好きなこと、話そ!

玉絵 ゆきの

【開発秘話】CHICCAの新作コスメが「目からウロコ」のスゴい理由

2018.8.17
美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第35回目は「CHICCA 2018 Autumn Collection」を一挙大公開! 今シーズンのキッカのコレクションは、都会を包み込む「ミスト(霧)」をイメージ。キッカは、あえてまぶたの ”くすみをつくる” アイシャドウや、美しいパール入りのリップアイテム、さらに汗のテクスチャーを再現ししっとりを超えた「ぬめ肌」に仕上げるスキンケアアイテム他を8月15日に発売。グランドハイアット東京で開催された発表会では、キッカブランドクリエイター・吉川康雄さんから名言が出まくり! これを読むだけでビューティ偏差値アップ間違いなしです。

新事実! まぶたは美しく「くすませた」人が勝ち。

DSC3434-1
DSC3482-2

【tamae beauty 】vol. 35

発表会ではキッカブランドクリエイター・吉川康雄さんがCHICCAが特別にこだわりをみせるパーツ「まぶた」についてお話してくれました。

吉川さん "くすみ" っていつのまにか、悪者になっていますよね。アイメイクするときは、まずまぶたのくすみを消して、それからアイシャドウを重ねるのが主流になっている。でも、それって僕が思うに女性を美しくみせるメイクではなくて、ただのペイントです。

本来、まぶたのくすみというのは、美しいものと捉えられていました。世界的に有名な絵画『ビーナスの誕生』で描かれているビーナスの目もとも自然な影色でメリハリがついています。ビーナスはもちろんノーメイク。だけど影色がある、つまりくすみが描かれているんです。ほかの絵画に描かれているビーナスもみんな共通して、恥じらうように伏せられたまぶたには、必ず美しいくすみ色を持っています。

「くすみ=衰え」ではない、少女のまぶたにもある美しいくすみを再現する「キッカ リッドフラッシュ」誕生

DSC3478-11

吉川さん くすみには、美しいくすみが存在します。肌全体はすみきっていても、うすい皮膚で瞳を守りなめらかなカーブを描くまぶたは、美しいくすみがあります。それは、衰えによるものとは違って少女にもある。美しいくすみは "澄んだ影色" とも言える、絵画でしか表現できないような微妙なニュアンスカラーです。

人の肌って、その奥にある血液などの命の色を半透明の皮膚から垣間見せていて、だから瞳の色をほのかに透き通らせるまぶたのくすみって美しいのかもしれません。それを、メイクで再現するのはむずかしいです。今世の中にあるアイシャドウの色ではできないと思います。だから、CHICCAがつくりました。

DSC3419-1

キッカ リッドフラッシュ 全3色(左から01 ケーキ、02 ベイビースカイ、03 ローズムード)、各¥3,000(税抜)2018年8月15日発売。

「キッカ リッドフラッシュ」が目指すのは、ノーメイクのビーナスの無垢なまぶた。例えば少女のまぶたは内側から輝きとピンクにくすんだ透明感をもっています。これを再現する、「擬似くすみ」をつくりだし、素のまぶたがもつ本来の美しさを引き出します。

確かにわたしたちは、まずまぶたの暗い部分、くすみを消してからアイシャドウをのせたほうがキレイな目もとになると信じきっていました。でも、吉川さんの話を聞いて目からウロコ。そもそもまぶたは何も手を加えなくても美しいニュアンスの影色を持っているものなんですね。

「くすんだ透明感」。この矛盾を再現すると、誰もがキレイになれる。

DSC3484-1

使用色:01 ケーキ。

吉川さん 『キッカ リッドフラッシュ 01 ケーキ』は、赤ちゃんが持つくすみを再現したカラーです。ただ色をのせるアイシャドウとは違って、発色はするけどメイクとして際立たせることよりも、人が本来持っている自然な色素と艶を再現することを目的としてそこに徹底的にこだわっています。

指でポンポンとのせたら、横すべりさせて定着させます。単色でも使えるし、この上からアイシャドウを重ねてもOKです。キッカ リッドフラッシュをのせると、まぶたの表面がなめらかになります。薄膜だし、固いオイルが配合されているので上からアイシャドウを重ねてもヨレないようにつくりました。

DSC3415-1

キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ 全3種(左からEX05 プリンスプリンセス※限定、EX06 タイガーフリンジ※限定、04 グレースムーン)各¥5,500(税抜)2018年8月15日発売。

DSC3489-1

吉川さん 上から『キッカ フローレスグロウ リッドテクスチャー アイシャドウ』を重ねてみます。オレンジや水色、パープルと鮮やかな3色だから驚いてしまうかもしれませんが、今回のテーマの『MIST』をイメ―ジしているので、それぞれくすませています。原色ではないくすんだカラーだから大人に似合いますよ。CHICCAのアイシャドウは粉感がゼロ。素肌のような質感になります。

生命感をプラスする、体温チークも新色が登場

DSC3421-1

左:キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 全1色(06 ポニーテール)¥3,000(税抜)、ケース ¥2,000(税抜)。
右:キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 全1色(06 ポニーテール)¥3,000(税抜)、ケース ¥2,000(税抜)すべて2018年8月15日発売。

DSC3452-1

使用色:キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ(06 ポニーテール)。

吉川さん CHICCAは、チークをポイントメイクではなくベースメイクとして捉えています。チークだけ浮かないように、素肌にとけこんで『体温』を演出し自然な血色感をつくります。

豊富なリップアイテム、全解説します!

