好きなこと、話そ!

志村 昌美

松坂桃李と斎藤工が絶賛した『パディントン2』の名セリフとは?

2018.1.18
2017年の映画界でもさまざまな作品がブームとなりましたが、今年最初の旋風を巻き起こしそうな話題作といえば『パディントン2』。世界中で大ヒットとなった前作では、あのモフモフとしたかわいさの虜になった人も多いはず。そんな誰からも愛されているパディントンですが、本作ではパワーアップしてスクリーンに再登場! そこで、日本語吹替え版キャストとして、さらなる魅力を吹き込んだあの方々にお話を聞いてきました。それは……。

松坂桃李さん&斎藤工さん!

【映画、ときどき私】 vol. 138

前回に引き続き主人公のパディントンを務めた松坂さんと敵役のブキャナンでシリーズ初参戦となる斎藤さんは、声優として豪華初共演が実現。それぞれの役に込めた思いやお互いのこと、そして今後について語っていただきました。

1作目では、生まれ故郷のペルーを離れ、ロンドンに降り立ったばかりのパディントンが繰り広げる冒険が描かれていましたが、いまやすっかりロンドンっ子となり、ブラウン一家とともに幸せに暮らしているパディントン。

まずは、2年ぶりにパディントンを演じた松坂さんが心がけたことは?

松坂さん 今回は年月が経っていることもあり、ブラウン一家との関係性や近所に住んでいる人たちとの距離感も変わってきているので、そういう部分を大事にすることから始めました。それから、パディントンは本当にピュアで疑うことを知らないので、目の前のことに対して純度100%で向き合うニュアンスも大切にしていました。あとは、前回同様に声のトーンを高めにしていましたが、それだとだいたい1日5時間収録が限界でしたね。

本シリーズは、松坂さんにとってどんな作品ですか?

松坂さん 心を軽くしてくれる癒しの作品ですね。生活をしていくなかで、いろいろなストレスもありますが、『パディントン』には重力ゼロみたいな自分の体にまとわりついているものを全部浮かせてしまうような力があると思います。

今後も続いて欲しいなと思いますし、いつかテッドと共演して欲しいです(笑)。そうすると僕は有吉さんと仕事ができますし、ゲスなクマと紳士なクマが夢の競演! いまは『アベンジャーズ』みたいに何でもありですから、話題になると思います。

そんななかで、吹替えていて楽しかった瞬間は?

松坂さん この年になると、だんだん初めての経験というのがなくなってくるんですけど、パディントンを通すと、それができるんです。だから、床屋で初めてのアルバイトをするシーンは、とにかく楽しかったですよ。

ただ、電気シェーバーを持ちながら声を震わせてしゃべらなければいけなかったので、楽しかったのと同時に難しくもありました。でも、あれは子どもの頃に声を震わせて宇宙人の真似をしていたのをそのままパクった感じですね(笑)。

相変わらずおっちょこちょいでチャーミングなパディントンですが、本作で敵対することになるのは名優ヒュー・グラントが演じる悪役のブキャナン。

斎藤さんは、落ち目の俳優でありナルシストという役柄を演じてみていかがでしたか?

斎藤さん マインドとしては、ほぼ自分でした(笑)。ヒュー・グラントはこの役を楽しく演じていらっしゃいますが、実はすごく造詣の深いキャラクター。音をつける作業では何度もシークエンスを見直すので、眼球レベルでお芝居しているということもよくわかりました。

あと考えていたのは、七変化するキャラクターだったので、声のベースをどこに置くかということ。今回はニュートラルな部分をヒュー・グラントの実年齢に寄せるのではなく、フットワークの軽いところにいるのがいいんだろうなと思っていました。

では、完成した作品を観たときに感じたお互いの印象を教えてください。

松坂さん 斎藤さん、ステキですよね。ヒュー・グラントとは、実際には20歳近く年齢差があるのに違和感もなく、ちょっとチャーミングだし、敵対する役にも関わらずそこにも愛情を持てるような声の入れ方というのはさすがだなと思いました。

斎藤さん 実は新作『孤狼の血』の試写で広島弁のギラギラした松坂さんを拝見した翌日にパディントンとしての松坂さんの声を聞いたので、「とんでもないプレーヤーだな」と思っていました。松坂さんこそヒュー・グラント的じゃないですけど、松坂桃李というイメージを軸にこんなに振れるんだということを僕は誰よりも感じたんです。

本当に好青年で、まっすぐな松坂さんの奥にある知性と品性は、パディントンと重なる部分がたくさんあるので、適役だと思います。だから、そこを邪魔しないようにしなきゃいけないなというのもありました。

俳優という仕事に対して真摯に向き合い、つねに高みを目指しているおふたりですが、劇中では「俳優とは世界一嘘つきな人種だ」というドキッとするようなセリフも。

このセリフを聞いたときはどう感じましたか?

