松村沙友理、乃木坂46卒業記念写真集『次、いつ会える?』で見てほしいパーツとは…?

写真・大内香織 文・古屋美枝 — 2021.7.15
2021年7月13日に10年間在籍した乃木坂46を卒業した松村沙友理さん。卒業記念に発売された写真集『次、いつ会える?』(マガジンハウス刊)について、見どころや撮影秘話を語ってもらいました。

ファンの皆さんに「いつ会える?」のメッセージ


100A9221

――今回の写真集のタイトル『次、いつ会える?』は、どういう思いを込めたのですか?

このタイトルは秋元康さんが考えてくださったんです。乃木坂46卒業記念写真集なので、私の中では、ファンの皆さんとお互いに「次、いつ会える?」というメッセージが込められているというのがひとつ。もうひとつは、この写真集は「彼氏目線」が大切なテーマでもあるので、彼女として彼氏に「次、いつ会える?」って聞いているという意味合いもあります。そして秋元さんがタイトルに関して、すごくいい帯を書いてくださって、嬉しいです。

『次、いつ会える?』
「松村沙友理の表情は、風に揺れる木漏れ日のようだ。
楽しそうに見えても、どこかに影があるし、悲しそうに見えても、どこかに光が差す。
『次、いつ会える?』と聞いたら、彼女はどんな表情をするのだろう?」
――秋元康


100A9310

――たしかに、素敵な帯ですね。見どころをお聞きしていきたいのですが、まずいちばん見てほしいところはどこですか?

1枚1枚、ストーリー性があって、妄想が進むのがこの写真集の特長です。たとえばこの、布団の中にくるまって、顔だけ出している写真。これは旅館で撮影したんですけど、彼氏との初めての旅行っていう設定なんですよ。無邪気さをアピールしたりして。枕投げとかした後に、今度はお布団でかくれんぼしてるっていうシーンがこの写真なんです(笑)。見てくださる方が物語を作って、妄想してもらえたら嬉しいな、と思います。

――この写真集の中で、お気に入りの衣装はどれですか?

この赤いやつ!(赤いタンクトップにデニムのショートパンツの写真)私、さゆりんごっていうあだ名なので、色の中でも、赤を重視してるんですよ(笑)。今回もこの赤の衣装を用意していただいて嬉しかったですし、赤を着て三つ編みして、元気でアクティブな感じがより「松村沙友理、さゆりんご♡」っていう感じがしてお気に入りです。

――体の中でいちばん自信があるパーツと、そのパーツがいちばんきれいに見られる写真はどれでしょう?

好きなのは脚かな? 私、乃木坂に入ってから、手脚が長いって褒められることが多くて…。

――長いですよね!

ほんとですか〜? ウフフ(笑)。それまでそんなに脚を褒められることがなかったので、褒めていただくと嬉しいんです。私の脚って、昔スポーツをやっていたからなのか、ふくらはぎに筋肉がついていたり、特徴的なんですけど、ファンの方がそれをすごく好きって言ってくださるのが嬉しいですね。あ、このページのこの脚(ショートパンツ&ポニーテールで自転車に乗っている後ろ姿)を見てほしいです。


100A9302

――アンアン2255号の「くびれ&美尻レッスン。」特集の表紙は、ウエストのくびれがめちゃくちゃきれいでした。撮影はどうでしたか?

緊張しました!

――どうしてですか?

アンアンさんの表紙だから(笑)。こんなに体を見ていただける機会もそれまであまりなかったので、撮影日はドキドキでした。

――見どころ満載ですが、撮影中に印象に残ったエピソードはありますか?

私、モデルの蛯原友里さんがすごく好きなんですけど、この青い水着を着たときに、スタッフの皆さんに「昔、日焼け止めのCMに出てたエビちゃんみたいだね!」って言われて…。

――たしかに! バックにケツメイシの曲が流れてそうです。

そうなんですよ! なので、エビちゃんを意識してポーズを取ったり、走ってみたりしました。しかもここ、エビちゃんの出身地、宮崎の海なんです。

――ある意味、運命的ですね(笑)。この写真集ができあがってきて、最初に見たときはどう思いましたか?

