恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

“ペットシッターアドバイザー資格”を取得すると仕事で大活躍!「ペットシッター資格」の取得方法を解説

文・塚田牧夫 PR・日本資格振興協会 — 〔PR〕

小さいお子さんがいる家庭では、どうしても両親が家を空けなければいけない状況のとき、子どもをベビーシッターに預けたりしますよね。ペットも同様に、ペットシッターに預けるケースも増えています。そういった状況から、「ペットアドバイザー資格」などを取得して、仕事に役立てている人も多くいます。今回はそんな「ペットシッター資格」について、種類や取得方法をご紹介します。

Contents
●「ペットシッター」とは? 
●「ペットシッター」に必要なスキルとは?
●「ペットシッターアドバイザー資格」で快適な環境を提供
●「ペットシッターアドバイザー資格」の内容と取得方法
●「ペットホテルソムリエ資格」でヒアリングの技術向上
●「ペットホテルソムリエ資格」の内容と取得方法
●資格取得は「通信講座」がおすすめ!
●『諒設計アーキテクトラーニング』なら2資格をW取得も
●『諒設計アーキテクトラーニング』の口コミは?
●『SARAスクール』は忙しい女性を応援
●『SARAスクール』の口コミは?
●資格を取得後の活躍の場は?
●飼い主が安心して過ごせるように

「ペットシッター」とは? 

近年、ペットを飼う人がどんどん増えています。ただ、いくら可愛がっていても、いつも一緒にいられるわけではありません。例えば仕事で急な出張や残業といった業務が入り、家を空けざるを得ない状況となると、ペットに留守番させなくてはいけなくなります。そんなとき、飼い主から依頼を受けてペットのお世話をするのが、ペットシッターです。

飼い主の依頼によっては、世話をするだけでなく、爪切りや歯磨き、簡単なトリミングなどを行う場合もあります。

「ペットシッター」に必要なスキルとは?

ペットシッターに必要なスキルとして、まずは「動物好き」であることが求められるでしょう。やはり、好きでなければ愛情を注げませんよね。犬や猫だけでなく、うさぎ、リス、鳥類、爬虫類、両生類などにも抵抗がない人でなければいけません。

もうひとつ大事なのが、「コミュニケーション能力」です。ペットとのコミュニケーションもそうですが、それ以上に飼い主とのコミュニケーションも重要。ペットが、何が好きで何が嫌いなどの情報は、飼い主から得ることになります。ですから、飼い主の信用を得るためにもコミュニケーションを疎かにはできません。

自分にペットシッターとしてのスキルがあるのか、足りない場合はどう補えばいいのかなどを知るために、最近ではペットシッター資格への関心が高まっています。

「ペットシッターアドバイザー資格」で快適な環境を提供

ペットシッター資格のなかで、高い人気を誇るのが「ペットシッターアドバイザー資格」です。ペットシッターであれば、飼い主の自宅でペットのお世話を行うことができるため、動物にとっては、自宅でいつもと同じように生活できますよね。飼い主のなかには、外出の際にペットホテルを利用する人もいます。ただ、動物は環境の変化に敏感なため、知らない場所で過ごすと大きなストレスを抱えてしまう場合があります。

「ペットシッターアドバイザー資格」を取得すると、飼い主が戻ってくるまで、どのようにしてペットに快適な環境を提供してあげられるのかといった知識を身に付けることができます。


「ペットシッターアドバイザー資格」について詳しく見る!

「ペットシッターアドバイザー資格」の内容と取得方法

ペットシッターアドバイザー資格は、『日本インストラクター技術協会(JIA)』が主催する民間資格です。受験の申し込みは、公式ホームページからインターネットで行います。試験では、ペットシッターの仕事内容から、実際に活動していくうえで必要となるペットシッターのサービス提供、料金設定に関する知識などが問われます。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となり、70%以上の評価を得れば合格となります。試験は約2か月に1回のペースで実施されています。

「ペットホテルソムリエ資格」でヒアリングの技術向上

ペットシッターアドバイザー資格と並んで非常に人気があるのが、「ペットホテルソムリエ資格」です。ペットホテルは、飼い主が家を留守にしなければならないときに、ペットを預ける場所です。預かる側としてはやはり、ペットには安全かつ快適に過ごしてもらわなければいけません。そのために、飼い主からのヒアリングを行う場合もあります。与えるエサの種類や散歩の時間、距離など、ペットに快適な環境を提供するためには必要な情報です。

「ペットホテルソムリエ資格」を取得すると、ペットが居心地よく過ごすための的確な情報を飼い主から聞き出す技術など、ペットホテルを運営するのに必要な知識を身に付けることができます。


「ペットホテルソムリエ資格」について詳しく見る!

「ペットホテルソムリエ資格」の内容と取得方法

ペットホテルソムリエ資格は、「日本生活環境支援協会(JLESA)」主催の民間資格です。受験の申し込みは、団体の公式ホームページからインターネットで行うことができます。試験では、飼い主とのヒアリング方法から、トラブルやクレームの対処法、衛生管理、ペットホテルの運営における注意事項などの知識が問われます。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となり、送られてきた試験問題に解答して、提出期限までに解答用紙を返送するだけです。70%以上の評価を得ることが合格の条件となります。

資格取得は「通信講座」がおすすめ!

