志村 昌美

のんと林遣都がロマンス!? 31歳おひとりさまと年下男子の崖っぷち恋

2020.10.19
「崖っぷちアラサー」「こじらせ女子」「おひとりさま」のどれかひとつでも当てはまる人には、わかりみが深すぎると話題の映画『私をくいとめて』。綿矢りささんによる同名小説を『勝手にふるえてろ』の大九明子監督が映像化した最新作が、12月18日に公開を迎えます。そこで、そんな注目作の魅力に迫るため、今回お届けするのは……。

『私をくいとめて』現場取材レポート!

【映画、ときどき私】 vol. 331

ヒロインは、おひとりさま生活を満喫している31歳の会社員・黒田みつ子。本作では、何年も恋人がおらず、脳内にいる相談役の「A」と会話をしながら楽しく暮らしていたみつ子が取引先の年下営業マン・多田くんに恋をしたことで、“平和な日々”が一変してしまう様子が描かれています。

恋愛に対してなかなか一歩を踏み出せなくなった31歳女子のみつ子が繰り広げるむずがゆい恋愛模様は、同世代のananweb読者なら共感せずにはいられないはず。そこで、本作の見どころについてご紹介します。

都内某所で行われた撮影現場に現れたのは、みつ子を演じたのんさんと多田くん役の林遣都さん。ここで撮影されたのは、フレンチディナーを楽しんだあと、東京タワーが見える夜道で会話をしながら散歩する2人の姿。少しずつ距離が近づくみつ子と多田くんにとって大事なシーンのひとつです。

撮影時には現場付近を通過する新幹線を待つ必要があったり、画角がシビアだったりしたこともあり、ちょっとしたミスも許されなかったのだとか。それだけに、スタッフの方々の間には少し緊張感がただよっているように感じましたが、のんさんと林さんは時折笑顔を見せつつ、楽しく演じられているのが印象的でした。

のんさんと林遣都さんの“圧倒的透明感”に魅了される

今回が初共演にもかかわらず、息もぴったりだったというのんさんと林さんですが、そんなおふたりの様子を誰よりも近くで見守っていたのは大九監督。そこで、おふたりの魅力について教えていただきました。

監督 おふたりとも、「どこにでもいそうな、あなたの会社にもいませんか?」という感じをやれるところだと思います。もちろん、見た目麗しいおふたりですが、スッとその役に入って、気持ちよく染まってくださる。それと、おふたりとも本当にかわいいんです。それぞれかわいらしい雰囲気とお姿ですが、合わさると何千倍にもなる。みつ子と多田くんが食事をするレストランのシーンに出てくれた私の友人がおふたりを見て「圧倒的透明感」と言っていたくらいですから。

ーー確かに、のんさんと林さんが並んで歩いている姿を見るだけでも、胸がキュンとしてしまうのを感じましたが、監督曰く、みつ子と多田くんがアウトレットモールで買い物をするシーンでもふざけ合うおふたりならではの“化学反応”を感じる瞬間があったのだそう。見事なキャスティングも本作の見どころですが、監督にとって現場で印象的だった出来事とは?

30代であることを意識して演じてもらった

監督 みつ子に関しては、誰にやってもらえばいいのだろうすごく迷いましたが、プロデューサーから「のんさん」と言われたときに、バチっときました。のんさんは、実際の年齢がまだ26歳なので、ときどき喋り方や走り方が幼くなってしまうときもありましたが、30代であるということをすごく意識してやってくれたと思います。

実は私が30歳になったとき、あまりの恐ろしさに家を飛び出して、ひとり旅をしたことがありました。それはみつ子の上司のエピソードとして入れていますが、『何かしてないと何ひとつ成し遂げないまま朽ち果てていくなこりゃ!』という不安でいっぱいだったんです。まだ何者でもない自分とアルバイト代だけで貯めたお金が嫌で、それを清めるつもりで一気に使ってやろうと。その恐怖を「経験している者」と「していない者」という違い、女性にとって30歳になることは特別なことだから、それを想像しながらやってほしいとのんさんには説明しました。

ーーいっぽうの林さんが演じたのは、原作とはキャラクター設定が少し異なる多田くん29歳。

監督 多田くんは、私のフィルターを通させていただくことで、私の好みに変換されているのかもしれません。

みつ子の家に初めて招待されたときに、うれしくてダッシュで走って行ってしまったので、笑っちゃって、「心はヤッホーだろうけど、普通に去って行く感じでお願いします」と言いました(笑)。ちょっと恥ずかしそうに『はい』って言って、下を向いていてかわいかったです(笑)。

ーーそして、もうひとつの注目と言えば、「みつ子の脳内にいるAの声を誰が演じているのか?」ということ。すでにネットでもファンたちが予想をして盛り上がっているところですが、今回はそのヒントもいただきました。

監督 まずは、「Aをどうやる?」というのはチャレンジではありました。実際、A役の声は一番悩んだかもしれません。原作を読んでいるときから、紳士的な喋り方やみつ子を心地よい気持ちにさせるような声が良いなと思っていました。俳優さんが良いのか、それとも違うほうがいいのかと悩み、最終的にはプロデューサーと話していくなかで、「あっ!彼がいるじゃん!」となって。すごく良い声だということはわかっていたので、面白いと思いました。

わかりすぎる気持ちはくいとめられない!

ーー紳士的な喋り方で女性を心地よくさせる声の主とはいったい誰なのか……。現在解禁されている特報を見る際には、注意深く聞いて予想してみるのも、本作の公開までの楽しみ方のひとつと言えそうです。ananweb読者なら共感度高めであること間違いなしの本作。いまから作品に関する続報と公開が待ちきれないところです!

早く続きが見たくなる特報はこちら!

作品情報

『私をくいとめて』
監督・脚本:大九明子 
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日新聞出版) 
出演:のん 林遣都 ほか
製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:RIKIプロジェクト 企画協力:猿と蛇 
©2020『私をくいとめて』製作委員会

12月18日(金)全国ロードショー
https://kuitomete.jp/

公式twiter:@kuitometemovie