4年不倫の末に彼が離婚… 幸せになるはずだった30代女性が迎えた「地獄の結末」【後編】

文・並木まき — 2022.6.11
職場で出会った既婚男性と4年間も不倫関係にあった30代後半の那奈さん(仮名)。最初は本気ではなかったと言いますが、相手に「妻とは離婚する」と言われ、次第に「早く離婚して、私と再婚してほしい」と思うようになったそう。そしてついに不倫相手は離婚。しかしその先に待っていたのは幸せな人生ではありませんでした。今回は、メンタル心理カウンセラーの並木まきが、不倫の末に人生が転落した女性のエピソードをご紹介します。

「結婚しよう」と言ってきた彼は借金まみれだった

「離婚が成立した彼は、すぐに私に『結婚しよう』と言ってくれました。彼の元妻や子どもたちには申し訳ない気持ちもありましたが、“4年も待ち続けた日がついに来たんだ…!”と、そのときは本当に嬉しかったんです。
でも、結婚に向けて準備を進めていくなかで、彼が経済的に苦しそうなことがわかってきて……。離婚後は私の家に彼が転がり込んでくる形で同居を始めましたが、生活費もほとんど入れてくれないし、そのころから何かがおかしいなとは思っていました」

最初は、“離婚でメンタルも疲れているだろうし、お金のことを言うのはやめておこう”と彼を気遣ったという那奈さん。しかし経済的に苦しくなっていくにつれ彼への不満が大きくなっていったと言います。
そしてある日、彼に“きちんと家にお金を入れてもらいたい”と話をすると、彼の口からとんでもない事実が飛び出してきたとのこと……。

「借金まみれだったんです、彼。離婚するにあたって、ローンで買っていたマンションは売却したそうですが、ローンの残債のほうが多く、彼がそれを負担することに決まったと言っていました。
そのうえ子どもたちの毎月の養育費もあって、さらには結婚前に元妻に借金をしていた分を離婚にあたって全額返済したそうで……。その借り換えのために新たに借金をしたせいで、毎月のお給料がほとんど残らない状態だと聞かされたんです」

「結婚して責任を取ってくれ」と迫る彼に不信感しか募らない日々

彼の言い分は“君のために離婚をしたのだから、君も一緒に借金を返すべき”というものだったそうですが、納得のいかない那奈さんは、これを拒否。彼との関係も日を追うごとに悪化していったのだそうです。

「彼はその間もずっと『結婚しよう』と言ってきていましたが、その理由として『君の希望を叶えるために離婚したんだから、責任を取ってくれ』と言うんです。
もちろん“離婚してほしい”とは思っていたけれど、お金のことは知らなかったし、だからと言って彼の借金を一緒に返していくというのもおかしいと思って、納得できませんでした」

そして、彼との関係は彼の離婚当初には想像もしなかったほど悪化。今も一緒に暮らしてはいるそうですが、那奈さんは現在の彼と結婚する気にはとてもなれず、できれば別れたいとすら考えているそうです。

しかし不倫の末に家に転がり込んできた彼は、なかなか那奈さんの家から出ていく気配もなく、那奈さんが“別れたい”と言っても“裏切り者”“冷たい”などと那奈さんを非難するだけで話が進まないのだとか。このまま彼と再婚をしても借金の返済に苦しむ生活が待っているのがわかるだけに、自分が安易に不倫相手との再婚を望んだことを深く後悔する毎日だと話していました。


彼の離婚を待っていた那奈さんが迎えた「衝撃の展開」とは… 前編に続きます



長年不倫関係を続けた男性が妻と離婚し、幸せな生活が築けると思ったら、彼が借金まみれで生活も依存されて、後悔する日々を送ることになった女性の話をご紹介しました。今回のケースのように、不倫によって多くの人を巻き込んで傷つけるだけでなく、自分の行動までも制限されてしまうこともあるため、どんな背景があるにしても不倫には足を踏み入れないに越したことはありません。

©Boy_Anupong/gettyimages
©takasuu/gettyimages