ついに“初めてのお泊り”… 翌朝、彼が見た「ありえないモノ」とは

文・塚田牧夫 — 2021.5.24
好きな人と一夜を共に過ごすことに、幸せを感じる人も多いでしょう。しかし、なかには翌朝、驚くべき現実を突きつけられることもあるようです。今回はそんな“お泊りデートの翌朝に見たありえないモノ”について、男性たちに体験談を語ってもらいました。

浮気に気付いた彼女

「付き合って1か月が経ったとき、彼女が初めて僕の家に泊まりに来たんです。実はその頃、僕はまだ元カノと関係を持っていました。別れるつもりだったんですが、まだ完全に切れていなかったんです。

翌朝、目を覚ますと彼女が大泣きしていたんですね。理由を尋ねても、教えてくれませんでした。ふと自分のスマホを見たら、元カノからLINEが届いていて、どうやら彼女はそれを見てしまったよう……。

正直に事情を説明して、元カノとは完全に縁を切りました」フミトシ(仮名)/29歳

以前の女性関係が残っていたんですね。そんなことを知ったら、ショックを受けるのは当然。しっかりとケジメをつけてから、交際を始めるべきでしたね。

寝酒の空き缶の数

「彼女の家に初めて泊まりに行ったとき。夜、僕は早めに眠くなったので、“そろそろ寝ない?”と声をかけたんです。

すると、お酒を飲んでいた彼女は“もう少し飲んでから寝る”と言うので、先にベッドに入りました。

翌朝、起き上がってテーブルの上を見たら、ものすごい数の空き缶があったんです。“どんだけ飲んだんだよ”と驚くとともに、彼女の身体が心配になりました」トシ(仮名)/30歳

なかなか眠れず、ついお酒が進んでしまったのかもしれませんね。しかし、あまりにも空き缶の数が多かったため、心配になったようです。

窓から男性の姿が

「彼女の家に泊まった翌朝のこと。ベッドの脇には小窓があって、すぐに外の景色を眺めることができたんですね。ふとカーテンを開けたら、建物の下に男性がいて、こっちをじっと見ていたんです。

その男性はすぐに去って行ったんですが怖くなり、慌てて彼女を起こしてそのことを伝えました。すると、“たぶん元カレ”だと。なんでもまだ未練があるようで、たまに見に来るそう。危ないので、“すぐに引っ越してくれ”と言いました」ホクト(仮名)/27歳

まだ彼女に未練があったのか、それとも新しい彼氏の存在を確認しに来たのか……。どちらにせよ、この場合は元カレのことを無視するわけにはいきませんよね。

置き手紙

「以前、すごく好きな女性がいました。ただ、その女性にはずっと片思いの相手がいたんです。でも、何度も告白してやっと付き合えました。そうして、初めて彼女が家に来て泊まってくれたときのこと。

僕はすごく幸せでした。ただ、翌朝、目が覚めたときには彼女の姿がないんです。代わりに、枕もとに手紙が置いてありました。読むと、“やっぱり彼を忘れられない”と書かれていて……。とてつもなく切なくなりました」コウタ(仮名)/28歳

幸せの絶頂から地獄に突き落とされたような気分だったのでしょう。中途半端な行動は、かえって相手を傷つけてしまうことも忘れてはいけませんね。

“男性たちがお泊りの翌朝ベッドで見たありえないモノ”をご紹介しました。

お泊りデートで幸せな時間を過ごした翌朝、不快な思いはしたくないですよね。未然に防げるのであれば、対策しておきたいものです。

©nd3000/gettyimages
©Goodboy Picture Company/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。