「妻とは別れる」を信じ続けた結果…「不倫歴3年以上」のカップルの現状3選

文・塚田牧夫 — 2021.6.8
不倫の関係が始まった当初は楽しさを感じていたものの、時間がたつほどにその気持ちが虚しさや後悔に変わっていくこともあるようです。今回は、不倫歴3年以上のカップルがどんな状態を迎えているのか調査してみました。

恨みで付き合っている

「彼とはもう10年近くの付き合いです。20代半ばから付き合い始めて、私はいまだ独身。何度も“妻とは別れる”と言う彼の言葉を信じた結果、今に至ります。

私は20代半ばから30代前半までの時期を彼に捧げてしまいました。彼ではない人と付き合っていれば、今ごろ結婚をして幸せになっていたかもしれないのに……。

そう考えると、彼のことが許せないんです。何かしらの形で責任を取ってもらうまで、絶対に別れないつもりです」マヤ(仮名)/36歳

本当は一刻も早く不倫相手との関係を清算し、他の人との出会いを探すべきでしょう。しかし、彼への“恨み”の感情がそれを妨げているようです。

別れるキッカケがない

「私たちはお互いに既婚者で、付き合って4年になります。最初のころは、会うだけでもドキドキでした。人目を忍んで密会することが楽しかったんです。

しかし、今はもうそんな気持ちはありません。まったくドキドキもしませんし、感覚的には“無”ですね。

夫は私たちの関係に気づいている様子がありません。不倫相手とは別れてもいいんですが、特にキッカケがないんです。これから誰かを好きになることもないだろうし……」エイコ(仮名)/39歳

不倫にドキドキを求めていたのかもしれませんが、時間が経つにつれてその感情がなくなり、付き合っている意味が分からなくなったのでしょう。

ただ、この女性からすると不倫関係を終わらせるのにも何かしらのキッカケが必要なようです。

奥さん公認

「彼とは付き合って丸6年になります。その間に彼の奥さんに関係がバレてしまい、いったん別れたんです。でも数か月後にまた復活し、それから付き合い続けています。

奥さんにもそのことはバレているんですが、私が家庭を脅かすつもりがないことを分かってくれているよう。彼も今は何も言われなくなったそうで、一応奥さん公認の関係となっています」ハツネ(仮名)/35歳

世の中には夫の不倫を知りつつも、見て見ぬふりをする妻もいるようです。

ただ、何も言われないからといって“奥さんに許されている”とは限らないでしょう。

“不倫歴3年以上のカップルの現状”をご紹介しました。

不倫はいわば歪んだ関係。そして、その先に幸せな未来が待ち受けていることはほぼありません。不幸になることが分かっていながら、不倫を始める理由はどこにもないはずです。

©Chepko/gettyimages
©LumiNola/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。