好きなこと、話そ!

福田 玲子

【ドキドキ再燃…】マンネリ恋人が年末に向けてアツくなれる秘策とは? #4

2017.11.3
好奇心旺盛なイラストレーター・福田玲子が、話題のモノ・コトを実際に見てやって確かめてイラストにしてお伝えする新連載! 4回目は、SNSで話題沸騰の、あのエンターテインメントを観てきました! マンネリぎみのカップルや、何か刺激を求めたい人、ブルブル震えます!

刺激に飢えている人はぜひ! 話題のショーを観てきた!

フエルサnew

【話題をさらうイラストルポ】vol. 4

彼氏「今度の土日どーする?」彼女「…どうしよっか」彼氏「じゃ、おれんちでいいか。適当に来て」彼女「わかった…」。

 季節は晩秋を迎えます。あんなに避けていたギラギラの太陽が、いつの間にか求めたくなるほどの心地よい日差しに変わり、気付いたらもう少しで年末、イチャイチャできるクリスマスです。なのに先のカップルったら……。四季の移り変わりのように、付き合い当初はイタいくらいにアツかったのに、いまや体感温度ゼ~ロ~。それはずばり、マンネリ、倦怠期。でも、まだ好きなんでしょ? 離れたくないんでしょ? ならば、ふたりに必要なのは、ドキドキ体験です♡

 そこで、ふたりの仲を再燃させるのにぴったりな刺激を与えてくれる、話題のショーをご紹介します! どういうものかというと……。

常識と重力を凌駕する! 体験型エンターテインメント!

その名も、フエルサ ブルータ 『Panasonic presents WA ! - Wonder Japan Experience』……長い! 解説致しますと、フエルサ ブルータとは、「獣のような力」を意味する、2003年に誕生したアルゼンチン発のパフォーマンス集団。ニューヨークで約10年間におよぶロングラン公演をはじめ、これまでに世界30か国60都市以上で500万人以上の観客を魅了しているといいます。

そして、満を持して上陸した日本公演は、なんと8年の歳月をかけて構想を練った、日本をテーマにした新作なんだとか。ちなみに、タイトルの「WA」には、和風であり調和、平和であり輪、驚きのWAと、さまざまな意味がこめられているのだそう。

月並みな言葉ではありますが、とにもかくにもすごいんです! ってことで、内容に迫りましょう。

パフォーマンスは、舞台だけでなく観客のいるスペースや天井でも!

2階は座席ですが、1階はオールスタンディング。パフォーマンスは舞台だけでなく、時に天井、時に観客が立っている1階スペースでも行われ、シーンが変わるたびに1階の観客は移動し、視線を変えることになります。次はいったいどこから何が現れるのか、ちょっとしたスリルを味わえるので、鑑賞はぜひとも1階をおすすめします。

また、ショーといっても、キャッチコピーにもあるように、ただ観るだけではない体験型というのがこちらの大きな特徴のひとつ。天井から吊るされたパフォーマーが観客に手を差し伸べ、観客もそれに応えたり、なんと一緒に天井までのぼったり、セットに上がって踊ったりと、参加できる場面もあります。

そして、肝心のパフォーマンスは……。

まじで、重力を凌駕してた!

 パフォーマーは壁を飛び跳ねるように上ったり、天井から逆さまにクルクル踊ったり、空中を自在に駆け巡ったり。その動きは、ここは地球ではないんじゃないかと錯覚するほど。肉体の限界にこれでもかと挑戦するパフォーマンスの連続に、口は開きっぱなし、息もし忘れそうなほどに引き込まれました。

 ショーのスタイルは、ノンバーバル・パフォーマンスといって、セリフが一切ないもの。声や表情、動作などから観客はテーマというか、何かを読み取るわけなのですが、多くのシーンが静から動へと変化していて、個人的な見解としては、全体を通して、負を抱えていた人々が、段々とそこから解き放たれる、もしくは自ら解き放つ様子を表現しているのかなと思いました。負の殻を破り、吹っ切れた感で雄叫びをあげるさまは、まさにフエルサ ブルータ=獣のような力。迫力ある強さを感じ、観客の心も解放してくれるかのような一種の爽快感を覚えました。

 特に、斬新かつ圧巻だったのは、目玉のひとつといえる、観客の真上に透明なプールが降りてきて、そこで数人の女性パフォーマーが、大きな水たまりに絡みながら美しくも力強い動きを見せるシーン。観客は見上げてその神秘的で妖艶な姿を観ます。

最初は、女性の体が水にとろけてしまうようなエロティシズムさえも感じる静の動きだったのですが、徐々に激しさが加わり、プールにダイブをしはじめます。バシーン!、ダーン! と体を水に打ちつける音が幾重にも重なってドラムのように鳴り響き、こちらも大胆になって思わず歓声をあげました。

ほかにも、武士の格好をしたパフォーマーが歩いているかと思うと、徐々にスピードをはやめ、全力疾走になり、そこに突如壁が出現し、豪快に突き破るなど、心揺さぶられるシーンが盛りだくさん。立ちっぱなしだったけれど、あっという間の1時間半でした。公演後には、演者が観客のもとに来て話をしたり、写真を撮らせてくれたりと粋な計らいも。そうそう、おもしろいのは、公演中でも自由に写真や動画を撮っていいこと。SNSなどにどんどん投稿してほしいとのことです。

いま隣りにいるちょっと見飽きた彼の顔も、一緒にここでドキドキすれば、前みたいに愛おしさを感じられるかも。イベントが多い年末はもうすぐそこ! 今度の週末、彼氏を誘ってみませんか。

_NO11436new

Information

フエルサ ブルータ 『Panasonic presents WA ! - Wonder Japan Experience』
http://www.FBW.jp

ロングラン決定!
会場: 品川プリンスホテル ステラボール
料金(税込):フロア・ムーブアラウンド(1階 スタンディング)4350円〜 ほか 
問い合わせ: キョードー東京 0570-550-799