あなたはどっち? 「長年の彼氏と結婚」と「ずっと好きだった男性と交際」 #198

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2021.7.12
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、二人の男性の間で揺れ動く28歳女性。長年付き合っている彼氏と結婚か、急接近し始めたずっと好きだった彼と交際か。選ぶなら、佑雪さんのおすすめは?

お悩み:「長年の彼氏と結婚か、ずっと好きだった男性と交際か?」

彼氏 好きだった アラサー 婚活 結婚 交際

【クラブ佑雪】vol. 198


長年付き合った彼氏Aとの結婚か、ずっと好きだった男性Bとのお付き合いに踏み出すか究極の選択を迫られています。


相手から告白されて長年付き合っている彼氏Aがいて、結婚が具体的になっています。彼氏はやさしくて私の気持ちを優先してくれ、ありのままの自分を受け止めてくれる家族以上に家族のような存在です。 しかし、長年付き合っていくなかですれ違いもあり、何度か傷つけられたこともありました。


結婚の話は自分からも積極的に進めていましたが、お互いのタイミングが合わなかったりして、私の「結婚するならこの人しかいない」と思っていたピークは過ぎてしまったことと、どうしても許せないことがあることで、このまま結婚してもいいのかなという不安が生まれています。


そんな折、ずっと好きだった男性Bと急接近してしまいました。一緒にいるととても楽しく、男性としてときめいてしまう相手です。彼氏Aとは真逆のタイプで男らしくリードしてくれ、どちらかというと亭主関白なタイプです。 Bからも「好きだしかわいいと思ってる、〇〇(私)がフリーなら付き合いたい」と言っていただきました。


彼氏Aと結婚した場合、お互いを知り尽くしていて、ありのままの自分でいられ、平和に楽しく暮らしていける気がしています。 Bのことは、とても好きだし、恋の始まりのような楽しさは心地よく、もっと共に時を過ごしたいと思います。


しかし、長年手に入れることができず内に秘めたていた恋のため、自分の中でBのことが美化もされているだろうなということもわかっています。付き合った場合、案外思ったのと違うとあっさり別れてしまうのではという予感? もあります。 アラサーという年齢もありいろいろと考えてしまいます。


長期的な目線で理性的に選択すると彼氏Aとの結婚、今この時の心の向くままに選択するとBとのお付き合い。 どちらを選んでも後悔するだろう選択に頭を悩ませています。

(みみこ 28歳未婚 OL)

究極の選択、どっちを選ぶか

anan-web-銀座ママ-1

これ、AさんBさんで迷っているというより、今の彼であるAさんと本当に結婚していいかを迷っているんでしょうね。やはり、お相手がどなたかで人生が大きく変わる結婚って、ものすごいギャンブルですから。Aさんとの結婚話が浮上して、本当にそれでいいのか、確認したくて、あえてBさんと急接近したんでしょうね。

ここでBさんの発言に注目。「好きだしかわいいと思ってる、私がフリーなら付き合いたい」って、どうなのよ? 諦めてるでしょ? っていうか、諦めたフリしてるでしょ? だって本当に男らしくて(昨今のコンプライアンスに照らして、よろしくないワードではありますが)、亭主関白系の方だというのであれば、「付き合いたいから、彼氏と別れて、僕と付き合ってほしい」ってはっきり言うでしょ?

でも言わない。ということはですよ? つまりはBさんというのは、ご相談者さまが頭の中で考えているほど、男らしくもなければ、亭主関白系でもなく、リーダーシップもない方なのでは? もしくは、本当に男らしく亭主関白系でリーダーシップがあったとしましょう。それなのに「オレについてこい」的なことを言ってこないってことは、本心としては付き合いたいとは思ってないってことでは?

ということを冷静に考えてほしいですね。ご相談者さまがどういうのがお好みかは存じません。実際にやってることは違っても、口先が上手でドキドキさせてくれる男性がいいのであれば、Bさんでもいいと思います。でも、言行一致で嘘のない男性をよしとするのであれば、Bさんのような方とは今後付き合ってもモメますし、結婚したらさらにがっかりの連続なのが目に見えています。

わたくしの予想としては、仮にBさんとなんとかなったとしても、結婚はなさそう。というか交際自体、短期政権で終わりそう。

年齢のことを気にするのであれば、Aさん一択ではないでしょうか。どうせ、なんの不満もない結婚なんて、この世に存在しませんから。今の不満にさらに別の不満が重なるだけです。そして、いいこともあるでしょう。

また、年齢を考えないことにして、Bさんをいったん選んで、ダメになったらそれはそれということで、新たな旅に出るというCプランだってあるわけです。

人生は不満を飲み込んで、ある程度の予測が可能な安定を選ぶか。予測ができないがゆえの不安を抱えても、きっとどこかにある幸せを夢見るか。どちらかなんですよね。これが答えになるかどうかわかりませんが、人生、そういうものであることをご理解いただけましたら幸いです。


【お悩み募集しています。こちらからどうぞ!】
※ マガジンハウスの会員登録をしていただくことになります。
銀座『クラブ佑雪』お悩みはこちらへ


藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。anan web上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママとしてお悩み相談「クラブ佑雪」、『TABI LABO』で「目覚めよ! 恋愛力 藤島佑雪のLOVE占い」など連載多数。

占いによる個人鑑定のお申し込みはこちら


©Johner Images/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。