松坂さん 「いいこと言うなあ」と思いましたね(笑)。俳優は周りに嘘をつかなきゃいけないんですけど、作品に入るにあたっては、自分にも嘘をつかなきゃいけないので。つまり、自分本来の考え方や持っている物差しというものを全部取っ払って、「この作品ではこうだから」というふうに自分に嘘をつけるかというのはとても大事なことなんです。だからこそ、演じながらこれだけ作品を楽しめるんだと思うので、「おっしゃる通り!」みたいな感じでした。

斎藤さん 僕もあれはしびれました。「俳優は嘘をつくのが仕事だから」なんて、その通りだと思います。だから、もし自分に娘ができて、その彼氏が俳優だったらどうしようかな……。ただし、松坂さんみたいな人だったらいいです(笑)。自分みたいなのは絶対に嫌ですけど。

でも、本当にあのセリフは、僕もすごくいいセリフだなと思いました。というのも、この作品は国民的なかわいらしいクマさんの物語という入口ですが、そのなかをめくってみると、そんなふうにけっこう深いところを掘っているんですよ。俳優が俳優にこのセリフを言う皮肉に対する理解がコメディになるというのは、非常にイギリス的だなと。ただ、日本にも本来そういうところがあるので、性質としては合うと思っています。

セリフひとつとってもいろんなことを考えさせられるのが『パディントン』の魅力ですが、パディントンに欠かせないものといえば、今回も大きな役割を果たしている大好物のマーマレード。

おふたりにとっても思い入れのある食べ物はありますか?

松坂さん 僕はオムライスが好きですね。というのも、おばあちゃんがたまに実家に来たときに作ってくれたオムライスがおいしくて。おふくろの味というよりは、おばあちゃんの味みたいですけど、食べるとそういう懐かしい感じになるんです。

斎藤さん 僕はシュタイナー教育の少し変わった小学校に通っていたので、当時としては早かったんですけど、マクロビを取り入れていたんです。それもあって、普通のお菓子を見たことがなく、おやつがなんと玄米パンと煮干し(笑)。だから、友だちの家で初めてカップラーメンをひとくち食べたときには、反動であまりにもおいしく感じてしまったこともありました。いまはなかなか食べる機会がないですけど、僕にとって思い出の味は玄米パンと煮干しです。

そんな個性豊かなおふたりは、2017 年もさまざまな作品で私たちを魅了し続けてくれましたが、今後もますます期待が高まるところ。現在放映中の朝ドラでの活躍はもちろん、本作を皮切りに今年も主演作の公開が続々と控えているのは松坂さん。

松坂さんにとっては30代を迎える節目となる年ですが、どんなふうに過ごしていきたいですか?

松坂さん 30代でもこの仕事を続けていくためには、どんどん間口を広げていかないとさまざまな作品ができないだろうと思っていたので、20代後半からはそれまでやったことのないような作品だけでなく、いろいろな監督や共演者の方とお仕事をしました。それによって30代になったときに、その出会いというものが大きく作用するだろうなと思ったからなんです。

だから、20代で窓をバーッと開ける感じというか、風通しを良くして下地を作ってから30代に入ろうと心がけました。もちろん、ひとつひとつをものすごく真剣にやってきましたが、30代を迎えるためにやってきたところはありますね。なので、今後はその “色” により深みを出せるような作業に徹していけば、それが40代にもつながると思っています。

ちなみに、プライベートにおいて20代で挑戦しておきたいことはありますか?

松坂さん VR体験です(笑)。いつでもできると思うんですけど、まだなので本当にやりたいんです。だって、子供の頃に描いていたいろんな妄想を叶えてくれるってすごいことですよね? 将来的にはロンドンの街並みをパディントンと一緒に歩けるとかもあったらおもしろいと思います。

いっぽうの斎藤さんは、国内外の作品への出演をはじめ、長編初監督作『blank13』を手掛けたり、クレイアニメのプロデュースをしたり、移動映画館を企画したりと、とにかく多角的に映画と向き合った一年。

そのうえで、今後どのようなスタンスで仕事をしたいと考えていますか?