仕事や家の事情などで時間が取れずに、資格取得をあきらめてしまう人もいるかもしれません。そんな人におすすめしたいのが、「通信講座」です。ご紹介した上記の、「ペットシッターアドバイザー資格」と「ペットホテルソムリエ資格」の2資格は、通信講座での取得が可能なんです。通信講座であれば自宅にいながら勉強することができ、空いた時間に自分のペースで資格の取得が目指せますよね。

通信講座も数多く存在しますが、なかでも人気が高いのが、『諒設計アーキテクトラーニング』と『SARAスクール』です。

『諒設計アーキテクトラーニング』なら2資格をW取得も

「諒設計アーキテクトラーニング」では、初心者でも1日30分程度の学習を半年間続ければ、無理なく資格が取得できるようなカリキュラムが組まれています。一方で、短期間で資格取得をしたい場合は、最短2か月での取得も可能。テキストはとてもわかりやすく、初心者でも簡単に理解できるような内容となっています。

諒設計アーキテクトラーニングで用意されている講座は、「通常講座」と「スペシャル講座」の2種類。通常講座では、「ペットシッターアドバイザー資格」と「ペットホテルソムリエ資格」の試験をそれぞれ受験し、各試験に合格することで資格が認定されます。スペシャル講座は、課題をすべてクリアしコースを卒業すると、なんと試験が免除! さらに、上記の2つの資格が卒業と同時に取得できます。


『諒設計アーキテクトラーニング』の「ペットシッターアドバイザーW資格取得講座」はコチラ!

『諒設計アーキテクトラーニング』の口コミは?

通信講座を利用するのに、不安に感じることもあるかもしれません。そこで、実際に諒設計アーキテクトラーニングの受講者たちがどんな感想を持っているのかを知るために、投稿された口コミを見てみましょう。

「自分でもペットを飼っていますが、それにまつわる仕事ができたらと思いこちらを受講しました。ペットホテルの経営について詳しく学べるので、今すぐ開業したい人には適した講座内容だと思います。最終的に2つの資格が同時に取得できて良かったです」

「動物が大好きなので、将来はペットショップとかペットホテルなどに就職したいと思っています。このテキストは、基礎的なことから丁寧に教えてくれるので、実務経験のない私にも分かりやすかったです。好きなことを学ぶって、ほんとに楽しかったです」

ペット関連の仕事に就きたいと考えている人の意見が多いようでした。基礎からしっかり学べ、実践的な知識を得られることが、大きなメリットのようです。

『SARAスクール』は忙しい女性を応援

仕事だけでなく、ほかにも家事や育児などを抱え、時間を追われている人もいるはず。SARAスクールは、特にそんな女性たちへのサポートに定評があります。

SARAスクールでは、空いた時間を活用して効率よく勉強を進められるようにカリキュラムが組まれています。なので、忙しい人でも安心して資格取得を目指すことができるんですね。

用意されている講座は、「基本コース」と「プラチナコース」の2コース。前者は、基本コースで学習したのちに「ペットシッターアドバイザー資格」と「ペットホテルソムリエ資格」、それぞれの資格協会へ申し込みをして、試験を受ける形式となります。

後者のプラチナコースは、在宅で受講し課題を提出すれば、なんと試験が免除! さらに、上記の2資格を同時に取得することができます。


『SARAスクール』の「ペットシッター資格取得講座」はコチラ!

『SARAスクール』の口コミは?

では、実際にSARAスクールを利用して資格を取得した人たちは、どのような感想を持っているのでしょうか。実際にホームページに投稿された口コミを見てみましょう。

「教科書や練習問題、とてもわかりやすく学べてこんなに勉強が楽しいと思ったは初めてでした! 添削は満点で返ってきて驚きが隠せなかったです! 専門学生2年になって就活が近く焦ってましたが今回無事に卒業できてW資格取得できて本当に嬉しいです! ありがとうございました!」

「動物が好きでペットシッターのバイトを始めることになりました。やってみると意外と大変でそれなら勉強してみようと思い学び始めました。講座のおかげで今では動物たちの扱いがかなり得意になりました」

すでにペットショップなどで働きながら、資格取得を目指したという方も多いようでした。教材のわかりやすさや資格のW取得に対して、多くの人が利点としてあげていましたね。

資格を取得後の活躍の場は?

資格取得後は、「ペットを扱うプロ」としての活動ができるようになります。ペットシッターの仕事に就き、学んだ知識を活かしてペットシッターアドバイザーとして活躍。また、ペットホテルソムリエとしてペットホテルを開業し、大きな利益を得ていくことも可能です。

ほかにも、自宅やカルチャースクールなどで講師活動をおこなう人もいれば、ペットシッターの専門家として、生徒たちに的確なアドバイスを送る立場になる人もいます。

飼い主が安心して過ごせるように

ペットを飼っている人にとっては、誰に預けるかというのは、大きな心配事にもなります。愛するペットを、信用のおけない人に預けたくないでしょう。飼い主が外出先でも安心して過ごすために、ペットシッターは必要不可欠な存在。資格を取得し、実践的な能力を身に付ければ、大活躍も夢ではなさそうです!