トイレに駆け込んで… デート中に好きだからこそ「彼が我慢したコト」4つ

文・塚田牧夫 — 2021.9.22
好きな人とデートをしているとき、“相手が楽しんでくれているかどうか気になる”という人もいるはず。でも、もしかしたら楽しんでいるように見えて、実は相手が気を遣っている場合もあるかもしれません。そこで今回は、男性たちに“デート中に好きだからこそ我慢してしまうこと”について聞いてみました。

トイレに駆け込んで…

「彼女と映画館に行ったんですね。ですが見ている途中で、どうしてもオナラがしたくなってしまいました。音ならごまかせそうですが、ニオイが心配で…。

なので、見終わるまで我慢。かなり溜め込んでいたので、お腹が張っていたんです。そこで、終わり次第速攻でトイレに行きました」ユウダイ(仮名)/26歳

これは生理現象なので仕方のないところ。ですが、嫌われたくないという気持ちから、つい限界まで我慢してしまったようです。

苦手な食べものがあっても

「彼女とまだ付き合い始めたばかりのころ。タイフェスに行こうと誘われました。初めてだったのですが、人もいっぱいいて盛り上がっていたので楽しかったんです。

ただ、問題は食べものでした。ほとんどのものにパクチーが入っていたんですが、実は僕はパクチーが苦手で…。でも、彼女に食の好みが合わない人だと思われたくなくて、我慢して食べていました」タカシ(仮名)/28歳

食べものの好き嫌いはどうしてもありますよね。ただ、彼は彼女のことが好きだからこそ、食の趣味が合わないと思われたくなかったのでしょう。そこで、彼は我慢して嫌いなものでも食べていたようですね。

気になるイベントを

「彼女とショッピングモールに買いものに行ったときのこと。建物内にステージがあって、これからイベントが始まるところでした。ふと出演するゲストを確認してみたところ、そこには僕の大好きなアニメの声優さんの名前がありました。

思わず、“見たい…”となりましたよ。けど、彼女は興味もないので退屈してしまうだろうと思い、知らんぷりして素通りしました」アツヤ(仮名)/31歳

共通の趣味のものではなかったため、相手を付き合わせることに戸惑ってしまったのでしょう。その結果、彼は見たい気持ちを我慢することにしたようです。

店員への文句

「彼女とごはんを食べに行ったとき、注文した料理が全然運ばれてこなかったんですね。しかも、あとから来た隣のテーブルのほうが先に料理が来ていました。そこで、店員さんに尋ねると“今作っているところです”と言うんです。

ところがしばらくして、“材料を切らしていまして……”と。“どういうこと!?”と彼女も怒っていましたが、ここで大人げないところを見せたくなかったので、僕はグッとこらえました」シンジ(仮名)/29歳

彼としては文句を言いたかったものの、そのことで彼女に器が小さいと思われたくなかったわけですね。彼女に余裕のあるところを見せたかったのでしょう。

“彼女のことが好きだからこそ、彼がデート中に我慢したこと”を紹介しました。

今回紹介したエピソードのように、デート中にさり気なく彼が我慢していることもあるかもしれません。その場合、いち早く彼の気持ちを察知してあげられると喜ばれるはず。デート中は相手の仕草などをできるだけ気にかけておくといいかもしれませんね。

©LordHenriVoton/gettyimages
©Ridofranz/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。