好きなこと、話そ!

かわむら あみり

僕と真剣交際してほしい!…「本命彼女になる」女性の特徴

2020.8.30
婚活で約1000人の男性と出会い、年下夫を射止めたライター・かわむらあみりがお届けするコラム【結婚引き寄せ隊】連載第47回は、本命女性になるための心がけ3つをお届けします。

1. まわりの人たちに気遣いができる 

本命彼女 恋愛 婚活

【結婚引き寄せ隊】vol. 47

出会いを探していても、なかなかうまくいかないこともありますよね。そんなときに振り返ってほしいのは、いつもの自分で大丈夫? ということ。好きな人と付き合える女性というのは、性別関係なく人として素晴らしい魅力があるはず。では、どんな部分に多くの人は惹かれるのでしょう。男性の声を聞いてみました。

1つめは、なんといっても、やっぱり“気遣いのできる女性”は、人気が高いものです。何か困っている様子を見たら、「何か手伝いましょうか?」とすすんで声をかけたり、押し付けがましくなく自然にサポートしてくれたりすると、相手に対する好感度がグッと上昇。

気遣いができるということは、よくまわりのことを見ている人ともいえ、それは場の空気を読むことができる女性でもあります。そういった人は、恋愛に限らず、ビジネスシーンにおいても重宝される存在であることが多いはず。

誰だって、優しくしてくれたり、サポートしてくれたりすると、うれしいですよね。そういうことがあると、「すてきだな」と好印象となり、心を掴むことができるのです。信頼関係を築くことができれば、本命彼女への近道となるでしょう。

2. 外見だけでなく会話も好み 

本命彼女 恋愛 婚活

“気遣いができる”といった性格の良さはもちろんですが、なんだかんだいって「外見が好みかどうか」もポイント。女性のほうでも、性格が良いならベストだけれど、やっぱりイケメンならなお良しと思うのと同じ感覚ですね。

だからこそ、お気に入りの男性と会うときは、めいっぱいおしゃれをして出かけることがあるはず。ですが、ここで意外な落とし穴が待っています。それは、たとえ外見を装っていても、“会話をしているときの様子”も重要だということ。

たとえ外見が相手の好みでも、いざ話してみると、ちょっとだらしない話し方だったり言葉が乱暴的だったりすると、あまり本命にしたいとは思わないものです。むしろ、流行のファッションに身をつつみ、おしゃれであるほど、外見はいいのに「話し方がちょっと……」とそのギャップが浮き彫りになってしまいます。

とはいえ、なんでも相手に合わせて会話すればいいのではありません。お互いにムリをしなくても、自然体で話ができるのが理想です。心地よく話ができる人を目指したいですね。

3. 意思表示してくれる 

本命彼女 恋愛 婚活

女性を「自分の色に染めたい」という亭主関白タイプの男性はさておき、いまの時代はだいたいの男性が、一緒に肩を並べて歩けるような女性が気楽で良いようです。とにかく女性は黙って男性のあとをついていく……という時代ではなく、女性側も、きちんと意見が言えるほうがベストだといえそう。

たとえば、言いたいことを言わずに、ひたすら“察してよオーラ”を出す女性は面倒くさい印象を男性に与えます。また、一緒に食事に行ったとしても「何が食べたい?」と聞いているのに「なんでもいいよ」と言っておいて、あとで「やっぱり◯◯が良かったかな」と言い出すなど、遠慮しているのかワガママなのかわかりにくい女性は扱いづらく、男性はニガテです。

何をしたいのか、どう思っているのか、ある程度は意思表示したほうが、相手にとってもわかりやすいですし、気を遣いすぎなくていいですよね。それに、あまり意思表示のない女性は、一歩間違えると“都合のいい女”になってしまうことも。思っていることはきちんと言葉にして伝えましょう。

出会いを探していると、思いがけずいろいろなタイプの人たちに会うこともあるかもしれません。気になる男性の本命彼女になって、すてきな恋愛をしてくださいね。

Information

よかったら、かわむらあみりのSNSもチェックしてくださいね♪
https://amirikawamura.com/


©pixelfit/Gettyimages
©Astarot/Gettyimages
©ZoneCreative/Gettyimages