“あなたを一生許さない”… 不倫相手が忘れられない「妻からの恐怖LINE」2つ

文・並木まき — 2021.9.15
不倫が相手の妻にバレた結果、不倫相手のもとに妻から恐ろしい内容のLINEが届くこともあるようです。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、そんなLINEを2つご紹介します。

1:妻からの呪いの言葉が離れない

1631595066104

「もう5年くらい前の話にはなるんですが……。職場の先輩と不倫をしていて、彼の奥さんにそのことが知られてしまいました。実は奥さんはもともとウチの会社で働いていたので、私とも面識があったんです。

それで、夫の不倫相手が私だとわかったときから、奥さんから私宛に頻繁に恐ろしいLINEが届くようになりました。

『今後夫と別れたとしても、身の回りにはくれぐれも気をつけて』『あなたを一生許さないから』『孫の代まで呪ってやる』など、それはそれは恐ろしい内容が半年近く届き続けました。

悪いのは不倫をした私なので特に騒ぐこともなく、じっと耐えていたんです。しかし、不倫相手の男性と別れた後も奥さんからのLINEは届き続けていたので、心細かったですし精神的にも限界でした。

そのため、その当時奥さんから送られてきた“呪いの言葉”みたいなものは、今でも頭から離れません。それ以降、不倫はしていませんが、誰かと付き合って上手くいかなくなるたびに『あのときの奥さんの呪いがかかっているのかもなぁ』なんて思うことがあります」(36歳女性/美容関係)

2:口にするのもためらう罵りの数々

「先日、2年ほどお付き合いしていた不倫関係を清算しました。理由は、相手の奥さんに関係を知られたからです。

不倫相手の彼は家庭にバレるまでの間は『妻とは離婚するから、結婚しよう』と言っていたのに、いざ不倫がバレたら、さっさと私のもとから去りましたね。

彼は奥さんに頭が上がらないタイプだったようで、不倫発覚後、私の個人情報や連絡先を奥さんに言われるがままに渡してしまったんです。すると、あるときから彼の奥さんを名乗る人から頻繁にLINEが届くようになりました。

『地獄に落としてやる』『一生、幸せになれると思うなよ』『泥棒猫』などと、口にするのもためらうような罵り方をされ続けたんです。不倫をしていた自分が悪いということはわかっているのですが、こういったLINEが毎日のように届き続けていたので、どうしたものかと困っていましたね。

そこで友人に相談し、奥さんのLINEをブロックしてからは心が軽くなりましたが、あのLINEを開くたびに感じていた恐怖心は、今でも消えることはありません」(35歳女性/流通)

夫側の不倫が発覚したとき、一番の被害者は妻だと言われても仕方ありません。そして、やり場のない怒りの感情を不倫相手にぶつける妻もいます。

今回紹介したLINEエピソードからも分かるように、不倫をしていいことなんて1つもないのです。

©Kolapatha Saengbanchong / EyeEm/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。