アソコがもうクタクタ!?… 「再婚を渋る」バツイチの本音 #156

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2020.9.7
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、バツイチ年上男性を好きになった32歳独身女性。再婚する気はないと言われながらもどうにかして付き合いたいと願う彼女に、佑雪さんが男の本音と必殺攻略法を伝授します!

【クラブ佑雪】vol. 156

「曖昧な関係のバツイチ彼と結婚するには?」

バツイチ 年上男性 付き合う方法

佑雪ママ、こんにちは。いつもママの記事を読んで、勉強させていただいています。私は今、50代の男性と曖昧な関係を続けています。彼と出会った頃の印象は、真摯で頼りがいがあって、快活な人という感じです。ですが、連絡をとり、親しくなるにつれ、彼の別の一面を知りました。それは、とても女性関係が派手なことや直近まで若い女性と2年近く同棲していたこと、離婚歴があることなどです。私としては彼と真剣に付き合って結婚し、子どもも産みたいと考えていて、そう伝えたのですが、「自分は結婚に懲りているし、前妻との間に子どももいるから、再婚相手とは絶対に子どもはつくらない。結婚だって当面しない」と宣言されました。

また、彼からは「恋愛感情を感じない。ただの友だちだ」と何回も言われてきました。 ですが、一緒の布団で寝るなかで、彼と関係をもってしまっています。悲しくてたまらないのに、彼のことを求めてしまいます。私は直前まで同棲していた若い彼女の存在も、頻繁に連絡が入ってくる多数の女性の存在も、とにかく辛くて、そのことで泣いてばかりですし、女性関係を見直してほしいと話しては彼と口論してばかりです。それに、いつまでも「ただの友だち」と言われ続けることも悲しいです。

好きになれるかどうか、期間をもうけて考えてほしいと申し入れて、その上で二人で過ごしてきましたが、恋愛感情はもてなかったと、期限がくる度に言われました。 長文になってしまい、申し訳ありません。いろいろと書いてきましたが、私はそれでも彼のことが愛おしくてたまりません。たとえ、女遊びが激しかろうと、子どもをもてないとしても、彼と結婚して彼のそばで支え合って生きていきたいです。

自分のことをただの友だちとしか見れないと宣言してくる男性と、どうしたら好きという気持ちの伴った恋人関係になれるでしょうか? どうしても、大好きな彼と一緒に生きていきたいです。彼が私を好きになってくれる方法を教えてください。

(ありす 32歳未婚 契約社員)

再婚拒否の男を動かすテクはこれだ!

anan-web-銀座ママ-1

なるほど。まず、男を見る目を養いましょうと強く申し上げたいところですが、現実を知った後にますます好きになってるということですから、辛いかもしれないけど、そういう男が好きってことだからねぇ。仕方ないですよねぇ。

彼もそんなにひどい男だと思えませんし。ひどい男の定番「独身と偽る既婚者」でもなければ、わたくし史上最高にひどかった「既婚と偽ることで、結婚したがる女を遠ざけ、適当に遊べる状況をつくるバツイチ独身」でもないしねぇ。ちなみに後者の方は銀座のクラブ時代のお客さま。「佑雪ちゃんは絶対に僕に騙されないから、安心してなんでも話せるんだよ〜」という感じで、いつも女性関係を打ち明けられておりました……。

彼の言い分としては「前妻との間のお嬢ちゃまを育てているから再婚はできないけど、ほら、僕お金あるじゃない? 独身だっていうと女の子が殺到してめんどくさいからさ。不倫のフリしてるほうが楽だから」と……。まあ、ガチクズでしたね。ただ、よく同伴もしてくださいましたし、わたくしにはよくしてくださったので、感謝しかありませんけど(一応)。

そんな方をはじめ、昔から「どうして曖昧な関係になってしまうか」や「再婚できない、したくない理由」の本音のところをお金持ちからも貧乏人からも、打ち明けられ続けてまいりましたので、まずは彼側の言い分をご相談者さまに、わかりやすく解説申し上げますね。

1. 俺は誠意あるぞ!
彼はダメなところもあるけれど、一個の女性、人間と向き合うからには真摯に、誠意をもって嘘だけはつきたくない、と思っていますし、そのことをご相談者さまに伝え続けています。だから、女性関係についても包み隠さないわけです。

2. 「ただの友だち」の意味。
彼の年代的なことや離婚しているという経歴からして、30代で結婚願望のある女性を「彼女」「恋人」とするのは、イコール婚約者扱いになってしまいます。だから、あえて、セックスしてたとしても「ただの友だち」を強調しています。結婚ってお金もかかるし、また離婚したら、さらにお金もかかるし、面倒くさいことはムリ! なんですよ。彼はご相談者さまの想像以上に身も心もお財布もクタクタなんですよ。

以上を踏まえて、ご相談者さまがそれでも彼と結婚したいというならば、お金で解決するのがいいでしょうねぇ。彼が支払っているであろう慰謝料、養育費、財産分与などの負担をご相談者さまが補う! また、彼と結婚、子どもをつくって、その後離婚となった場合も彼に一切のお金の負担は求めないという契約書を交わす! そうすると彼の心の重石もとれて、「あ、この子ここまでやってくれて、いい子かもしれない。ちょっと恋愛対象として見てみようかな」という流れにならんでもないと思いますよ!

目の前にいるひとりの人間を動かしたいとき、どこが弱っているか、そこをよく考えてみるといいと思います。頑張ってくださいね!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」連載中。

占いによる個人鑑定のお申し込みはこちら


©Westend61/Gettyimages