恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【最新版】“コーヒーソムリエ”になるには…? おすすめの「コーヒー資格」と「取得方法」を解説

文・塚田牧夫 — 〔PR〕

コーヒーは、私たちの生活に密着した飲みもの。起床時や食事中、仕事の合間など様々なシーンで親しまれていますよね。最近では、「ラテアート」の普及で、より広い世代にコーヒーへの関心が広まっていると言えるでしょう。だからこそ、コーヒー資格などに興味を抱く人も増えてきているようです。そこで今回は、コーヒー資格に関するおすすめの資格とその取得方法、資格取得後のキャリアなどを詳しくご紹介していきます。

Contents
●私たちの生活に欠かせないコーヒー
●コーヒーに関する専門的な知識を身につけるには?
●「コーヒーソムリエ資格」で人を笑顔に
●「コーヒーソムリエ資格」取得後の活躍
●「コーヒーソムリエ資格」の取得方法
● カフェオーナー経営士資格」で憩いの場を提供
●「カフェオーナー経営士資格」取得後の活躍
●「カフェオーナー経営士資格」の取得方法
●「諒設計アーキテクトラーニング」で簡単取得
●「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は?
●「SARAスクール」でキャリアアップを
●「SARAスクール」の評判は?
●コーヒー資格で広がる世界

私たちの生活に欠かせないコーヒー

普段の生活でもコーヒーを飲む機会は多く、アイスでもホットでも味わえるので季節を問わず人気です。

コーヒーに含まれるカフェインには「眠気覚まし」の効果があると言われているため、仕事に集中したいときなどに飲む人もいるでしょうし、飲み過ぎなければコーヒーは健康にもいいと言われています。

私たちの生活との関わりが深い飲み物ですが、それゆえに、コーヒーに関する知識を持つ人の需要は高まっているのです。

コーヒーに関する専門的な知識を身につけるには?

コーヒーは原料となる豆の種類や産地によって、味が大きく変わってきます。そのため、コーヒーを自分で淹れて飲むという人のなかには、豆選びの段階からこだわる人もいますし、コーヒーは焙煎の仕方や挽き方などによっても味が変わってくるので、使用する器具などにこだわりを持つ人もいます。

なかには、コーヒーに関する専門的な知識や技術を活かして、バリスタとして働く人もいて、コーヒー専門店で働く人もいれば、自分の淹れたコーヒーを多くの人に飲んでもらいたいと、カフェをオープンする人もいます。

また、コーヒー需要の高まりを受けて、そういった職業を希望する人の数も近年増えており、その影響でコーヒー資格にも注目が集まっているようです。なかでも特に人気の高いコーヒー資格が、「コーヒーソムリエ資格」と「カフェオーナー経営士資格」です。

「コーヒーソムリエ資格」で人を笑顔に

コーヒーをおいしく淹れるためには、たくさんの知識が必要です。豆の種類や焙煎方法だけでなく、保存の仕方やコーヒーカップの選び方などに関する知識も重要になってくるでしょう。こうしたコーヒーに関する専門的な知識やスキルを身につけられるのが、「コーヒーソムリエ資格」です。

コーヒーは、ただ飲んで味を楽しむためだけのものではありません。口触りや香りなども堪能しながら飲むものです。そのため、人によってこだわりを持つ部分は様々。

そんな多くの人が満足できて、飲み終わったあとに笑顔になれるようなコーヒーの淹れ方を習得できるのがこの資格です。さらに、この資格の取得によって、好みに合わせてその人におすすめのコーヒーを選ぶことも可能になるでしょう。


「コーヒーソムリエ資格」について詳しく見る!

「コーヒーソムリエ資格」取得後の活躍

近年ではコーヒーに関連する事業や企業が増えているため、コーヒー資格を持つ人の需要も非常に高まっています。

身近なところでいえば、コーヒーソムリエ資格の取得後にカフェなどの店頭に立ってコーヒーを淹れる仕事につく人もいますし、キッチンで店舗オリジナルのブレンドコーヒーの開発を任されることもあるようです。

その他にも、ソムリエという仕事の関係上、人の好みやシチュエーションに応じて最適なものを選び、提供するような仕事をしている人もいます。

また、コーヒーは国内だけでなく世界規模の産業でもあるため、コーヒーソムリエ資格の取得は世界に羽ばたくキッカケにもなり得るでしょう。

「コーヒーソムリエ資格」の取得方法

コーヒーソムリエ資格の認定試験に合格するためには、コーヒー豆やコーヒーの産地や種類、おいしい生豆の見分け方、焙煎についてなど、コーヒーを選び、楽しむための知識を習得する必要があります。

加えて、コーヒーの歴史、生豆の選び方、豆同士の相性、コーヒーの淹れ方、淹れ方と味の関係、コーヒー豆の種類、豆の違いによる焙煎、ラテアート、コーヒーカップの種類などの知識も必要となります。

そんなコーヒーソムリエ資格は、『日本安全食料料理協会(JSFCA)』主催の民間資格です。受験の申し込みは、団体の公式ホームページからインターネットで行います。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となるため送られてきた試験問題に解答し、提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を返送。70%の正答率が合格の目安となります。

「カフェオーナー経営士資格」で憩いの場を提供

カフェとは一般的にコーヒーなどの飲みものを提供する店舗のことを指しますが、現代ではレストランの様式を取り入れたカフェレストランや、漫画やパソコンなどを利用できるネットカフェなどもあり、形態は様々。

ただ、どれも共通して行わなければいけないのが、接客、調理、管理、経営といった業務です。そんなときに役立つのが、「カフェオーナー経営士資格」。

この資格を取得することで、カフェに関する経営のノウハウを身につけられるほか、その知識を実践的に活用することが可能になります。
そして、多くの人が集い会話を楽しむような場所であったり、ひとりでも自分の時間を楽しめるような場所を、おいしい食事や飲みものとともに提供することができるようになるでしょう。


「カフェオーナー経営士資格」について詳しく見る!

