恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「フラワーアレンジメント資格」を取るには? 仕事にも役立つ“花資格”とおすすめの通信講座をご紹介!

文・塚田牧夫 PR・日本資格振興協会 — 〔PR〕

記念日などにお祝いの花を贈ることもあると思います。その場合、お花屋さんに依頼して花束などを作ってもらうことがほとんどではないでしょうか。そういったときに、自分なりに花を組み合わせてアレンジしたものを贈ることができれば、いっそう相手に思いが伝わる気がしますよね。また、近年ではフラワーアレンジメントを趣味にしている人も多いようで、そういった背景もあり「フラワーアレンジメント資格」への関心も高まっています。そこで今回は、人気の花資格やおすすめの取得方法について詳しくご紹介します。

Contents
●花の役割とは?
●「フラワーアレンジメント」の種類
●「フラワーアレンジメントデザイナー資格」でシーンに応じたアレンジを
●「フラワーアレンジメントデザイナー資格」の内容と取得方法
●「プリザーブドフラワーデザイナー資格」でオリジナルの作品を
●「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の内容と取得方法供
●「通信教育」での取得が可能!
●「諒設計アーキテクトラーニング」はわかりやすさNo.1
●「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は…
●「SARAスクール」は女性人気抜群!
●「SARAスクール」の評判は…
●フラワーアレンジメント資格取得後の活躍の場は?
●フラワーアレンジメントで生活を豊かに!

花の役割とは?

花をお家などに飾るために買う人もいれば、プレゼントとして贈る人もいるでしょう。特に、ブーケなどは結婚式や誕生日、そのほかの記念日などに贈るのにピッタリかもしれませんね。見た目も鮮やかな花は、受け取った側も気分が上がります。

記念日以外でも、飲食店や美容室などのオープン時や、ライブなどのイベント開催時には、多くのフラワーアレンジメントや花束、スタンド花などが飾られていますよね。花があるとその場の雰囲気がグッと明るくなるため、来客者の満足感にもつながるのでしょう。

また、入院のお見舞いなどにも花は利用されます。切り花などを贈ることで、療養中の方に癒しを与えることもできるでしょう。

「フラワーアレンジメント」の種類

四季折々に美しく咲く花は、私たちにやすらぎや幸せな気持ちをもたらしてくれますよね。そんな花をより美しく仕上げるフラワーアレンジメントは、近年とても注目を集めています。

フラワーアレンジメントには、生花をそのまま使うもののほか、ドライフラワーや草木を環状に束ねた「リース」、生花に特殊な加工を施す「プリザーブドフラワー」などがあります。

なかでも、プリザーブドフラワーは水やりの必要がなく、気軽に長期間楽しめることから、近年特に人気を集めているようです。

アレンジメントの方法としては他にも、前後左右どこから見てもキレイな球形に見える「ラウンド」や、高さのあるゴージャスな「トライアングル」。アルファベットのL字型に似た「Lシェイプ」などがあります。

フラワーアレンジメント資格の取得を通じてフラワーアレンジメントのスキルを身につければ、シーンに応じて適したアレンジメントを施すことが可能になるでしょう。

そんなフラワーアレンジメント資格のなかでも特に人気が高いのが、「フラワーアレンジメントデザイナー資格」と「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の2つです。

「フラワーアレンジメントデザイナー資格」でシーンに応じたアレンジを

フラワーアレンジメントを行う際に必要なのは花材だけではありません。その際に、いろいろな道具を使用します。

たとえば、花を収める「花器」。花器1つをとっても、花材や置く場所や花のイメージに合ったものを選ばなくてはいけません。

ほかにも、花を切るための「花バサミ」。茎を補助するときや、ブーケやコサージュなどを制作する際に使う「ワイヤー」。アレンジの土台となる吸水性スポンジの「オアシス」などが必要になります。

フラワーアレンジメントデザイナー資格を取得することで、そういった用具の使い方をマスターできるほか、それぞれの花に相応しい適切な用具を選択できるようになるでしょう。

また、フラワーアレンジメントはイベントや式典、日常のインテリア、または服飾など多様なシーンで役立ちます。フラワーアレンジメントデザイナー資格を取得すれば、そういったシーンや目的に応じたアレンジもできるようになるでしょう。


「フラワーアレンジメントデザイナー資格」について詳しく見る!

