好きなこと、話そ!

中花 絵里香

ボブヘアの簡単ブロー!…まっすぐサラツヤになる「正しいスタイリング」

2020.4.26
まだまだ人気のボブスタイルですが、実はハネやすかったり、寝癖がつきやすかったりと、スタイリングが難しいと感じている方も多いかと思います。 そんなボブスタイルを簡単! 手軽! にスタイリングするテクニックをご紹介します。

step1 しっかり濡らす 

まず髪全体をしっかり濡らし、クセやうねりなどを一度リセットします。毛先を濡らすのではなく、根もと、地肌をしっかり濡らしましょう。イメージとしては入浴後タオルで軽く拭いたくらいで、水がポタポタと滴らない程度です。

全体をしっかり濡らし終えたら、全体をコームで梳かしていきます。この時、例えば前髪をまっすぐ下ろしたい、斜めに流したいなど、仕上がりのイメージする方向へあらかじめ毛流れを整えておきます。このひと手間で、仕上がりのスピード、クオリティーがグッと高くなります。

step2 根もとから立ち上げる 

ここからはドライヤーを使っての作業に入ります。まずは、濡らした髪を乾かしていくのですが、この際に地肌、根もとを乾かすようなイメージで、ドライヤーの風をしっかり根もとに当てていきます。

さらにクセやうねりをしっかりリセットするために、ドライヤーを持っていないほうの手で、毛穴を左右にゴシゴシっとシャンプーするように動かし、根もとから髪の毛一本一本を立ち上げていきます。根もとにしっかりと風が行き渡ると、根もとからフワッと髪が立ち上がり、早くきれいに乾かすことができます。

step3 ドライヤーは上から当てる、手ぐしをしながら 

根もとがしっかり乾いてきたら、いよいよスタイリングに入っていきます。ドライヤーを頭の上あたりに持っていき、上から髪に風が当たるようにします。

ドライヤーを持っていないほうの手で、手ぐしで溶かすようにしながら、上から風を当てていくと真っ直ぐ毛が下りてくれます。

クセやうねりが強い人は、毛を真下にぐっと引っ張るように伸ばしながら、ドライヤーの熱を当てることできれいに伸びてくれます。

step4 冷風仕上げでツヤとキープ力アップ 

全体に髪を真っ直ぐ下ろしたところで、仕上げをしていきます。ドライヤーの温風を冷風に変え、step3同様に手ぐしで梳かしながら、上から冷風を当てていきます。熱で形を作り、その熱が冷めるときに形がキープされます。

これはドライヤーに限らず、コテやアイロンも同様です。自然に熱が冷めるだけでも形はキープできますが、冷風で冷ましたほうがより早く、きれいにしっかりキープすることができます。さらに、熱を冷ますことでツヤも生まれ、いっそうきれいな仕上がりになります。

番外編 外ハネは、毛先を下から持ち上げる 

毛先を外ハネにしたいなら、step3の時に、手ぐしで毛先を軽く外側にハネるようにし、ドライヤーを当てていきます。全体に乾いたら毛先に風がいくようにドライヤーを下に持ち、ドライヤーと反対側の手で、毛先を下から包み込むように手を丸めて、そこにドライヤーを軽く当てていきます。

毛先を丸める手を緩めたり、しっかり握ったりすることで、ハネ度合を調節することができます。

いかがでしたか。ドライヤー=ブローは難しいと感じてしまいますが、ブラシを使わなくてもドライヤーの風向きや熱風、冷風を使って簡単にスタイリングすることがきます。

またドライヤーを使ったスタイリングは、一日のキープ力も高く、ツヤも出るので、やるやらないでは大きく差が出てきます。ぜひ試してみてください。


©Mayara Klingner / EyeEm/Gettyimages
©Vladimir Godnik/Gettyimages
©Yuri_Arcurs/Gettyimages
©Plan Shoot / Imazins/Gettyimages
©Issarawat Tattong/Gettyimages
©CoffeeAndMilk/Gettyimages