好きなこと、話そ!

志村 昌美

人を見つけるだけで高額報酬⁉︎ 名優と探し当てる驚きの真実とは?

2018.3.28
通勤電車といえば、毎日同じ時間、同じ景色で何の変化もないと思いがちですよね? そこで、通勤電車でのある出会いによって平凡な日常が激変してしまう主人公を描いたスリリングな話題作『トレイン・ミッション』をご紹介します。今回は日本での公開を迎えるにあたって、本作に欠かせないこちらの方を直撃してきました。それは……。

第一線を走り続けるリーアム・ニーソン!

【映画、ときどき私】 vol. 150

『96時間』シリーズや『フライト・ゲーム』などでも主演を務め、65歳のいまなおアクションスターとしても現役のリーアムさんに映画の裏側や俳優としての心構えについて語っていただきました。

最初に脚本を読んだときの印象はいかがでしたか?

リーアム この作品に限らず、スリラーというのはどれもそうだけど、「よく考えたらちょっとこれは無理あるんじゃない?」みたいなことってあるよね。でも、そういうことを忘れて、ポップコーンを片手に物語を一緒に経験していくアトラクションのような作品として見事な形になっているなと思ったんだ。

つまり、映画を観たあと家に帰って、ミルクでも飲もうと冷蔵庫を開けた瞬間、「あれ? あそこって……」と思うのはどんな映画にもつきものだけど、そんなことよりも楽しめる映画になっているんじゃないかなということだよ。

それに今回は、僕が演じたマイケルとともにリアルタイムで観客がこの道のりを体験し、一緒に発見することが重要なところ。すぐに次の状況に放り込まれるから、それを分析する暇なんかないはずだよ。

本作でもアクションシーンは見どころでしたが、どのようにして生み出されたのですか?

リーアム これまでに18本ほど一緒に映画を作っているスタントコーディネーターと今回も組み立てていったんだけど、ちょうどロンドンのスタジオが空いていたので、そこにテープで電車のなかを再現して、スタントチームとともに脚本に合わせたファイトシーンを考えたんだ。

そこではご自身もアイディアを出されましたか?

リーアム 僕はほかのスタジオでも撮影があったので、撮影が終わる夜になってからスタントチームが考えたものを見せてもらって、「ここはいいね」とか「これは信ぴょう性がないかな」と提案しながら話し合っていったんだ。そうやってゆっくりとスタントマンたちとリハーサルをはじめていったんだよ。

撮影中は毎晩そんなふうにファイトシーンを作っていたんだけど、ある程度できあがったら監督からOKをもらって、そこからリハーサルを何度も何度も繰り返す。そして、目隠ししてもできるくらいまでに仕上げていったんだ。

では、撮影中に意識していたことは?

リーアム カメラが回ったときに重要なのは、実際は目隠ししてもできるくらいなんだけど、それがあたかも初めて行われるかのようにやること。そして、本当に起きているんだというのを観客に見せなければいけないということだね。それが一番難しいところでもあるんだけど、そこが一番ワクワクするところでもあるんだ。

ジャウム・コレット=セラ監督とは4度目のタッグとなりましたが、現場での様子は?

リーアム 僕は監督のことを100%信頼しているから、現場ではほとんど言葉を交わさなくてもいい関係なんだ。つまり、お互いに何を考えているのか読み取れるくらいの間柄で、素晴らしいダンスパートナーのような感じだね(笑)。僕たちはリハーサルをあまりしすぎないようにもしているから、ワンテイクで撮れることもあったくらいなんだ。

気心知れた相手だからこそ、作品に盛り込んだ遊び心はありましたか?

リーアム 実は、今回はあんまりそういう遊び心を発揮する余地がないほど大変な撮影でもあったんだ。というのも、劇中で電車の設定は7両なんだけど、現場ではスタジオのなかに1~2両くらいしかなかったから、それをそれぞれの車両に合わせて毎回変えていかないといけなくて、美術部さんは本当に大変だったと思うよ。

18-03-180081

リーアムさんは、撮影中セットに行く前に毎朝ジムでトレーニングをして準備をしていたのだとか。それだけにスラッとしたかっこいい佇まいは、男性から見ても女性から見てもあこがれてしまうところ。

鍛え上げられた肉体を維持されていますが、カラダづくりで続けていることはありますか?

