全部食べられる「ビスケットのタンス」! 作った人力舎の芸人はだーれだ?

写真・文 トンツカタンお抹茶 — 2021.3.6
コロナ禍でライブの中止が相次ぎ、お笑い芸人はたいへんな時期です。注目の3人組コントグループ「トンツカタン」のひとり、お抹茶も苦しんでいました。しかし、緊急事態宣言下、お抹茶はめざめました。ライブができないなら、お菓子をつくってバズらせればいいじゃない! 料理男子の魂に火がつきました。本日もオーブンの予熱完了、新連載スタートです。

【トンツカタンお抹茶のバズらせフード】 #1「ビスケットのタンス」

バズらせフード

すべてのライブが中止になって!

はじめまして。僕の名前は、お抹茶トンツカタンという人力舎所属のお笑いトリオのひとりとして「お茶の間」を沸かせようと日々奮闘中です(お抹茶だけに)。普段はお笑いライブを中心に活動していて、メディアには、まだそれほど出ていません。とても良い言い方をすると、これからの芸人、なのです。そんな矢先、緊急事態宣言が発出されました。すべてのライブが中止となり、お笑いの仕事がなくなってしまったのです。外に出る用事がなくなってしまったお抹茶は文字通り「お茶の間」で過ごすことに。
 
とは言え、突然用意された「おうち時間」何をすればいいわからず、戸惑いながら、お昼からお酒を飲んでみたり、ネットにある無料で見れるものをとにかく見あさったりしていました。やることが尽きて、何もせず横になったまま日が暮れてしまった時は、さすがに罪悪感に押しつぶされそうになりながらも、なんとか耐え、再び、横になったりしていました。

生まれながらの料理男子

しかし、いつのまにか、この生活に慣れてきて、横になったまま日が暮れてしまっても、たいして何も感じないようになっていました。そんな日々が続き、ちょうど、縦になることに疑問を抱き始めていた頃、手作りパンが流行っているという噂を小耳に挟みます。実は僕、料理欲があり、幼い頃から台所でご飯の支度をしている母の横に立ち、積極的にお手伝いをしていた生まれながらの料理男子なのです。
 
大学生の頃には料理好きが高じて調理師免許も取得してしまったほどです。そんな僕のもとに訪れた手作りパンブームの知らせ。小耳もチャンスとばかりに挟んで離しません。自粛生活のストレス発散もできるし、料理欲も発散できる。何より、暇を潰せる。僕は救いを求めて力任せにパンを作ってみました。すると、なんとも奇妙なパンができあがりました。
それをTwitterに投稿したところ、思いのほか「いいね」がついたのです。最終的に1000いいねまで伸びました

なんだこの爽快感は。なんだこの高揚感は。
似ている。自分で作ったネタがお客さんにウケをいただいた時の感覚に似ている。1000いいねでこんなに気持ちがいいのなら、バズった時、僕はどうなってしまうのでしょう。闇雲に過ごしていた自粛生活にひと筋の光が差した気がしました。僕の自粛期間中の活動が決まりました。主戦場はTwitter。目標はバズらせる。「1万いいね」をいただく!

「お菓子づくり」と「DIY」を掛け合わせる

そして、思いついたのが「ビスケットでDIY」
自粛生活中に流行っていた「お菓子づくり」と「DIY」を掛け合わせた「バズらせるために生み出された合成獣(キメラ)」です。お菓子の家はあるけれど、お菓子の家具って見たことない。

新しいものが誕生する予感がしました。このバズキメラを世に放てば、たちまち、可愛い物好きの人たちと新しい物好きの人たちの手により、拡散され、そしてバズること間違いなし。という算段です。野心にまみれた僕はバズらせるための合成獣(キメラ)を生み出すマッドサイエンティストになることを決意しました。
 
DIYと言えば棚。でも、そのままじゃ可愛くない。
ビスケットのタンスはどうだろう。引き出しの中に何か収納したい。
 
まず、ビスケット生地でタンスのタルトを組み立てるのは?
以前タルトを作ろうとレシピを調べた時、板状に焼いたビスケット生地を溶かしたチョコレートを接着剤として箱型のタルトにする手法があったことを思い出しました。この手法で大小の引き出しタルトを何個か作り、それを組み合わせれば、タンスができるはず。
 