斎藤さん 僕は自ら飛び道具的なプレーヤーを目指しているところがあるので、固定したひとつのイメージをめがけてはいないんです。ただ、数年前に『昼顔』と出会ってから、一部の人に持っていただいたイメージがあって、それがロッククライミングでいうひとつのつかまる石になっていると思っています。

つまり、それがひとつあると、次はどこに手を伸ばそうかとなり、そこを軸に考えられるんですよ。そのイメージがあるから、フラットなスタンスでいろんなところに飛んで行けるし、遠くへ飛んだようにも映ってくれたりするのはおもしろいなと。

イメージを確立してみんなにつかませる人と、そこから逃げ続ける人と2パターンありますが、自分は後者寄り。そうすると、いろいろな映画の現場を体験できますし、海外の作品も含めて、変わった動きをすることができると僕は思っているんです。カラオケでいつも同じ曲を歌うんじゃなくて、下手でもいろんなジャンルを歌えたほうが楽しいじゃないですか。そういう感じです。

最後に、2018年の目標としていることを教えてください。

斎藤さん 去年は権利フリーのクレイアニメを作ったり、自分の監督作の公開に際して劇場の現状にも痛いほど直面したりと、いままでとは違うアングルで映画に触れられた年でした。そのなかで、映画を初めてプロデュースした友人から非劇場でも公開したいと相談を受けたんです。僕が手がけている移動映画館ではお寺や体育館などいろいろな場所で上映してきたので、その経験を生かして友人に協力できたらと思いました。なので、今年の新しいチャレンジとしては、ニーズのある場所に劇場をどう提供できるかという部分で、ほかの作品を支えるような動きをしたいと思っています。

あとは、シンガポールでエリック・クー監督の作品に出演したことがきっかけで、アジア6か国で作るアメリカのケーブルテレビ放送局HBOのオムニバス企画に日本の監督として参加することになりました。他のみなさんは巨匠と言われている方々ですし、日本ではありえないことでしたが、このテンポ感についていかないと今後海外に関わる仕事を続けていけないなと感じたんです。

ひとつ作品を作ったことで思いもよらない展開となりましたが、これは俳優業だけだと見られなかった景色。ひとつの映画に向き合うことで、新しい現場や新しい作品が生まれるということがここ数年で起きてきているので、この流れは止めたくないですし、俳優が記念で映画を撮ったということにもしたくはないので、これからも戦い続けたいなと思っています。

インタビューを終えてみて……。

どんなことにも気さくに答えてくださるだけでなく、パディントンも顔負けなほど紳士的な松坂さんと斎藤さん。女性たちからは思わずため息がでそうなステキな2ショットですが、日本映画界には欠かせない存在であるおふたりは、2018年も私たちの心を掻き立ててくれることは間違いなさそうです。まずは、そんなおふたりの魅力あふれる声に癒されてください。

これで笑顔にならない人なんていない!

サブ1

誰もがワクワクせずにはいられないエンターテイメントが満載でありながら、人と人との絆の温かさも感じさせてくれる本作。笑いあり涙ありの決定版として、新しい年の幕開けにはぴったりの一本です。大切な人の手を取って、劇場に向かってみては?

ストーリー

メイン

ロンドンでの生活にも慣れ、ブラウン一家とともに楽しく暮らすパディントン。そんななか、大好きなルーシーおばさんの誕生日のプレゼントとして、世界で1冊しかない飛び出す絵本を買うことを決意し、アルバイトを始めることに。

ところがある日、その絵本が盗まれたうえに、その場に居合わせたパディントンが逮捕されてしまうのだった。はたして、パディントンはブラウン一家の力を借りて無実を証明することができるのか。そして、飛び出す絵本の秘密を知り、怪しい動きを見せる落ち目の俳優ブキャナンとの対決の行方は!?

ドキドキが止まらない予告編はこちら!

作品情報

『パディントン2』
1月19日(金)より全国公開
出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス他
日本語吹替え版キャスト:松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工
監督:ポール・キング 
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ 
原作:マイケル・ボンド 
配給:キノフィルムズ
©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
http://paddington-movie.jp/



#映画 記事をもっと読む。
#タレント について、さらに覗いてみる♡

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読む。

【恐怖! 年々目立つ…】毛穴、たるみ、くすみ。肌トラブル対策を教えて!