかにおかしかった、つまり、彼女からすると「えっ、私のこと、狙ってたわけ?」みたいな感じだったことも考えられます。だとすると、同じ職場だし、あなた既婚者だし、私も彼氏いるし、どん引きだわっていう結論としてのLINEだったのかも。

もし、彼女からしても“擬似恋愛”だった場合。これは自分も妻になる身となった今、ご相談者さまのパートナーの気持ちを考えると、よくない&彼氏にも悪いという、後ろめたい感情が沸き起こったのかもしれませんね。だとしたら、こんな発展性のない擬似恋愛はやめて、お互いそれぞれのパートナーと幸せになりましょうということでしょう。きゅん♡

いいじゃないですか! いずれにしても、擬似だろうが妄想だろうが、こういう甘酸っぱい気分に浸れることって、人生においてすごく貴重。生々しい今がもっともビビッドに感じられるでしょうが、この感情は死ぬまで何度も繰り返し、思い出して味わうことができます。どうぞ、心の宝物として、今後も大切になさってください。


【お悩み募集しています。こちらからどうぞ!】
※ マガジンハウスの会員登録をしていただくことになります。
銀座『クラブ佑雪』お悩みはこちらへ


藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。anan web上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママとしてお悩み相談「クラブ佑雪」、『TABI LABO』で「目覚めよ! 恋愛力 藤島佑雪のLOVE占い」など連載多数。

占いによる個人鑑定のお申し込みはこちら


©D-Keine/Gettyimages