“明日って暇…?” アラサー女性がうっかり騙されかけた「不倫のお誘いLINE」

文・上岡史奈 — 2021.6.16
素敵だなと思っている男性から、デートのお誘いLINEが来たら嬉しいですよね。でも、その相手が既婚であることを隠したまま誘っているのだとしたら大問題です。今回はアラサー女性たちがうっかり騙されかけたという「不倫のお誘いLINE」エピソードをご紹介します。

「話聞くよ」

「男友達を通じて、すごく優しい年上男性と知り合ったんです。そのとき元カレと復縁するかどうか悩んでいたら、彼から『話を聞くよ』と言われ、LINEでも熱心に相談に乗ってくれるようになったんですね。

でも、その後だんだんと『明日って暇?』『今から家に行くよ』という連絡が来るようになり……。ある日断りきれずに彼を家に入れたとき、彼の薬指に結婚指輪の跡があることに気づいたんです。

そこで問い詰めたら、なんと『本当は結婚しているんだ』と言われました。『もしや男友達は初めからそのことを知っていたのでは?』と思い、一時期人を信じられなくなりかけたのですが、その人は結婚したことを男友達にすら隠していたようです。

『友達に既婚であることを隠してまで遊びたい人もいるんだな』って思いましたね」(25歳/インテリア関係会社勤務)

悩んでいるときに優しい言葉をかけられると、その相手のことがよく見えてしまうこともありますよね。でも、なかには既婚者で女性の扱いになれているから“聞き上手”だったという場合もあるようです。

「いい人を紹介するよ」

「既婚の知り合いに『独身のいい人を紹介してください』と頼んでいたら、『いいよ! 紹介するね』と言われ、日時と場所を指定されたんですね。

ところが、行ってみたらその人しかいなくて……。さらに、『今日友達が急に来れなくなっちゃって』と言われ、そのまま2人で飲むことになったんです。

その結果、途中から猛烈に口説かれ『もう俺でいいじゃん』と言われました。セッティング自体、嘘だったんじゃないかと思っています」(27歳/アパレル関係)

せっかく素敵な独身男性を紹介してもらう予定だったのに、「行ったら既婚者の仲介者と自分しかいなかった」ということもあるようです。こればっかりは事前に防ぐことが難しいため、「騙された!」と思ったら我慢するのではなくサッサと帰ってしまう方がいいかもしれませんね。

「彼女が欲しい」

「取引先の人と仲良くなりLINEのやり取りをしていたら、だんだんとプライベートな話題が増えてきて……。

最初は『彼女が欲しい。誰かいい人を紹介して!』と言われ、真面目に探していたんです。しかし、好みを聞いていたら『優しい子』『◯◯ちゃんでもいいよ(笑)』と言われ正直戸惑いましたね。

しかし、後でその会社の人から彼が既婚であることを教えてもらったんです。事実を知ったときは、とてもムカつきました」(23歳/建築関係会社勤務)

既婚者なのに仕事関係の相手に対して、「誰か紹介して!」と頼む人もいるようです。事実を知ったときには、思わず開いた口が塞がらないかもしれませんね。

既婚男性からの「不倫のお誘いLINE」をご紹介しました。

ちなみに、既婚男性側に「なぜ嘘をつくのか」と聞いてみると、「正直に言ったら相手にしてもらえないから」という回答が返ってくることも。ですが、誠実な相手を探している女性からすると困った話ですよね。少しでも怪しいと感じたら、すぐに既婚かどうか確認したほうがいいかもしれません。

©Cem Büyükkartal / EyeEm/gettyimages
©LaylaBird/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。