仕事で疲れてる男性がグッとくる…! 彼が思わず感動した【彼女の気遣い】4選

文・東城ゆず — 2021.6.6
「大好きな彼の喜ぶ顔がみたい!」と思う女性も少なくないのでは? そこで今回は、男性が思わず感動した彼女の気遣いについて調査してみました。マネできるものがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サプライズをする

「在宅ワークしている僕の家に、彼女が泊りに来る日の夜。いつもなら、駅まで彼女を迎えにいくのですが、その日はなかなか仕事が終わらなくて……。

待たせている彼女を“急いで迎えに行かなきゃ”と焦っていたら、突然インターホンがなったんです。“こんな忙しいときに誰だろう”と思ってドアを開けたら、そこにいたのは彼女でした。

驚いて“どうしてここにいるの?”と聞いたら、“今日は○○くんが忙しそうだったから1人で来ちゃった。ついでに駅前のお店で晩ご飯もテイクアウトしてきたよ”と。

サプライズだったこともあり、そんな彼女の気遣いがとても嬉しかったです」(Iさん・36歳男性)

残業で待ち合わせに遅れると聞いて、「疲れているだろう」と気遣い、機転をきかせたんですね。また、サプライズだったこともあり、彼も一層キュンとしたようです。

腕枕を断る

「お泊まりデートのとき、僕が腕枕をしようとすると彼女はなぜか毎回断るんです。

ある日その理由を聞いたら、“腕枕をするとなると△△くんが眠りにくいだろうし、寝るときはゆっくり休んでほしい”と言われました。

断わられていた理由が彼女の気遣いだったことを知り、ますます好きになりましたね」(Mさん・23歳男性)

彼女の彼を思いやる気持ちがひしひしと伝わってきますね。彼もそんな彼女の気遣いを知って、嬉しくなったようです。

デートを我慢する

「同い年の彼女と付き合って半年が経つんですが、いつもデートに誘うのは俺ばかり。

そこであるとき、“なんで△△ちゃんからデートに誘ってくれないの?”と伝えてみたんです。すると“デート代も割り勘とはいえ、お金がかかるからね。○○くん1人暮らしで家賃も払わないといけないし大変だろうから……”と言われました。

僕の懐事情を彼女なりに気にしてくれていたことが分かり、心が温まりました」(Kさん・33歳男性)

もしかしたら本当はもっとデートをしたかったのに、ずっと我慢していたのかもしれませんね。この男性はそんな彼女の遠巻きな優しさに癒されたようです。

感染対策を行う

「自粛疲れなどの言葉も出始めていますが、僕の彼女は医療従事者ということもあって、しっかりと感染対策を続けています。

そんな彼女はいつも色々と調べたうえで、人混みを避けられるデートを提案してくれるんです。

デートのときにも消毒用のアルコールや除菌シートなどを持ってきてくれるので、いつも助かっています」(Nさん・38歳男性)

残念ながら、まだまだ気が抜けない状況が続く昨今。「お互いに感染しないように」と気遣う彼女に、彼も助けられているようですね。

彼女の気遣いから垣間見える彼を思う気持ちは、しっかりと伝わっているようです。直接的な愛情表現以外にもこういった気遣いで彼に気持ちを伝えられると、2人の仲もより一層深まりそうですね。

©Willie B. Thomas/gettyimages
©DjelicS/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。