角 佑宇子

やっぱり可愛いニットワンピ…「ひと昔前」と「最新」コーデの違いと注意点

2020.12.17
冬の女性らしいファッションアイテムといえば、やっぱりニットワンピース。体にほど良くフィットするシルエットと手触りの良さが魅力的なニットワンピースは、デート服としても最適ですよね。しかし、そんな定番ニットワンピも実はトレンドによって微妙に変化しつつあるのです。そこで今回は、ひと昔前と最新、それぞれのニットワンピコーデをご紹介します。

ボディコンシャスなニットワンピは…

knit1

ニットワンピそのものはいつの時代も変わることなく存在します。問題はニットワンピースの“シルエット”。10年ほど前は、ボディラインにピタッとフィットしたタイトスカートタイプのニットワンピが主流でした。もちろん、現在もそうしたシルエットのワンピースは販売されていますが、体のラインを拾いすぎないデザインのものが基本となっています。

デコルテが深めのVネックになっているニットワンピースも今は下火傾向です。この手のニットワンピは、かつて支持を集めていた、いわゆる“男ウケファッション”。でも、今はそうしたセクシャリティを過度に表現しすぎないファッションスタイルが支持されている傾向にありますね。ニットワンピのスタイルが昔のギャルっぽくなっていないか、鏡で今一度チェックしておきましょう!

イマドキのコーデはフィット&フレア

knit2

セクシャリティを過度に表現したニットワンピよりも、いまは程よく女性らしさを表現したものが支持されています。具体的にはウエストマークがされたフィット&フレアタイプのニットワンピースなどはオススメです。

フィット&フレアワンピースは、ウエスト周りのくびれのラインは強調するもののバストラインやヒップラインは見せません。ウエストラインで女性らしさを表現しながらも過度な露出を控え、上品さもあるので大人世代にもぴったりですね。

組み合わせるアウターもあまり華美に装飾されたものではなく、シンプルなリバーコートやあえてピリ辛のライダースジャケットを組み合わせるスタイルがオススメ。ネックデザインはハイネック、ボートネック、モックネックタイプが人気傾向にあります。

定番服でもデザイン、シルエットの変化には気をつけて!

ニットワンピは秋冬には必ず登場する定番中の定番アイテム。しかし、定番=流行り廃りがないというわけではありません。ニットワンピも10年前のニットワンピと、最新のニットワンピではシルエットもデザインも大きく変化があるので、ぜひ気づいたタイミングで見直しをかけましょう。


イラスト、文・角佑宇子
※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。