リーアム 普段から体にいいことはちゃんとしているよ。家にも小さなジムスペースがあるからエクササイズのようなことは取り入れているし、パワーウォーキングも好きなんだ。

当然、役者としては体調管理が欠かせないんだけど、特に主役を演じるときというのは、ほかのキャストやスタッフにとってもいいお手本であるべき。たとえば、時間に遅れないとか、病気にならないとか、休憩はちゃんと取るとか、自分がやらなければいけないことに対する肉体的な準備を怠らないとかなんだけど、そのためにはやっぱりスタミナは必要だよね。

だから、水泳でも、ウォーキングでも、ジョギングでも何でもいいんだけど、それをキープすることはすごく重要だと思っているよ。だって、映画というのは製作費がすごくかかっているわけだから、それに対して責任を持たないとね!

本作に出演している俳優陣からは、リーアムさんと共演できることが出演の決め手だったという声が多数あがったほど、誰からも尊敬されている存在のリーアムさん。

ご自身の役者としてのモットーを教えてください。

リーアム モットーというのは特にないかなぁ(笑)。でも、この仕事をできているということはとても恵まれていることだし、運がいいとも感じているよ。僕はアイルランドの小さな町の出身だから、もしそのまま残っていたら、仕事の選択肢というのはあまりなかったと思うんだ。だから、こんなふうに世界中を旅できるような仕事につけたこと、そして映画を作ることができるという幸せを決して忘れないでいようと心がけているよ。

そういう思いがあるからこそ、一緒に働くキャストやスタッフと仲良くしたいと思うし、つねにこの仕事の素晴らしさを祝福するような気持ちでいたいんだ。だって、もし僕が現場で機嫌が悪くなったりしたら周りのみんなに対して失礼なことでしょ? そう考えると、こういうこと自体がモットーといえるのかもしれないね。

インタビューを終えてみて……。

今回はなんと13年ぶりの来日となったリーアムさんへの貴重なインタビューでしたが、誰もが引き込まれてしまうオーラとダンディさがとにかく印象的。どんなにスターになっても、主演としての現場でのあり方や感謝の気持ちを忘れない謙虚な思いが伝わってくるからこそ、世界中で愛され続けているのだと痛感しました。今後も次々と新作が控えているようなので、まだまだ若手には負けない魅力で楽しませてくれることは間違いなさそうです。

一度乗り込んだら最後まで降りられない!

通勤電車という日常空間が緊張感あふれる密室空間へと一変し、繰り広げられるのは二転三転するノンストップサスペンス。終点まで一気に駆け抜ける予想不可能な展開に、何度も息をのんでしまうはず。ぜひ、スクリーンで乗客の気分を体感してみて!

ストーリー

いつものように通勤電車で出勤するマイケル。ところがある日、60歳という定年間近にも関わらず、10年間務めてきた保険会社にリストラされてしまう。途方に暮れながらも帰りの電車に乗ったマイケルの頭のなかは、住宅ローンと息子の学費のことで頭がいっぱいだった。

そんななか、見知らぬ女性が目の前に座り、乗客のなかから “ある人物” を探し出せば、10万ドルの報酬を払うと持ち掛けてくる。マイケルは元警察官としてのスキルを駆使しながら、わずか3つのヒントをもとに捜索を開始。しかし、そこには予想だにしていなかった陰謀が隠されていたのだった。絶体絶命のピンチに追い込まれたマイケルは、終点までに標的を見つけ出すことができるのか……?

疾走感に包まれた予告編はこちら!

作品情報

『トレイン・ミッション』
3月30日(金) 全国ロードショー
TOHOシネマズ日比谷にて3月29日(木)特別先行上映!
配給:ギャガ
© STUDIOCANAL S.A.S.
http://gaga.ne.jp/trainmission/



#映画 記事をもっと読む。
#タレント について、さらに覗いてみる♡

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

絶対やめるべき! 結婚を遠ざける「夜のNG生活習慣」5つ