「フラワーアレンジメントデザイナー資格」の内容と取得方法

フラワーアレンジメントデザイナー資格は、『日本デザインプランナー協会(JDP)』が主催する民間資格です。受験の申し込みは、公式ホームページからインターネットで行うことができます。

試験では、フラワーアレンジメントに対する基礎的な知識や、花材の扱い方、用具の種類、花をケアする方法のほか、多様なシーンに応じたアレンジの仕方を身につけているかどうかなどが問われます。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となり、70%以上の評価を得れば合格となります。試験は約2か月に1回のペースで実施されているようです。

「プリザーブドフラワーデザイナー資格」でオリジナルの作品を

プリザーブドフラワーは前術した通り、水やりなどの手間がかからず長期間楽しめることから、近年非常に人気が高まっています。

薬剤によって一度脱色、脱水してから着色することで作るプリザーブドフラワーは、花本来の色以外に染めることもできるため、個性的なアレンジを楽しめる手法です。

プリザーブドフラワーデザイナー資格を取得することで、フラワーアレンジの様々なテクニックを会得できるほか、スキルを生かしてオリジナルの作品をつくって展示や販売をすることも可能になるでしょう。


「プリザーブドフラワーデザイナー資格」について詳しく見る!

「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の内容と取得方法

プリザーブドフラワーデザイナー資格は、『日本インストラクター技術協会(JIA)』が主催する民間資格です。受験の申し込みは、公式ホームページからインターネットで行います。

試験では、プリザーブドフラワーの基礎知識や、花や花器の知識、フォーカル・ポイント(注視点)の作り方のほか、ガーランドなどのフラワーアレンジメントの技巧を習得しているかどうかなどが問われます。

こちらも受験資格はなく、どなたでも応募が可能。受験料は10,000円です。受験方法は在宅受験となり、70%以上の評価を得ることが合格基準とされています。

「通信教育」での取得が可能!

資格に興味があっても、仕事が忙しかったり、家の用事で時間が取れなかったりすると、スクールなどに定期的に通うのは難しいですよね。なかには、そういった事情から取得を諦めてしまう人も多いでしょう。

そういう人たちにおすすめなのが、通信教育での資格取得です。数ある通信教育のなかでも高い実績を誇り、人気を集めているのが、『諒設計アーキテクトラーニング』と『SARAスクール』の2つです。

「諒設計アーキテクトラーニング」はわかりやすさNo.1

数多くある通信講座のなかでも、「諒設計アーキテクトラーニング」は初心者でもわかりやすいカリキュラムが組まれているとして高い評価を受けています。

ゼネラルリサーチ調査においては、「通信講座わかりやすさ」「通信講座品質評価」「資格取得者が選ぶ通信講座」の部門で1位を獲得。しかも、3年連続でNo.1を達成しているだけに、その信頼は折り紙付きと言えます。

諒設計アーキテクトラーニングに用意されている講座は、「通常講座」と「スペシャル講座」の2つ。最短で2か月での資格取得が可能です。じっくりと取り組みたい場合は1日30分ほどの勉強を約半年間続ければ、資格取得が目指せるようになっています。

通常講座では、受講を終えたのちにフラワーアレンジメントデザイナー資格とプリザーブドフラワーデザイナー資格の試験をそれぞれ受験し、合格することで資格が認定されます。

一方でスペシャル講座は、卒業課題を提出すればなんと試験が免除! フラワーアレンジメントデザイナー資格とプリザーブドフラワーデザイナー資格を、講座卒業と同時に取得できます。


「諒設計アーキテクトラーニング」のフラワーアレンジメント資格講座はコチラ!