DSC3422-1

左からキッカ メスメリック リップスティック 全1色(42 フラワー)¥3,800(税抜)、キッカ メスメリック リップラインスティック 全1色(12 メロン)¥2,800(税抜)、キッカ メスメリック ウェットリップオイル 全1色(07 ロココミンク)¥3,200(税抜)、キッカ メスメリック グロスオン 全1色(19 ミスティシティ)¥2,800(税抜)すべて2018年8月15日発売。

DSC3497-1
MAKEUP_20180516164844_save

キッカ メスメリック グロスオン(19 ミスティシティ)。

パッとみて「グレーのグロスがある!どんな発色なんだろう」と解説のときが待てなかった「キッカ メスメリック グロスオン(19 ミスティシティ)」。グレーではなく、都会な夜をイメージしたミステリアスブルーの発色です。よく見るとピンクのパールが入っているのだとか。

単色でもよいし、手持ちのリップに重ねてのOK(上記画像はピンク系のリップに重ねています)。唇に上品なツヤがあると、それだけで顔立ちをよくみせてくれるので全女性マストチェックなアイテムです。

別名:絶対ピンク。「誰でも絶対似合うピンク」誕生!

MAKEUP_20180517044029_save
MAKEUP_20180517043857_save

キッカ メスメリック ウェットリップオイル(07 ロココミンク)。

「キッカ メスメリック ウェットリップオイル(07 ロココミンク)」は、ピンクのなかにほんのり赤パールが入っているので、甘いだけのピンクとは一味違ったモダンな青みレッドの発色。

「開発段階から、誰でも絶対似合うピンクができたから『絶対ピンク』と呼んでた」と吉川さん。「ピンクは自分には似合わないから……」なんて思わずに吉川さんを信じて、ぜひトライしてみてほしい一色です。

DSC3500-1

キッカ メスメリック リップスティック(42 フラワー)。

「キッカ メスメリック リップスティック(42 フラワー)」は、ゴールドのラメが繊細にきらめく赤みのピーチ。鮮やかな発色ながら、透明感を感じるのはさすがCHICCA。

DSC3459-1

使用色:キッカ メスメリック リップラインスティック(12 メロン)。

「キッカ メスメリック リップラインスティック(12 メロン)」は、角のないスクエア型の芯をしているので細くも太くも描けます。「唇のかたちにコンプレックスを持っている人っていますよね。そういう方は、『キッカ メスメリック リップラインスティック』でかたちを補整しましょう。軽くぬるだけでまるで生まれつき美しい唇かのように補整できますよ」と吉川さん。

単色でリップカラーとして、唇のかたちを補整するリップライナーや、リップベースとしても使用できるのであると重宝するアイテムです。

吉川さんから常識を覆す質問「ローションは本当に必要?」

DSC3438-1
DSC3413-1

キッカ ビューティグロウ モイスチャーエッセンス リッチ/フレッシュ 各125mL 各¥6,500(税抜)2018年9月12発売。

今回の発表会でもっとも衝撃的な発言だったのが「みんなローション好きですよね。でも、ローションって水でできているんですよ。それで本当に保湿できるでしょうか? 水だから、蒸発しますよ、肌も」とバッサリ言いきる吉川さん!

吉川さん そこで、CHICCAは考えました。人がスキンケアに求める究極は、素肌で外出できるほど『肌の ”見た目” の美しさ』ではないでしょうか。肌表面は、角質、皮脂、汗など天然のバリアで守られています。

今回、この肌本来が生み出す天然の保湿である "汗" に着目しました。汗をかいた肌って乾いていないですよね。その状態でずっといるために、濃厚なエッセンスをつくりました。うるいおいを与えて角質を膨潤させるだけでなく、肌表面に存在する皮脂膜と混ざる ”ファジー乳化” が起こることで、肌表面により強固な ‟水バリア” をもたらします。

目指したのは、皮脂(油)と仲良くできるローションです。これで、しっとりを超えた”ぬめ肌”に仕上げます。

ーー汗をかいた肌が理想的な状態だと話す吉川さん。これも目からウロコな発言ですよね。ただ水分を補うだけでなく、肌表面に留まり守ってくれる ”水バリア” をもたらすというCHICCA独自のスキンケアメソッドは、乾燥が気になりだすこれからの季節に人気が集まりそう。

CHICCAは今年10周年!

DSC3417-1

今年10周年を迎える、CHICCA。ブランド誕生時から独自な目線でアイテムを開発してきたCHICCAは、10周年以降もどんなアイテムが誕生するのかとても楽しみ。今回紹介したCHICCA 2018 Autumn Collection、情報解禁時からSNS上ではリップアイテムの反響が大きく、発売を待っているファンが多くいる印象。気になるものがあったら急いでカウンターへ!

Information

株式会社カネボウ化粧品 0120-518-520
https://www.chicca.jp/

ライター・玉絵のツイッターとインスタグラムもチェックしてくださいね♪

ツイッター
https://twitter.com/YUKINOte_
インスタグラム
https://www.instagram.com/tamae_yukino

#美容 記事を、もっとみる。
男が嫌う #NG美容 もチェックしておきましょう。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読んでみる。

美容ライターがこぞってトライする検定って?