確信した僕は、秤や泡立て器を手に取るよりも先に、ペンと定規を手にとり一気に設計図を書き上げ、その通りに生地を板状にしてオーブンで焼き上げました。

c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_15
美味しい粗大ゴミ

ビスケットでタンスを作り続けた

最初に焼いたビスケットは、曲がったり割れているものばかり、目論見通りには行きません。それでもこの失敗を無駄にはしたくない。
とりあえず溶かしたチョコレートをビスケットに塗り、引き出しを作り、タンスを組み立ててみる。可愛い。これがきれいに作れたらバズること間違いなし。僕は、家具職人ばりに何度も何度もビスケットでタンスを作り続けました。

c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_0
クレームが来そうな立て付けの悪いタンス

ついに、ビスケットのタンスが完成。完成の決め手は、妥協。試行錯誤しましたが、想像したクオリティには到達しませんでした。当たり前です。僕はパティシエでもない、家具職人でもない、ただのマッドサイエンティストです。たかだか数日でプロフェッショナルの領域に到達できるわけがありません。

c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_2
このタイプのタンスは下着を入れがち

とはいえ、もてる力の最大を注ぎ込みんだビスケットのタンスは、愛らしくて。あとは収納するものです。そこはフルーツタルトの要領で、引き出しに中身を詰めることにしました。下の段は薄く敷いたカスタードに角切りにしたキウイ、イチゴを交互に敷き詰めました。上の段は、ホイップクリームを薄く敷き、その上にほぐしたグレープフルーツ、角切りにしたキウイ、ブルーベリー、イチゴを彩りよく並べました。

c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_28
下の段
c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_41
上の段

甘い甘いバズりの匂い

そして、自分の中のファインプレーは投稿する直前に、余った生地を使ってビスケットで床を再現することをひらめいたこと。このひらめきには我ながら感心してしまいました。もしかしたら、僕が死ぬ直前に見る走馬灯の一幕にビスケットの床を焼いているシーンが出てくるかもしれません。それほどにエキサイトした瞬間でした。さぁ、あとは投稿するだけ。鎮座するビスケットのタンスからは甘い甘いバズりの匂いが漂ってきます。

c8d36cf42108d735a15756b87b26ae4b6_41125135_210222_5
完成!

時計の針は22時を少し回っていた頃だったでしょうか。数日前にTwitterのタイムラインで見かけた「シンプルにきれいなケーキ」がバズっていたのは夜中だったことから、この時間に投稿することにしました。1度に投稿できるのは4枚まで。「タンスを開けたもの」「タンスを閉じたもの」「全部出したもの」「大きさの比較対象として人が写ったもの」をチョイス。この時の僕は、人前に立たなくなったことをきっかけに髭を一回も剃らずにいました。この髭が自然と職人感を演出してくれたおかげで、タンスにより味わい深さを出している! パーペキ。舞台は整いました。

バズりませんでした。1万いいねどころか1000いいねにすら届きませんでした。Twitterは甘くない。さぁ次は何を作ろう。横になってたら見れなかった景色。僕は前を向いています。幸いにも「おうち時間」だけは、たんまりある。いくらだってできるじゃないか。「D.I.Y.」という言葉を調べてみると Do It Yourself の略語と出てくる。意味は「やってみよう」。今の僕にぴったりな言葉でした。

材料

【タンスの生地の材料】
無塩バター
砂糖

卵黄
薄力粉
 
【タンスの中の材料】
カスタード
卵黄
牛乳
砂糖
薄力粉

ホイップクリーム
市販の絞るだけのクリーム
 
飾りのフルーツ
イチゴ
キウイ
ブルーベリー(冷凍)
グレープフルーツ(冷凍)

文・トンツカタンお抹茶(おまっちゃ)
芸人(生年月日:不明)プロダクション人力舎所属のトリオ芸人「トンツカタン」のボケ担当。2020年8月に本名からお抹茶への改名を機に生年月日が非公開となる。本名は菅原。年齢は31歳。

twitter
instagram
トンツカタンOfficial YouTube Channel