「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は…

通信講座での資格取得に対して不安がある人もいるでしょう。そこで、実際に諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講した人がどんな感想を持っているのかを知るために、投稿されたレビューを見てみましょう。

「イベント会社に勤務していますが、外注で頼んでいたフラワーアレンジメントを自分でできないかと思い、受講を決めました。時間が取れるか心配でしたが、教材の質が良くとてもスムーズに最後まで勉強できました」

「講座はかなり丁寧です。かなり深いところまで勉強できます。また、植物にも有毒なものがあるので、そのような植物の知識を学ぶこともできて良かったです」

テキストのわかりやすさを評価する意見がとても多く見られました。また、講座も非常に丁寧で、スムーズに学習を進められるようです。
花に関しても細かいところまで学べるため、ますます興味が湧いてくるとのことでした。

「SARAスクール」は女性人気抜群!

「SARAスクール」の“SARA”には、女王、高貴な女性という意味があります。そんなSARAスクールは、キャリアアップしたい女性や自立したい女性に役立つ人気講座を数多く取り揃えており、特に女性から厚い支持を集めているんです。

仕事をしながら資格取得を目指す女性や、家事や育児などに追われてなかなか自分の時間が取れない女性でも、安心して受講できるカリキュラムになっているほか、完全オリジナルのテキストは初心者でもわかりやすいと好評!

こちらも1日30分程度の学習を約半年間続ければ、無事資格取得を目指せるようになっています。短期間で取得したい人は、最短2か月で取得することも可能です。

コースは、「基本コース」と「プラチナコース」の2種類。後者の「プラチナコース」に関しては、卒業と同時にフラワーアレンジメントデザイナーとプリザーブドフラワーデザイナーの2資格が認定されるため、楽に資格取得をしたい人におすすめのコースとなっています。


「SARAスクール」のフラワーアレンジメント資格講座はコチラ!

「SARAスクール」の評判は…

では、実際にSARAスクールを利用して資格を取得した人たちは、どのような感想を持ったのでしょうか。取得を目指した動機なども合わせて、ホームページに投稿されたレビューを見てみましょう。

「自営業で花を栽培しております。先々は、事業を発展させて花摘み取り体験に加えて簡単アレンジメント教室体験を開きたい。そのような展望を叶えるべく受講しました。毎日、花に関わる仕事をしておりますが、教本は非常に分かりやすく詳しく説明されていて、非常に勉強になりました」

「フラワーアレンジメントの基礎だけでなく、高度なアレンジ方法も学べました。花材の見方やお手入れ方法まで学べるので、実際に花材を買う時に役立ちました。わからないことがあった時、メールで質問すると回答が翌日には届くので学習がスムーズに進みました」

基礎から実践的な知識まで、広範囲に渡って学べるようです。メールで質問できるシステムなども非常に役に立ったとのこと。趣味で始めた人もいれば、仕事に役立てたくて始めた人もいるようで、資格取得を目指す動機は人それぞれのようでした。

フラワーアレンジメント資格取得後の活躍の場は?

フラワーアレンジメント資格は、ブライダルやインテリア、サービス業など、幅広い業界で役立ちます。

なかでも、資格を取得したあとにフローリストとして活動する人は少なくありません。フローリストとは主に、花を扱う職業の人を指します。

資格取得をすることで、お客さんの希望しているイメージやシーンに合わせて花を選び、フラワーアレンジメントのテクニックを生かして美しく華やかに見える花束を制作したり、ラッピングをすることができるようになるでしょう。

ほかにも、結婚式場やパーティ会場、ホテル、美術館、ショールームなどでフラワーデザイナーとして活動する人もいます。フラワーデザイナーはフラワーアーティストやフラワーコーディネーターとも呼ばれており、花の美しさを引き出しながら、用途やシーンに合わせたアレンジやディスプレイをする職業です。

ほかにも、フラワーアレンジメントを趣味にしたい人のために教室を開いて、資格取得を通して身につけた知識と技術を伝える人もいます。

フラワーアレンジメントで生活を豊かに!

きれいな花を見ると心が和んだり、華やかな気分になりますよね。そこでアレンジを加えることで、さらに花が持つ魅力を生かせるようになるでしょう。

また、花を美しく仕上げたフラワーアレンジメントは、イベントの装飾や大切な人に贈るプレゼントにもなるほか、インテリアとして部屋を華やかにすることもできます。

この機会にフラワーアレンジメントに興味がある人は、ぜひ資格取得を志してみてはいかがでしょうか? きっと日々の生活においても、仕事においても花資格は役に立つはずですよ。