私ってこういう顔なんだ、と驚きました。この一冊の中でも、雰囲気が別人みたいに変わっていて、こんなにいろいろな顔をしてるんだな、と改めて気づかせてもらいました。みなさんが私の魅力を引き出してくれたおかげだな、と思います。あと後半には、まいやん(白石麻衣さん)やいくちゃん(生田絵梨花さん)をはじめ、いろいろなメンバーとの思い出を詰め込んでもらって、本当に大切な一冊です。


100A9318

――笑顔がとってもいいですよね。

そうなんですよ〜(笑)。笑顔多めにしました。

――10年間在籍した乃木坂46を卒業されたわけですが、改めて、乃木坂46の好きなところを教えていただけますか。

メンバーがみんなかわいい! 顔もかわいいんですけど、性格も含めて存在がかわいいというか、いい子が多いんですよ。同期は10年間一緒にいるんですけど、みんながお互い尊敬しあって、ちゃんと支え合っているんです。後輩は憧れの存在として見ていてくれて、いい意味で緊張感を持って接してくれる。みんながかわいくて、素敵なグループだと思います。

私は何もやったことがないところから乃木坂46に入ってアイドルになったので、最初はとても不安だったんですけど、それはみんな一緒だったみたいで、支え合ってお互いにやさしくし合えていたのは、普通の女の子が集められた乃木坂46だったからだと思うんです。自分に向いていたと思うし、乃木坂46をきっかけに芸能界という世界に入ることができて、すごく良かったなと思います。

――今後、お仕事ではどんなことをやっていきたいですか。

女優業をメインに、できることはなんでも、気合い十分でやらせていただきたいと思ってます! 今は『プロミス・シンデレラ』(TBS系。毎週火曜22時〜)に私は高級老舗旅館の仲居さん、まひろ役で出演させていただいています。二階堂ふみさん演じる主人公の早梅は、旅館の御曹司兄弟と三角関係になるのですが、私は早梅の味方で「大丈夫ですか〜!」って助けたり応援したりする役です(笑)。ぜひ期待して見ていただけたら嬉しいです!

――では、これからプライベートでやりたいことはありますか?

いっぱいあるんですよね…。本当は海外も行きたいですし、あ! カフェ巡りとか、やってみたいです。

――カフェ!? 何を飲むんですか?

コーヒー(笑)! 改めて考えたときに、私、今までゆっくりカフェでお茶することもあまりなかったんですよ。日本って、たくさんおしゃれなカフェがあるし、お店によってコーヒーの味も違うじゃないですか。そうやって、ひとつひとつのことをちゃんと感じながら、カフェ巡りしてみたいです。


100A9325

――では最後に、これから写真集を手に取るアンアン読者の皆さんにメッセージをお願いします!

この写真集は、リアルさを重視して、彼氏目線の彼女を切り取るというのがテーマだったんです。このテーマに沿って、プロの方がメイクやファッションを考えてくれたので、参考にしていただけたらうれしいな、と。私自身の魅力を感じとっていただきながら、いろいろな角度から楽しんでいただけたらありがたいです!

Profile
松村沙友理
まつむら・さゆり 1992年8月27日生まれ。大阪府出身。2011年、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。乃木坂46のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」で、選抜メンバーおよび七福神に初選出されるなど、橋本奈々未、白石麻衣と並んで乃木坂46の御三家と称される。趣味はアニメ鑑賞。

『次、いつ会える? 松村沙友理 乃木坂46卒業記念写真集』
定価:¥2000 
発売日:2021年7月13日(火) 
発売:マガジンハウス

松村さんと写真集の魅力がよりわかる、こちらの記事もどうぞ。
https://ananweb.jp/anan/351955/

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。