まさか彼に妻がいたなんて…既婚男性に騙された女性がした「非情な仕返し」

文・小澤サチエ — 2021.7.25
世の中には、既婚者であることを伏せて女性に近づく男性が存在します。あなたはもし騙されていることに気づいたら、どうしますか? 今回は、男性が既婚であることを知らないまま交際してしまい、後になって真実が発覚したという由香里さん(当時29歳)のエピソードをご紹介します。どうしても彼のことが許せず、由香里さんが取った行動とは?

熱烈なアプローチに押されて……

不倫 既婚男性 復讐 仕返し

「あれは2年ほど前の出来事です。当時の私は婚活中で、まだコロナ前だったので頻繁に合コンに行っていました。そこで出会ったのが、都内の大学病院勤務の医師・裕太(30歳)です。私はアパレルブランドで働いているのですが、彼はもともとうちのブランドが大好きだそうです。それがきっかけで意気投合しました」

身長も高くイケメンの彼は、いかにもモテて遊んでいそうなタイプなので、由香里さんは少し警戒していました。ところが彼のほうから熱烈なアプローチをされたそうです。

お泊まりデートをしたがらない男

「何度も『絶対に君を幸せにするから』と言われて、押される形で付き合うことになりました。私は婚活中だったのですが、将来も真剣に考えていると言われました」

ところが付き合い始めてすぐに、違和感を抱きました。彼は基本的にお泊まりデートをしたがらないのです。土日は由香里さんも仕事なのでそもそも会えないのですが、夜電話をしても絶対出ようとしません。

そして、付き合って1か月ほど経ったある日、とんでもない事実が判明しました。

実は既婚者!? 意外なところから発覚した真実

不倫 既婚男性 復讐 仕返し

「彼が、私の勤めるアパレルショップに買い物に来てくれたんです。もともと別の店舗にはよく行くと言っていましたが、うちの店舗は初めてでした。ちなみにお客さまの情報はデータベースで管理していて、全店舗共通。サービス向上のためにどんな細かいことも記載しています。その時もお買い物をしてくれたので何気なくデータを開いたら…なんとつい最近、他の店舗で奥さまとお買い物をしていたことがわかったんです」

彼はまさかの既婚者でした。付き合った時に言われたセリフを思い返すと、はらわたが煮えくり返りそうになった由香里さん。結婚している身でありながら「絶対に幸せにする。将来を考えている」などいけしゃあしゃあと言っていたのですから、許せるはずがありません。

ところが由香里さんは、すぐに彼を問い詰めることはしませんでした。

店員さんの前で恥をかかせて……

不倫 既婚男性 復讐 仕返し

「どうせ別れるなら、問い詰める前に小さな仕返しをしてやろうと思いついて。私の誕生日が近かったのですが、彼ってすごくカッコつけたがるので『なんでも好きなもの買ってあげるよ』と調子のいいことを言っていたんです。そこで彼をジュエリーショップに連れていき、店員さんがいる前で数百万円のジュエリーを指差して、『何でも買ってくれるって言っていたから、これがほしいの。約束だからもちろん買ってくれるよね』と言いました。

口では何でも買ってあげるとは言っても、常識的に考えて、交際1か月の女性からそんなに高いものをねだられるなんて思わないですよね。見栄っ張りな彼は、店員さんの前で、買えないとは言えないようでした。顔を真っ青にして『ちょっと急用を思い出して……』と尻尾を巻いて逃げていったのが、カッコ悪かったです」

しかしこの時点でもまだ、彼は既婚者だとバレているとは気づいていません。呆れたことに、こんなLINEを送ってきたそうです。

「『君、ちょっとおかしいんじゃない? あんな高いものをねだってくる女性だったなんて、ガッカリしたよ。もう会うのはやめよう』というLINEが来ました。頭にきたので、『結婚しているんだってね。よく奥さまがうちのブランドにお買い物に来てくれているみたいだから、今回のことお伝えしておこうかな』と返しておきました。もちろん妻に連絡する気は一切ありませんが、これで少しは焦っているかもしれませんね。ちょっとだけスッキリしました」

 
ジュエリーショップで恥をかかされたくらいで彼が懲りるとは思えませんが、どうして妻の存在がバレたのか疑問でしょうし、いつ妻に連絡されるかとヒヤヒヤしているかもしれませんね。これを機に少しは反省をし、未婚女性を騙すという最低な行動から足を洗ってほしいものです。


©Westend61/Gettyimages
©Zero Creatives/Gettyimages
©suedhang/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。