「カフェオーナー経営士資格」取得後の活躍

カフェオーナー経営士資格の取得後は、資格取得によって得たカフェオーナーの知識をもとに、カフェオーナー経営士として自分のお店のオープンに向けて動き出す人が多いようです。

カフェオーナー経営士の具体的な業務には、お店のコンセプト決めや、立地、外装や内装、メニュー作成などが含まれるほか、経営者として必要な業務である資金調達やスタッフの採用などもあります。そうやってお店づくりやメニューに工夫を凝らすなどして、多くの人が来店し、しっかりと利益が出るお店にする力がカフェオーナー経営士には求められるのです。

そのほかにも、現在ではコーヒー需要の高まりからカフェ経営を考えている人も多いため、実践的な知識を活かして、セミナーなどを開いて講師として活動することも可能なようです。

「カフェオーナー経営士資格」の取得方法

カフェオーナー経営士資格の試験に合格するためには、カフェオーナーの知識や、コーヒーについての専門的な知識と技術、マーケティングの基礎知識、開業計画などを理解し、実務で活用できるレベルの技能を習得する必要があります。

また、カフェオーナー経営士資格は、『日本安全食料料理協会(JSFCA)』主催の民間資格。受験の申し込みは、団体の公式ホームページからインターネットで行います。

受験資格は特になく、受験料は10,000円。在宅での受験となり、合格の基準はおよそ70%以上の評価となっています。合否の発表は、答案提出期限日から20日前後のようです。

「諒設計アーキテクトラーニング」で簡単取得

資格取得を志しても、仕事や家の事情などで時間が割けない方も大勢いるでしょう。そんなときは空いた時間で勉強に取り組むことができ、効率的に資格取得が目指せる通信教育を利用するのがおすすめ。

そんな数多くある通信講座のなかでも、初心者でも分かりやすいカリキュラムが組まれているとして高い評価を受けているのが、「諒設計アーキテクトラーニング」です。

諒設計アーキテクトラーニングに用意されているのは、「通常講座」と「スペシャル講座」の2つ。通常講座では、受講を終えたのちに、コーヒーソムリエ資格とカフェオーナー経営士資格の試験をそれぞれ受験し、合格することで資格が認定されます。

一方でスペシャル講座は、卒業課題を提出すればなんと試験が免除! コーヒーソムリエ資格とカフェオーナー経営士資格の両資格を、講座卒業と同時に取得できるんです。


「諒設計アーキテクトラーニング」のコーヒー資格講座はコチラ!

「諒設計アーキテクトラーニング」の評判は?

しかし、通信講座での資格取得に対して不安がある方もいるはず。そこで、実際に諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講した人が投稿したレビューを見てみましょう。

「カフェを経営することが夢でこの資格を取ろうと思いこの資格講座を受けました。テキストもわかりやすく簡単に資格取得できました」

「普段からよくコーヒーを飲んでいたのでコーヒーについて勉強してみると、豆の知識やおいしいコーヒーの淹れ方など、それ以外にもマーケティングの基礎知識やビジネスの範囲まで勉強することができてためになりました」

全般的にテキストが分かりやすく、楽しく学ぶことができたという意見が多く見られました。その他にも、カフェの開業を見据えて、今のうちに資格を取っておきたいと考える人も多数いましたよ。

「SARAスクール」でキャリアアップを

通信講座のなかでもうひとつご紹介しておきたいのが、「SARAスクール」です。SARAスクールでは、特に女性へのサポートに定評があります。

というのも、仕事や家事、育児などに追われている女性でも、空いた時間を活用して効率よく勉強を進められるように、カリキュラムが組まれているのです。

講座は、「基本コース」と「プラチナコース」の2種類。前者は、基本コースで学習したのちにコーヒーソムリエ資格とカフェオーナー経営士資格、それぞれの資格協会へ試験申し込みを行い、試験に臨む形式となります。

後者は、在宅で受講し課題を提出すれば、試験は免除! さらに、卒業時にはコーヒーソムリエ資格とカフェオーナー経営士資格を同時に取得することができます。


「SARAスクール」のコーヒー資格講座はコチラ!

「SARAスクール」の評判は?

では、SARAスクールを利用して資格を取得した人たちは、どのような感想を持っているのでしょう。ホームページに投稿されたレビューを、資格取得の目的なども合わせて見てみましょう。

「コーヒーが好きなのでこの講座はとても楽しかったです。コーヒーの淹れ方とおいしい豆の見分け方がとても役に立っています。本格的なコーヒーで友人たちをもてなすことができるようになり、友人たちに喜ばれています」

「経営手法やお店の出し方まで、丁寧に学習することができました。仕事をしながらの資格取得でしたが、無理なく、分かりやすいテキストで学習することができたことが心強かったです。今後は、出店を目指してがんばっていきたいと思っています」

本格的にカフェの開業を目指している人のほか、自分のためだけでなく身近な人においしいコーヒーを提供して喜ばせたいという人などが、受講生には多いようでした。また、SARAスクールではテキストが分かりやすいため、時間のないなかでもスムーズに学習が進められるようです。

コーヒー資格で広がる世界

コーヒーは生活に密着した飲みものであり、もはや現代人の生活に欠かせないものと言ってもいいかもしれません。

だからこそ、コーヒーに関する知識を深めたり、その知識を活かしておいしいコーヒーを淹れられるようになれば、多くの人を喜ばせることができるはず。

あなたもこの機会に、自分の世界を広げるべくコーヒー資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?