結婚前に見極めて…! 「いい夫」になる男性の“失敗しない”見分け方4つ

文・山田周平 — 2021.11.24
「いつまでも愛し愛される関係を築いていける相手と結婚をしたい」と多くの人が願うでしょう。そのためには、いい夫になりそうな人かどうかを、結婚前にきちんとチェックしておくことが大切です。そこで今回は、“いい夫”になる男性の見分け方をご紹介します。好きな気持ちも大切にしながら、今後のことを視野に入れて、彼との結婚を見極める参考にしてくださいね。

「話し合うこと」ができる

Young couple having fun in the park

「普段から話し合うことができるかどうかは、大切な部分だと思います。どちらかが我慢していると、最終的に不満が爆発してしまうこともありますからね。付き合っているときに、そこは絶対に見極めておくべきですね」(30代・女性・IT)

恋人であれ夫婦であれ、いつまでも仲良くいつづけるには、お互いを尊重したコミュニケーションが必要不可欠。特に、結婚は生活を共にしていくものなので、日々さまざまな出来事について細かく話し合っていかなければなりません。

何事もふたりで話し合って「ふたりで決める」ことが、一緒に生きていく上で大切なのでしょう。

「緊急時」に心強い

「デート中に軽い交通事故に巻き込まれたことがあったんですが、彼がすべて冷静に対応してくれて、すごく頼りになるなって思いました。こういう人と結婚したいって実感も湧きましたね」(20代・女性・販売)

緊急時やピンチのときにどういった行動を取るのかによって、その人の本性が垣間見えることも。ただあたふたするだけなのか、落ち着いて対処することができるのか、彼の行動を見ておくのは重要なことでしょう。

どんなことよりも、最初にあなたを守ろうとしてくれる男性なら、結婚後もあなたを大事にしてくれる心強い夫になるでしょう。

まずは「受け入れてくれる」

Loving couple walking in Park in autumn hugs and kisses. Autumn walk men and women in the woods on the fallen leaves. Romance and love on an autumn landscape

「なんでも自分中心に進めるのではなく、ちゃんと私の考えも受け入れてくれる男性がいいです。今の彼はたとえ自分の意見と私の意見が違っても、まず私の意見を理解しようとしてくれます。じゃないと、こっちがつらい思いをする羽目になるので…」(30代・女性・飲食)

価値観や考え方がまったく同じ人などいないので、どこかで違う部分が生じてくるもの。

でも重要なのは、異なる考えであっても、それをまずは受け入れようとしてくれるかどうかです。頭ごなしに否定するのではなく、受け入れる姿勢を見せてくれる男性は、あなたのことをきちんと尊重している人でしょう。

言葉よりも「行動」で示す

「口だけの男に騙されないようにしなさいねって、結婚がうまくいかなかった先輩女性に言われました。いくら甘い言葉をかけてきても、それが実現しなければなかったと同じこと。しっかり伝えたことを行動で示せるかが大切なポイントなのでしょうね」(20代・女性・歯科衛生士)

「いい夫」になるかを見抜く上で、とても大事なのは行動が伴うかどうか。いくら言葉でかっこいいことを言っていても、そこに行動が伴っていなかったら意味がありません。

言葉でも行動でも示してくれるような男性がいたら、それはまさに“最高の夫”になる可能性が高いと言えますよ。

「いい夫」になる男性に共通するのは、人に対して“思いやり”を持てているかということ。あなたのことを一番に考えてくれる男性は、しっかりとその思いが行動に出るものです。違いを理解し、受け入れ、尊重してくれるような相手であれば、きっと結婚後も幸せな家庭を築けるはず!

©StockRocket/gettyimages
©angel_nt/gettyimages