好きなこと、話そ!

田代 わこ

繊細なテクニックに…ゾクゾクしちゃう!感性に響く話題のアートとは?

2019.3.16
東京都庭園美術館で『岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟』が開催中です。写真を使ったシュールなコラージュ作品は、美しく繊細でゾクっとするほど魅力的。おしゃれな洋館で見られる女子必見の展覧会をご紹介します!

注目の作品が集結!

IMG_1135-1280x960

【女子的アートナビ】vol. 142

この展覧会では、フォトコラージュ作品でいま再注目されている作家、岡上淑子(おかのうえ としこ)の貴重な作品群を紹介。アメリカのヒューストン美術館から12点のコラージュ作品が里帰りしているほか、国内の国公立美術館によるコレクションや関連資料なども多数展示されています。

岡上は1928年高知県生まれ。現在91歳となる彼女は3歳で家族と東京に移り住み、戦争も体験します。戦後、1950年に文化学院へ進学し、コラージュの制作を開始。それから1956年までの間、集中的に多くの作品を生み出します。1957年に結婚後はコラージュ制作から遠ざかり、故郷の高知県に戻ってスケッチや日本画を制作。今回の展覧会では、絵画作品も展示されています。

コラージュって?

IMG_1136-1280x960

そもそもコラージュとは、「のりで貼りつける」という意味のフランス語。印刷物をはじめ、木や布、ガラスの破片などさまざまな素材をひとつの画面に貼りつけて作品にする芸術表現です。

岡上の場合は、主にアメリカから輸入されたファッション雑誌をもとにフォトコラージュ作品を制作。華やかなドレスを着た女性や欧米の建物などさまざまなパーツをはさみで切り抜き、組み合わせて画面に貼りつけ、ひとつの作品に仕上げています。

作品誕生の意外なきっかけとは…

IMG_1137-1280x948

展覧会の企画を担当された学芸員の神保京子さんによると、岡上が作品を制作するようになったきっかけは「授業で出された“ちぎり絵”の課題」。そこからインスピレーションを得て、フォトコラージュをつくり始めたとのこと。

偶然生み出された岡上の作品は、第一次世界大戦後にヨーロッパではじまった芸術運動、シュルレアリスム(超現実主義)の作品に通じるものがありますが、岡上自身は制作当初、誰の影響を受けたわけでもなかったそうです。

IMG_1138-1280x960

岡上はコラージュ作品をつくったあと、日本におけるシュルレアリスム研究の第一人者である瀧口修造と奇跡的に出会い、さらに瀧口からマックス・エルンスト(※シュルレアリスムの代表的な画家)の作品を紹介され、より自身の作品が変化していきました。会場には、瀧口と交わした書簡や資料なども並んでいます。

ゾクッとする美しさ

IMG_1140

また、ポスターなどのメインビジュアルに使われている作品について、神保さんは次のように解説。

神保さん この作品では、顔が分断されて頭部が扇にすり替えられていますが、サイズ感がぴったりで、実際に存在しているかのようにつじつまが合っています。全体的に技術力が高く、切る技術、貼り合わせる技術がすばらしく、よく見ても、境界がわからないくらい美しいのです。

IMG_1141-1280x957

岡上作品は本当に美しく緻密でとってもシュール。首のない女性像や、頭部やガイコツが宙に浮いているような作品などゾクッとする作品も多く、女子の感性にビリビリ響いてきます。

桜の時期には夜間も開館するおしゃれな洋館美術館で、ぜひ美しいコラージュ作品を楽しんでみてくださいね!

Information

会期:〜4月7日(日)
開館時間:10:00–18:00 (入場は閉館の30分前まで)*3/29、3/30、4/5、4/6は、夜間開館20:00まで開館(入館は19:30まで)
開催場所:東京都庭園美術館
休館日:第2・第4水曜日
入場料:一般¥900 、大学生(専修・各種専門学校含む)¥720、中学生・高校生¥450、65歳以上¥450
公式サイト:https://www.teien-art-museum.ne.jp/


エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

電気代が安くなる…今ドキ女子が気軽にやってる「節約エコ術」9選