好きなこと、話そ!

田代 わこ

ワイナリーに農園も…里山暮らしを銀座で体感! エッセイストの展覧会

2018.9.4
9月5日(水)から、松屋銀座8階のイベントスクエアで『田園の快楽 玉村豊男展』がはじまります。玉村さんは、長野の里山に移住した人気エッセイスト。画家としても活躍し、さらにワイナリーのオーナーもされています。そんな彼のステキなライフスタイルを展覧会でご紹介します!

玉村豊男さんって?

【A】展覧会メインビジュアル

【女子的アートナビ】vol. 123

玉村さんは1945年、日本画家・玉村方久斗(ほくと)氏の末子として東京都杉並区に生まれます。東京大学仏文科に入学し、在学中には2年間パリに留学、卒業後は通訳・翻訳業を経てエッセイストとして活躍されています。

執筆のテーマは、旅や料理、田舎暮らしなど実にさまざま。味わいのある内容を軽やかな文体で表現され、新聞や雑誌での連載のほか、単行本も多く出版。この夏には新刊『新 田園の快楽』(世界文化社)と『はじめて描く人へ 花の水彩画レッスン』(KADOKAWA)も刊行されました。

自然豊かな長野での暮らし

【C】ぶどう畑を散歩する玉村夫妻

1983年から長野県の軽井沢町で生活し、その後は同・東御(とうみ)市に移住した玉村さんは、ハーブなどを栽培する農園をはじめます。さらに、果実酒製造免許を取得し、カフェやショップなどを併設した『ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー』もオープン。また『日本ワイン農業研究所』を創立し、栽培醸造経営講座「千曲川ワインアカデミー」も主宰するなど、精力的に活動されています。

【G】自宅のキッチン

展覧会では、ワイナリーやぶどう畑、ステキなキッチンの写真などが紹介されるほか、実際に使われている愛用の品々も展示。緑豊かな里山や、居心地のよさそうなリビングの写真を見ているだけで、さわやかな気分になってきます。

【D】ヴィラデストのテラスより

また、会場にはワイナリーガーデンの一部も再現されるとのこと。銀座にいながら憧れの里山暮らしを体感できそうです。

新作12点も展示!

玉村さんは、画家としても活躍されています。1987年より、高校以来中断していた絵画制作を本格的に再開され、2007年には箱根芦ノ湖畔に『玉村豊男ライフアートミュージアム』がオープン。作品のモチーフは、身近な植物やパリをはじめとした海外の風景などで、特に玉村さんが日常的に慈しみ育てているぶどうの絵は人気があります。

【M】「ぶどうの時間」(鉛筆・水彩)

今回の展覧会では、新作12点を含む絵画のほか、版画も含めて約70点の作品を展示。やさしい色彩で描かれた花や植物の水彩画は、眺めていると気持ちが癒されていく心地よさがあります。玉村作品には女子のファンも多く、また、花の絵がデザインされた文具や食器などのグッズも大人気。今回、同展のショップでも販売される予定です。

夏の終わりに、銀座で里山のライフスタイルを体感してみてはいかが?


クレジット:
・画像2枚目~4枚目:撮影 鈴木一彦
・画像5枚目:「ぶどうの時間」(鉛筆・水彩) ©TOYOO TAMAMURA

Information

会期  :2018年9月5日(水)~10日(月)
開催時間:10:00~20:00 9月9日(日)は10:00~19:30。最終日は17:00閉場。入場は閉場の30分前まで
開催場所:松屋銀座8階イベントスクエア
料金  :大人¥1,000/高校生¥700/中学生¥500/小学生¥300
会場HP: http://www.matsuya.com/m_ginza/


#アート 記事をもっと読む。


#占い 記事、
#セックス 記事も読む。