か、かわいい…! 男性が「ギャップにキュンとした」エピ3選

文・牧ぐりこ — 2021.6.9
ご時世柄、テレワークで会議に参加したり、婚活サイトで出会った人とテレビ電話をしたりと、画面越しのコミュニケーションが増えましたよね。そこで今回は、ライター・牧ぐりこが男性のみなさんに「女性の“画面越し”と“リアル”のギャップ」について聞いてきました!

意外と背が高い

ギャップ かわいい 女性

「身長のギャップにドキッとすることが多いですね。仕事でオンライン会議をしたことがある女性と先日初めて直接お会いしたら、想像以上にすらりとしたきれいな人でびっくりしました」(30歳・メーカー)

身長のギャップは「あるある」ですね。顔と声の印象で、相手の身長を無意識にイメージしてしまうみたい。男女を問わず生じるギャップですが、お互いが「あれっ!?」と驚いている様子は微笑ましいですよね。

服装がおしゃれ

ギャップ かわいい 女性

「オンラインデートだと、上半身しか映らないですよね。なので直接会ってはじめて、おしゃれな人だと気づいたんです。アクセサリーや鞄、靴など全体の雰囲気が洗練されていて……とてもステキだなと思いました。実際に会って好感度が上がりましたね」(32歳・コンサル)

テレワークの日、トップスだけ着替えてズボンはパジャマのままという方も多いはず(笑) 。逆に身だしなみを頑張りたい時でも、自宅でアクセサリーを着けるのはなんだか気恥ずかったりと、オンラインのおしゃれは楽しみ方が難しいですよね。直接会える日はめいっぱい着飾って、相手に自分らしさを伝えてみては?

方言が出る

ギャップ かわいい 女性

「アプリで知り合った子がいます。通話したときはお互い敬語だったのですが、同い年ということもあり、直接のデートではタメ口に。そうしたら、彼女が方言で話すことがわかって。『もっと話したいと思ってたけん嬉しい』と言われ『か、かわいい…!!』とキュンとしてしまいました」(28歳・開発)

画面越しの通話だと、つい緊張してしまって自分らしく話せないですよね。リラックスしながら話せるリアルなデートで、より高感度がUPしたというエピソードでした。

いかがでしたか? こんな時代だからこその「ギャップ」に男性はグッとくることがあるみたい。画面越しでは発揮しにくい“自分らしさ”を、リアルで会えるときには惜しみなく表現してみてください!


©filadendron/Gettyimages
©South_agency/Gettyimages
©AzmanJaka/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。