好きなこと、話そ!

中花 絵里香

メイク後に日焼け止めはアリ!…「美容の疑問3選」シャンプーの選び方も

2020.6.30
美容に関するプチ疑問を達人が解決します! 今回は、室内における日焼け止めの必要性と、メイクの上からする日焼け止めの塗り直し方、そして、種類がありすぎてわからない、という人続出のシャンプーの選び方について。モヤモヤがスッキリすること間違いなしです。

室内の紫外線対策について 

Q1. 部屋の中にいる時でも、日焼け止めはつけたほうがいいのでしょうか。(26歳・IT)

A. もちろんつけたほうがいいです。室内にいても紫外線は入ってきており、危険にさらされていることには変わりありません。

しかし屋外にいる時に比べて、浴びている紫外線量は少なくなりますので、SPFやPAの数値が低いものにし、肌への負担を和らげてあげると美しい肌をより長く保つことができます。

一日屋内にいる際の日焼け止めのレベルですが、だいたい SPF20~30、PA++くらいの少し優しい処方でも大丈夫です。

日焼け止めについて 

Q2. 日焼け止めの塗りなおし方法について聞きたいです。これから日焼け止めが活躍するシーズン。1日に何度か塗り直しを…というけれど、化粧の上から日焼け止めってどうやってつけるの? ベトベトになりませんか。化粧を落とさないでつける方法はあるのでしょうか?(24歳・旅行)

A. メイクの上から日焼け止めを塗り直す際は、スプレータイプがおすすめです。

メイクをしている以上、顔を擦ったりしてしまうとメイクが崩れてしまいます。スプレータイプは油分も比較的少なめで、ヨレや崩れの原因になりにくく、美しく日焼け止めを塗り直すことができます。やり方は、顔全体に吹き付けた後、掌で優しく顔を押さえこみ、ティッシュを顔に乗せて、優しく押さえましょう。

スプレータイプの日焼け止めは、ひんやりしたアイテムもあるので、コレからの季節、ほてった肌をクールダウンしつつ、日焼け止めを塗り直すことも可能です。

また、手でつける従来の乳液タイプに比べ、スプレータイプはサラっとしたつけ心地です。

シャンプー選びについて 

Q3. シャンプーの選び方を知りたいです。とにかく種類と価格がたくさんあるので、判断が難しいです。(27歳・流通)

A. 確かにシャンプーの種類はとてもたくさんありますよね。私がシャンプーを選ぶ時に大切にしているのは、「どんな仕上がりにしたいか?」という目的を決めることです。

例えば、しっとりしてコンパクトに収めたい時は、シリコンが入っているものやアミノ酸が豊富に含まれているアイテムを使用します。

逆にサラっと軽く風になびくような仕上がりにしたい時は、オーガニック系でできるだけシリコンやパール剤といったものが少ないアイテムを使用します。そうすることで、地肌の汚れが落ち、さっぱりと軽い仕上がりになります。

髪のダメージがひどかったり、髪が広がりやすいといった方は「ノンシリコンシャンプー」は、やめたほうが良いです。シリコンは髪の指通りをよくする働きがあり、しっとりした触り心地になります。ノンシリコンシャンプーは、さっぱりした洗い心地ですが、保湿力が劣ってしまうため、広がりやすくなってしまうのです。

また、ノンシリコンシャンプーは洗っているうちから、髪がキシキシときしむ感覚が生まれます。ですので、髪がきしむことが苦手な方も、ノンシリコンシャンプーはやめたほうがいいでしょう。

いかがでしたか? 今回は日焼け止めに関連したものと、シャンプーの選び方についての疑問にお答えしました。この二つは日々たくさんのアイテムが誕生し、何をどう見極めるべきか、とても難しいアイテムだと思います。ぜひ参考にしていただき、より美しい素肌、髪を手に入れていきましょう。


©Oliver Rossi/Gettyimages
©BSIP/Gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages