好きなこと、話そ!

平野 秀美

差がつく! シンプルだけど個性的「最新ファッションスナップ」6選

2019.9.12
今回は、コペンハーゲンファッションウィークで出会った、スキャンディナビアでは欠かせない、大注目のインフルエンサー6人を厳選しました。パリコレなど他のコレクションとは違った色の使い方が特徴的な、スキャンディナビア・ファッションを得意とする6人です!

若手の代表格! 姉妹でインフルエンサー Reese Blutstein & Molly Blutstein

世界中のファッションウィークでも中心的存在の彼女たち。実の姉妹であり強力なライバルでもあるけれど、とても仲良し。いつも一緒にいるので目立ってしかたがありません。

独特な世界観を持つ二人のインフルエンサーは、まさにマガジンを見ているかのよう。どこか真似できそうだけど意外な組み合わせも多く、その時々に見せてくれるスタイルはとっても参考になります。

Instagram
右 (Molly Blutstein) : @accidentalinfluencer
左 (Reese Blutstein) : @double3xposure

上品でカッコかわいいという言葉がぴったり似合う Hilda Sandstrom

スウェーデンのインフルエンサーですが、ここコペンハーゲンでも常連のヒルダちゃん。独特な色使いと品格あるその存在感で、インスタグラムでも魅力を発揮しています。

前回お会いした時は、ちょっと大人なカラーをピックアップしていたことが多かったのですが、今回はいつものヒルダちゃんらしい個性的なカラーの組み合わせ。セクシーながらもかっこいい、さらに長身をいかしたスタイルです。なかなか真似できません。

Instagram
@hildasandstrom

インフルエンサーとして、欠かせない存在になりつつある Jeanette Friis Madsen

スタイリストやクリエイティブディレクターといった、多くのクリエイティブな顔を見せてくれるジェネットは、母でもあり、スキャンディナビアでは欠かせないインフルエンサーのひとり。

スレンダーでいてロングなブロンドヘアーが特徴的で、今ではパリコレでもカメラマンにひっぱりだこ! とても気さくで笑顔を絶やさない彼女は、かっこいいより女性らしい、かわいいよりセクシーなスタイルがお好きなよう。

Instagram
@_jeanettemadsen_

独自のファッションを堪能! カラーを楽しむMarianne Theodorsen

一児の母でありデジタルクリエイター、インフルエンサーであるマリアンヌは、トレンドを上手に組み合わせた彼女らしいカラーとファッションを見せてくれます。

トレンドであるタトゥーは彼女自身。彼女の奇抜でかっこいいスタイルが、多くのスキャンディナビアガールの心を掴んでいます。彼女のような我が道をいくインフルエンサー、私は大好きです。

ビジネスウーマンであり、大人な雰囲気のインフルエンサー Thora Valdimars

スタイリストやコンサルティングをしつつ、ファッションウィークでは表の舞台で、抜群なスタイルとファッションで魅了してくれる彼女。

今や世界のインフルエンサーとなったエミリー(@emilisindlev)や、先ほどご紹介したジェネットと一緒に、常に3人でファッションウィークのストリートスタイルを楽しませてくれています。

特に、彼女はフェミニンでありながらも、個性的なカラーを組み合わせたスタイルが特徴。大人っぽくセクシーなスタイルを好む女性には、ぜひ参考にしてほしいインフルエンサーです。

Instagram
@thora_valdimars

いかがでしたか? コペンハーゲンで出会うインフルエンサー達は、特にカラーを好む傾向が高いようです。なかでもショッキング系のカラーやはっきりとした色を自分らしくアレンジしたスタイルをよく見かけます。

また、スキャンディナビアらしく、色を使いながらも品があるのが特徴的。街中でも、とてもかわいらしいごちゃごちゃした感じがしない上品な家具や建物が多いように、スキャンディナビア出身の彼女達のファッションもまた、シンプルながらも個性を色や柄で表現しているようです。

ファッション-記事をもっと読む-_バナー

山下、新垣、戸田『劇場版コード・ブルー』 萌え場面はアソコ!?