出産後にまさかの発言… 妻が絶句した「夫のトンデモない本性」【前編】

文・並木まき — 2021.12.10
結婚後に激しいモラハラを繰り返す夫や義母の存在に、頭を抱える女性も珍しくありません。また、嫁ぎ先の人たちと折り合いがつかないと、場合によっては平穏な日常生活を送ることも困難に…。今回はそんな壮絶な体験をした優奈さん(仮名・当時34歳女性)に、メンタル心理カウンセラーの並木まきが話を聞きました。

妊娠発覚! 入籍後に夫のモラハラ・マザコンが判明…

「夫とは交際7か月で子を授かり、そのまま入籍。お腹が大きくなる前に式が間に合わなかったため、結婚式は出産して少し落ち着いた頃に挙げようという話になりました。なので、セレモニーはせず籍だけ入れました。

夫の態度に違和感が出始めたのは入籍してからでした。

さらに、出産後は子どもが自分の思い通りにならないと私にとんでもない暴言を浴びせてきたり、子育てを優先して家事がおろそかになると罵られ、『結婚しなければよかった』などと言われました」

その後、夫はマザコンな一面も。なにかにつけて母親と優奈さんを比較し、「母親の方が優れている」という論調で責め立てたそうです。

「『母さんは、子育てと家事をちゃんと両立した』とか『子育て中も、父親の相手を完璧にしていた』などと言い、その後に必ず『それに比べて…』と罵られましたね。

最初の頃は私も反発していましたが、私がひとこと返せば100倍にして返されるので、そんな夫と一緒に生活しているうちに、だんだんとメンタルも落ち込んで体も不調ぎみに…。そのせいで、ますます家事も育児も思うようにできなくなっていきました」

夫が「母さんに一緒に暮らしてもらう」と言い出し…

そんな矢先、夫から「家のことを手伝ってもらいたいから、母さんに一緒に暮らしてもらう」と提案がありました。優奈さんも「今のように家事がおろそかな状態が続くのは申し訳ない」という気持ちから、これを了承。

義父はすでに他界していたため、義母が優奈さんたちの家に転居してくる形で同居生活がスタートしました。

それまで夫のマザコンな性格には気づいていたものの、義母とはほとんど接点がなかったことから、そのときは義母との同居を安易に了承してしまったそう。

ですが、実はこのあと、優奈さんは想像を絶するような日々を送ることになってしまったのです…。


想像を絶する「義母との同居生活」とは…!? 後編に続きます。



夫のモラハラやマザコンを理由に、離婚を考える女性は少なくありません。

また、夫がマザコン気質で義母と同居する生活を送るとなると、さらに事態が悪化してしまうことも…。後々大きなトラブルが発生することもあるため、そのような状況でも、同居には慎重になったほうがいいのかもしれません。

©kitzcorner/gettyimages
©takasuu/gettyimages