マンション前で「部屋に上げろ」と30分粘られ…。女性が思わず男性にゾッとした瞬間

文・小澤サチエ — 2021.8.31
世の中には素敵な男性がたくさんいる一方で、とんでもない男性に遭遇してしまうこともあります。あなたはこれまで「この男性はヤバいかも……」と感じたり、思わずゾッとした経験はありませんか? 今回は、女性が実際に体験したというエピソードをご紹介します。

「家に上げてくれ」と駄々をこねられた

デート LINE 恐怖 男性 瞬間

「友人の紹介で知り合った年上の男性と、二人でご飯に行くことに。わざわざ私が住んでいる駅の近くのお店を予約してくれて、優しい人だなと思っていました。食事を終えて、近いから家まで送っていくよと言ってくれたところまでは良かったのですが……。

なんとマンションの前で『コーヒーが飲みたいから部屋に上げてくれ』と言い出したんです。丁重にお断りしたら、家に上げてくれるまで帰らない、の一点張りで。もちろん部屋には入れていませんが、30分以上押し問答していて、さすがに恐怖を感じましたね」(百合/アパレル/26歳)

女性の最寄駅付近でデート場所を指定してくれるのは一見紳士的と思いきや、この男性の場合は下心ありきの行動だったようです。

友達の紹介とのことなので、最初は警戒心を抱かなかったのかもしれませんが、やはりそこまで信頼できない相手と会う場合は、自宅は知られないようにするのが安全かもしれません。

SNSで過去を詮索された

デート LINE 恐怖 男性 瞬間

「私は数年前に離婚しているのですが、そろそろ新しい恋がしたくてマッチングアプリを始めました。そこでマッチングした男性とLINEを交換したんです。するとその相手から、『前の旦那さん、イケメンだよね。身長もかなり高かったでしょ?』と突然言われて、何で知ってるんだろう……? とビックリ。

なんと彼は、私のLINEのタイムラインを遡って過去のプロフィール画像を全て見ていたんです。LINEって設定を変えない限り、過去の画像の変更履歴がタイムラインに残ってしまうので。結婚していた当時は、式の写真をプロフィール画像にしていたんですが、その履歴が残っていたみたいです。まだ実際会ってもいないのに、そこまで詮索されるなんてゾッとしました……」(春奈/IT/32 歳)

この男性はよほど彼女のことが気になっていたのかもしれませんが、まだ直接会ったこともない段階でそこまで踏み込まれると、引いてしまうどころか、少し重すぎて怖いですよね。

LINEは便利なツールですが、マッチングアプリでの出会いのようにまだ相手をよく知らない段階では、迂闊に教えない方がいい場合もあります。フルネームや個人の情報をそこまで知られたくない時は、SNSなどを教えるのは少し慎重になっても良いのかもしれません。

親友の夫から口説かれた

デート LINE 恐怖 男性 瞬間

「子どもの頃から仲の良い親友が、彼女の夫の転勤で東京から北海道に引っ越しました。私はその彼とも何度も面識があり、親友の夫として彼を信頼しきっていたんです。

ところが北海道に遊びに行った際に、親友夫婦の家に泊まらせてもらうことになったのですが、彼女の入浴中に夫がいきなり客間にやってきて…。『妻には絶対秘密だけど、前から君のことタイプだと思ってたんだよね』と耳元で囁かれて、背筋が凍るような思いをしました」(有希/広告関係/30歳)

友達の夫から急に口説かれたら、ショックを受けるのも仕方がないですよね。当然スルーする必要がありますが、対応の仕方によっては友人との関係にヒビが入りかねないので、かなり気を遣うでしょう。

浮気をする男性は多いですが、さすがに妻の親友を口説こうとするのには呆れて物も言えません。

以上、女性が思わずゾッとした男性のエピソードを3つご紹介しました。出会いは星の数ほどありますが、なかには私たちが理解できない行動を取る男性も存在します。「この人はヤバいかも…」と感じる相手に出会った時は、決して深入りせず、距離を置くのが正解です。


©Bancha Srijaroen / EyeEm/Gettyimages
©The Good Brigade/Gettyimages
©Lucia Romero Herranz / EyeEm/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。