好きなこと、話そ!

角 佑宇子

安定するけど…結婚したら即後悔!「ハイスペックでもダメ男」の特徴 ♯99

2019.2.22
「婚活には妥協が必要」とはいうものの正直なところ、どこまで妥協すれば良いのかわかりませんよね。妥協して結婚したとしてもそれが幸せに繋がるはまた別の話というし……。判断に迷った時は人生の先輩に聞くのが早い!? 今回は、婚活成功者が婚活中に出会った、絶対に妥協したらダメな男たちの特徴についてご紹介します。

マウンティング気質な男

婚活1

【リアルな夫婦生活】vol. 99

「婚活している男性が全てそうだとは言いませんが、非常に多かったタイプが女性をマウンティングするタイプの男性でした。とくに年収が高い男性や、いわゆる安定した大企業に勤めている方などはそのステイタスもあるのでしょうか。口を開けば自慢話。何かこちらに質問を投げかけたかと思えば『君は低スペックだね』と言わんばかりの返答に加え、そこからのまた自慢話。

安定した結婚生活のためなら……!? と一度妥協しかけましたけど、この先数十年に渡ってマウンティングされるかと思ったらそんな生活は到底ムリだと私は思ってしまいました。偏見かもしれませんが、子どもができても家庭をかえり見ることなく、『子育ては女の仕事』みたいに言いそうだなと。でも、将来的に専業主婦をしたい方や、男性を立てることが得意な女性だったらうまく行くのかな? それを許せるならば、安定した生活は望めそう」(30歳・経理総務 )

イケメンでもアレな男

婚活2

「 妥協する・しないという話でもないのですけど、私が婚活パーティで出会った男性の中に1人だけネットビジネスの勧誘目的の人がいました。もちろん当初は私もそんな彼の思惑には気づいていませんでした。何より彼は婚活市場には珍しい爽やかイケメンでかつ高収入というスペックの高い男性。会場の女性たちもいろめきだっていましたね。

男性は人気だったので控えめな私は話しかけることもできず……。でもパーティが終わろうとしたタイミングで彼から話しかけてくれたんです。そのまま一緒に会場を後にし、1時間ほど彼の仕事の話や将来の話をいろいろと聞いていました。

もうこの時点ですっかり私はその気になっていたのですが後日、誘われた彼の友人を集めてのホームパーティに行ったらなんとそこはネットビジネスの集まりで、私はその日に勧誘されてしまいました……。いっそ、この彼をゲットするためならビジネスに片足でも突っ込んでみようかと私なりの妥協を考えましたが、結局こわくなって会うのをやめることに。私に騙されやすいオーラでも出ていたんでしょうか。でも、あのまま道を踏み外さなくて良かったです」(28歳・医療事務)

プロフィール詐称男

婚活3

私はマッチングアプリをおもに利用しています。アプリだと事前にお互いのプロフィールを見れるので面倒がないというか、会いたい人とだけ繋がっていけるのが魅力的ですよね。そこで出会ったある男性。顔はフツーでしたが、30代前半で年収は600万円というなかなか魅力的な要素があったので、アプリでやり取りをし、実際に会うことにしました。

見た目は写真以上に素朴で、こんなことを言っては申し訳ないけれど年収600万円を稼いでいるようにはちょっと見えない感じです。挨拶をすませて、お互いの生活環境や仕事の話を深掘りしていくと彼はだんだん無言に。そして思い切った様子で『実は、プロフィール欄にあった年収600万っていうところなんですけど、それは過去の年収で今は、いろいろあって年収200万くらいなんです』とカミングアウト。

いろいろあったって何があった!? って感じなんですけど、なんだか詳しく聞けないし、聞く気にもならなかったです。だって年収が低いことより、プロフィールを詐称していたことのほうが問題大ありですよ。スペックそのものよりも、嘘をつく男は論外! ここは妥協したら絶対ダメなポイントだと私は思いました。(32歳 フリーライター)

妥協してはいけないのは、誠実さ

結婚相手を選ぶという前提条件があると、男女ともに自分の良い部分を見せたくなってしまうもの。だからといって自分を余計に大きく見せようと自慢をする、騙す、嘘をつく行為は本当に論外ですね。妥協すべき部分はきっと、年収や、身長、学歴といった目に見えてわかる条件であって、男性の本質的な性質に至っては絶対に妥協してはいけないのかもしれません。

年収、酒・タバコ・女遊びやギャンブルするしないなども妥協できない点ではありますが、いかに相手があなたと誠実に向き合う姿勢があるかどうかのほうが大切。ネットビジネスの勧誘者は......とにかく早く出禁にしてもらいたいものですね。みなさんもお気をつけて。


セックス-記事も読む-_バナー

足立梨花&生駒里奈サイン入りエコバッグが当たる!anan×COOL CHOICE Twitterキャンペーン