好きなこと、話そ!

濱田 文恵

プッ、尻が出てる…姿勢おブスになってない? 正しい美人の目指し方|STOP! 大間違い美容 #16

2018.3.2
デスクワーク中、首を前に突き出した「猫背」、不自然にお尻を突き出した「出っ尻」などなど、周りを見渡してみたら、姿勢おブスな女性の多さに驚きませんか? ひょっとしたら、「私のこと……?」と、冷や汗をかいている読者さまもいるのではないでしょうか? 姿勢おブスを続けていると、将来決して想像したくない自分が待っている可能性大です。スキンケアで美肌を目指すのも、メイクで印象美人になるのもいいけれど、姿勢はブスな状態のままだって、れっきとした大間違い美容です。この機会に姿勢おブスさんを卒業して、姿勢美人を目指しましょう! 姿勢が正されると、美容や健康に良いことばかりですよ! それでは、姿勢美人になる方法をお伝えしますね!

姿勢おブスを続けた末路

【STOP! 大間違い美容】vol. 16

現代人はPCやスマホの使いすぎで猫背やストレートネックに悩まされている方が非常に多いです。姿勢おブスを続けていると、肩こりや腰痛の原因になるだけでなく、骨盤が歪んでしまったり、生理痛の悪化にだってつながります。また女性の美しさを阻害するお腹の出っ張りや、血行不良など、美容面でも健康面でも悪いことだらけ。今すぐ姿勢おブスを改めましょう!

正しい姿勢はコレ!今すぐチェック

正しい姿勢をお伝えするので、鏡の前にたってご自身の姿勢をそれぞれチェックしてみましょう!正しい姿勢というのは全身の筋肉をきちんと使うので、意外と初めのうちは疲れるもの。そのため、正しい姿勢を意識するだけでも、基礎代謝のUPにも繋がりますよ。ぜひ、常にこの正しい姿勢の状態を頭に入れて、意識するようにしましょう。

正しい立ち姿とは下記の状態をいいます。

・横から見たときに、耳・肩・ひざ横・くるぶしが一直線になる。
・背骨のSカーブを意識して腰をそりすぎない。
・正面から見た時に、眉間・鼻筋・バストの間・おへそ・両脚の内ももが一直線になる。
・視線を水平にする。

デスクワーク中は、下記のことを心がけましょう。

・軽く顎を引き背筋を伸ばす。
・足は揃えて床につける。
・背筋は伸ばし、適度なS字カーブを意識。
・お尻を背もたれにつける。
・膝が股関節と並行になるようにする。

正しい姿勢を保つために意識すべきポイント

瞑想する女性

正しい姿勢をお伝えしましたが、姿勢おブスさんが簡単に変えるのは難しいところ。そんなときに意識して欲しいポイントもお伝えしますね。

・丹田に力をこめる。
丹田とは、おへその下あたりのこと。丹田は、東洋医学的に「気」の流れや貯まるために大切な場所です。この丹田に力を入れることを意識すると自然とピンっとして猫背を解消できるだけでなく、インナーマッスルを鍛えることもできます。猫背になっている! と感じたら、丹田に力を込めてみると自然と猫背が良くなりますよ。

・肩甲骨を意識して伸びをする。
つい姿勢が悪くなってしまっているきは、肩甲骨が前に開き肩が通常の位置よりも前に出ている状態ではないでしょうか? その状態を放っておくと深刻な肩こりに繋がってしまいます。そのため1時間に1回くらいは肩甲骨を意識して伸びをしましょう。

すると、猫背も解消され、血行が良くなり肩こりも予防することができます。姿勢が悪いなと感じたら伸びをしていい姿勢を保つ意識しましょう。

姿勢の悪さは百害あって一利なし! おブス姿勢の自覚がある方は今すぐやめて、姿勢美人になりましょう♡

#美容 記事を、もっとみる。
男が嫌う #NG美容 もチェックしておきましょう。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読んでみる。

男子幻滅…! 乳酸菌コスメで「乾燥かぴかぴ肌」を「もちぷる肌」に

(C)g-stockstudio/Gettyimages
(C)fizkes/Gettyimages