好きなこと、話そ!

田代 わこ

帰省は義実家でひんしゅく…? withコロナで気をつけたい手土産マナー

2020.7.24
夏の帰省シーズン到来! とはいえ、今までの「当たり前」がなくなった2020年は帰省の状況もさま変わり。実家に帰りづらい……ともやもやしている人も多いと思います。そんな気になる帰省について、ぐるなびがWEB調査を実施。オンライン帰省や義実家での手土産マナーなどもご紹介!

この夏、帰る?

まずは、この夏の帰省予定について、ぐるなびが2020年6月中旬に行った調査結果を見てみましょう。夏に「帰省しない」と回答した人の割合は、66.4%に達していました。

その理由は、次のとおりです。

1位 新型コロナウイルス感染症拡大の影響による自粛のため
2位 家族の予定が合わないため
3位 遠距離のため

やはり1位はコロナです。特に東京在住で地方に実家がある人は、今の状況では帰りづらいですよね。

さらに、「この夏、オンライン帰省をしてみたいと思いますか」という問いに対し、「してみたい」「機会があればしてみたい」と回答した人は合計で約24%いました。

オンラインの会議や飲み会にも慣れてきたので、確かにオンライン帰省もアリですね。特に義実家の場合は、オンラインで手軽に済ませられれば気がラクかも……。

受け取り時間に注意…!

帰省はしないけど、帰省の手土産代わりにネットショップを使って贈り物を届けようと考えている人も多いようです。

とはいえ、帰省土産を宅配便で送ってもいいのか、ちょっと気になりますよね。そこで、ぐるなびが受け取る側に調査した結果を見てみましょう。

「宅配便で帰省土産が届くことに抵抗はありますか」という問いに対し、「全く抵抗はない」「あまり抵抗はない」と答えた人が合計で約60%に達していました。

自由回答も見てみましょう。

「自宅にものが届くほうがわくわく感・たのしみ感がいつもと異なる」(30代女性)

「母が父の開封風景の動画を送ってくれ、喜んでくれた様子を記録として残すことができた」(20代女性)

ただし、「相手が受け取り時間に苦慮するようだった」(30代女性)という意見もあるので、送る前に在宅確認するなど、先方に迷惑をかけないような配慮も必要ですね。

withコロナで人気なのは…?

withコロナで新しい生活スタイルを送るなか、贈り物にも変化があったのでしょうか? withコロナ以降、贈り物をした人に「いつもより重視したもの」について調査した結果を見てみましょう。

1位 自分が食べておいしかったもの
2位 賞味期限が長いこと
3位 個包装であること

注目したいのは3位の「個包装であること」。やはり、今もっとも気になるのが衛生面なので、贈り物を選ぶときに個包装かどうかを配慮する人が増えたようです。

とはいえ、1位の結果にほっとしました。いろいろ気を遣いすぎるとストレスになるので、素直に「おいしかったものを贈る」というスタイルでもいいと思います!

口コミは信頼できる…?

最後に、手土産選びにつきものの「不安」について、ぐるなびが調査した結果をご紹介。

「帰省時の手土産を選ぶとき、喜んでもらえるか不安に思ったことがある」と回答した人は、6割を超えていました。さらに、そのうちの5割以上が「配偶者・恋人の実家」へ手土産を渡すときに不安を感じると回答。

確かに、自分の実家なら好みもわかるし、直接ほしいものを聞くこともできますが、彼の親に問い合わせることなんて、できませんよね。不安にもなります。

自由回答も見てみましょう。

「結婚してはじめての帰省時に、好みなどがわからなくて迷った」(30代女性)

「年配の方が喜ぶものを、その都度選ぶのが大変」(20代女性)

「和菓子系が好き、というのはわかっても、自身が和菓子を好まないため、どのようなものが好みに合うかわからない」(20代女性)

ほかに、「どの口コミ情報を信頼してよいかわからない」(50代女性)という意見もありましたが、確かに情報がありすぎると、逆に迷ってしまいます。

例えば、ぐるなびが運営する「接待の手土産」のサイトを見ると、贈り物選びのプロである秘書が目利きしたギフトが並び、秘書のコメントも載っているので、手土産選びの参考になりそうです。

つながりは大切に…

コロナの影響で帰省はできなくても、家族とのつながりは大切にしたいもの。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながらネットで手土産を選ぶ、というのも新しい生活スタイルなのかもしれませんね。

以上、帰省の手土産調査レポートでした!

Information

取材協力:ぐるなび
「接待の手土産」https://temiyage.gnavi.co.jp/


©Westend61/Gettyimages
©PeopleImages/Gettyimages
©chuck/Gettyimages