好きなこと、話そ!

角 侑子

ヤバい…? 独身女が「このまま孤独でいいのか」不安になる瞬間 ♯111

2019.6.5
おひとりさま生活は気楽。誰かと一緒にいないと不安を感じる人よりも、孤独を謳歌できる人のほうが人生を充実させることができるとも言われていますよね。しかし、誰にも頼らずに生きていくというのはときに大きな不安に苛まれることも……。そこで今回は具体的にどのような不安を感じるのか、独身女性がおひとりさま生活に不安を感じた瞬間エピソードをご紹介します。

転職して、女の園から抜け出すと…

ohitori1

【リアルな夫婦生活】vol. 111

「アパレル企業に就職し、レディス服売り場で働き始めて5年。職場に男っ気が一切なく、同僚も私と同じような年齢で彼氏もいない人がほとんどでした。こうした環境もあって彼氏がいないことに不安を感じることもなかったのですが、昨年転職したことによって状況は一変。転職先は前職とは反対に既婚者がほぼ半数以上を占める割合でした。男性社員も私より年下なのにすでに子どもがいるという現実を目の当たりにしてびっくり。

生活環境が変わると、自分の中で当たり前だと思っていた価値観が総崩れするのですね。今までなんの不安もなかったのに急に『アラサー独身で何も考えてないって、もしかしてヤバイのかな?』と思うようになりました。結婚願望だってなかったのに、みんなが幸せそうに家庭の話をするから影響を受けていま婚活中なんです」(29歳・事務)

友達も趣味もない生活を振り返る

ohitori2

「仕事は生活のためで特別好きだというワケではありません。でも安定していて生活は楽です。だからといって、プライベートが充実しているということもなく、基本的には家と職場の往復人生って感じです。無理して何か趣味を見つけようとした時期もあるのですが、結局続かなくてやめちゃうし、家の中でダラダラするのが好きなんですよね。

ただ、友達も少なければ趣味もない。家の中でお酒とつまみを片手に映画を観る生活を続けていると、ふと『いつまでこんな人生が続くんだろう』と悲しくなることがあります。自由だし、楽だし、普段はなんともないのですけどね。メンタルが落ちている時に、ひとりで過ごすのはあまり良くないかも。なので最近はオンラインゲームを通じて積極的に友達作りに励んでいます」(33歳・商社)

ただの風邪でもこれまでの人生が走馬灯のように…

ohitori3

「独身生活最高ですよー! 私は長くひとりでいてもあまり孤独を感じないし、結婚願望もないから食いっぱぐれない仕事と貯金があればそれで十分です。都内に住んでいれば私と同じような、おひとりさまを謳歌する女性も多いので、チーム独身の会合を作って何か月かに1回飲みにいくという時間もあるし、そこそこ充実していると思うんですよね。

だけど、こればっかりは厄介と思うのが、風邪などの病気。体調が悪いときは安静にと言いますが、ご飯を作ったり薬を飲んだり、着替えたりするのも全部ひとりでやらなくちゃいけないから辛いですよね。友達に助けを求めたくても、こういう時に限ってなんか連絡しづらいし。気も弱ってるからいろいろな思い出が走馬灯となってよぎります。おひとりさまにとっては、たかが風邪、されど風邪なんです…….」(28歳・秘書)

ふと襲う孤独と向き合う

確かに何事もポジティブでいられる時はなんの問題もありませんが、いざ気持ちが弱っている時に頼る相手がいないのは辛いもの。ライフラインとなる友人や家族との繋がりは大切にしつつも、いざという時の備えや準備をしっかり整えておくと良いのかもしれません。

また結婚しているから、恋人がいるから、友達が多いからといって孤独感がなくなる訳ではありません。大事なのは、ご自身がどう孤独な気持ちと向き合っていくか、上手なコントロール方法を身につけることなのかも。こうしたケースを参考に、ご自身に合った対処法を見つけてみてくださいね。

旅好き女子が大注目!次の海外旅行をメルボルンにする5つの理由って?