恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

人生最高の恋を!…好きな人と恋に落ちるための「簡単な行動」 #124

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2020.2.3
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、自分から好きになった人とうまくいったことがない22歳女子。どうしたら好きな人と本気の恋ができるのかを悩む彼女に、佑雪さんがおすすめの方法を伝授します!

【クラブ佑雪】vol. 124

「心から好きな人と付き合いたいのに…」

佑雪ママ、こんにちは! 今年から社会人になる22歳です。今まで、こちらから好きになった人と付き合ったことがありません。唯一、あちらからの告白でお付き合いした方とは結局、私が本当に好きじゃなかったからなのか早くに別れてしまいました。いざ自分から好きになってアプローチしようとするとうまくいかないんです。面食いで奥手というのも関係してると思うのですが、どうすれば心から好きになった人とお付き合いできるのでしょうか。

(ナコ 22歳未婚 学生)

本当の恋に落ちるには、修行が必要!

anan-web-銀座ママ-1

要するに、ご相談者さまは誰かと「付き合いたい」とか「彼氏が欲しい」というより、恋に落ちたいわけですよね? 誰かと付き合ったり彼氏をつくるということと、恋することは一見、似ているようでまったく違うものですからね。

だとしたら、ちょっと質問。「唯一、あちらからの告白でお付き合いした方」と交際が始まる前に感動した瞬間ってありました? 好きです! って言ってくれたこととか、横断歩道で困っているおばあさんをおぶってあげた姿にとか、ヘリコプターをチャーターして同じ目線で花火を見せてくれたとか。なんでもいいんですけど、彼というひとりの人間に対して、胸打たれて涙あふれるようなことが一瞬でもあったからお付き合いを始めたのでしょうか? どうなんでしょう? あるなら、いいじゃないですか。それが後から「勘違い」「魔が差した」ってことになったとしても、その瞬間はちゃんと恋だったはずですから。

問題は、感動の瞬間がなかった場合。なんで付き合っちゃうの? それ、問題でしょ。全然、恋じゃないんだから、恋したいご相談者さまのご要望と食い違っちゃうじゃん?

で、「私が本当に好きじゃなかったからなのか」とありますが、「本当に好き」ってどういうことだと定義されてますか? それって何? どういう状態? わたくしをはじめ、多くの人間が「あのときは本気だったけど、別れてみるとなんで好きだと勘違いしてしまったのか。今出会ったなら絶対選ばない!」という思い(もしくは強がり)を胸に抱いて生きているはずなんですが、「本当に好き」ってどういうことだとお考えですか? 「自分から好きになってアプローチしようとするとうまくいかない」とありますが、それって「本当に好き」だったの?

人間は深く付き合わないとわからない。本性は切羽詰まった局面でしかわからないところもあるし、男と女はやってみないとわからない。その彼と付き合ってもないのに「本当に好きだった」って言えるの?

「本当に好き」って突き詰めていくと、すごく難しくなっちゃうし、深い付き合いをする前に「本当に好き」な状態になるのってこれまたハードル高すぎなんじゃない?

恋したい乙女への、わたくしからの提案はこうです。とにかく誰でもいいから「嫌じゃなかったら付き合ってみる」。これに尽きる! 恋愛に限らず、人付き合いって場数なのよ。誰とも付き合わずにいると勘どころが鈍るし、スキルも上がらない。

そうすると、いつまで経ってもいい男からは好かれないし、付き合っても続かない。別にいいじゃん。付き合ってダメになっても、また別の人と付き合えばいいんだから。それを繰り返して繰り返して、繰り返して繰り返す。そのうち恋愛レベルが上がって、いい恋できるようになりますから。

で、そのとき、感動を大事にする。自分も彼に感動をあげられるよう全力で頑張る。やっぱね、恋にも才能とスキルが必要ですから。そんな一発で人生最高の恋をキメられるわけじゃないから。毎回、ダメ元で頑張ってくださいよ。陰ながら応援させていただきますんで。

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」、『食ベログマガジン』で『出世ごはん』の連載中。


エッチ-な記事をもっと読む-_バナー

生理中こそ温活!…キモは生理用ショーツとオーガニックナプキン


©Fabrice LEROUGE/Gettyimages