恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

エロすぎイキまくり…彼がエッチで超興奮「火事場の膣力」の出し方 #36

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2018.5.14
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、大好きな彼と結ばれたものの、遠回しに「アソコがユルい」と指摘されたアラサー女子。佑雪さんの説く根本的な原因と解決策に女子は共感するはず!

【クラブ佑雪】vol. 36

「ひょっとして、私のアソコってユルいんでしょうか?」

 2年前の飲み会でひと目惚れして以来、一方的に片思いをしている彼とついに結ばれました。といっても、彼には本命彼女がいるのでセカンドという立ち位置なのですが。わかっていながらも、先日、夜遅くに家に呼ばれて2回目のセックス。終わってから彼が不思議なタイミングで「ちょっと筋肉つけたほうがいいかもね」と言ってきました。ほかにも「ジャンプ力ないでしょ?」とか「足、遅い?」とか。意味がわからないので、親友に相談したところ、「あんた、それ、ユルいって思われたんだよ」と言われてしまいました。もし、そうだとしたらセフレの地位すら危ないです。本命になれなくても、せめていいセックスができる「いいセフレ」になりたい。いったい、どうしたらいいですか?
 
(首都高好き。 28歳 OL)

誰もがキュンキュンする膣力、ナメちゃいけませんぜ!

anan-web-銀座ママ-1

 その男、サイテー!! なんでそういうサイテー男に限って、女を惹きつけちゃうんでしょうね〜。世の中、困ったもんです。どのへんがサイテーか、わかります?
いろいろサイテーではありますが、セックスのテクニックがまずなんといってもサイテーですよね。

「火事場の馬鹿力」というフレーズ、ご存知でしょうか。火事のような危険な場面では、自分でも思ってもみないようなものすごい力が湧き出て、普段なら持てないような重たいタンスでも石臼でも持ち上げられちゃうって意味なんですが、セックスにおいても「最高に燃えているときの膣力」という意味での「火事場の膣力」というものがあります。最高に感じているときって、自分の意志とは関係なく、膣が勝手にキュンキュン締まっちゃうものですから。

 つまりですね、「あの女ユルかった」などと、ヤッた女の膣をけなすような男は自分の力で女を気持ちよくすることができないヘタクソ野郎であるということを自ら告白していることになりますし、なおかつ、さも経験豊富な風を装っていながらも「火事場の膣力」という女性の体に関する初歩的な知識すら持ち合わせていないことまでバレバレという、セックス偏差値がサイテーな男ということになるんですよね。

 確かに、巷で人気の膣トレをすれば、さらにキュンキュン力が高まるのでしょう。でも、いろんな意味で上手な男、つまり彼氏でもないくせに「筋肉つけたら?」みたいなワケのわからんことをカマしてお相手女性を不安がらせるようなバカなことを言わず、「きれいだね」「かわいいね」とうまく気持ちを乗せることができて、そこそこ! というピンポイントを探り当てて愛撫をして、そこそこ! なんでわかるの!? というスイートスポットを突きまくれる上手な男とコトに臨めば、膣なんて自然にキュンキュンして具合がよくなるものなのです。

 ご相談者さまの大好きな彼には、こういった正しい知識を身につけて、まずはご相談者さまに謝っていただきたいですし、ご相談者さまご本人には男を見る目を磨いていただけたらと切に願うばかりです。

 

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。初の著書となる『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)を3月29日に上梓。WEBサイト『食ベログメディア』で『出世ごはん』の連載中。


#恋愛 記事をもっと読む。
#悩み相談 について、さらに覗いてみる♡

#不倫 記事を、もっとみる。


#男の本音 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

ずっと抱いていい…? 男が惚れる「魅惑的な女になる方法」
簡単で楽しい…! ハマる女子増加中!?「賢いお金の増やし方」


©LightFieldStudios/Gettyimages