不倫相手は“禁断の女性”… 女性たちが見た「彼の信じられない不倫相手」3つ

文・並木まき — 2021.5.15
世の中には、トンデモない相手と不倫関係を持つ人もいるようです。今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、度肝を抜かれるほど意外な不倫相手にまつわるエピソードに迫ります。

1:彼女の母親

「以前のことですが、ちょっとの期間だけ付き合っていた彼氏に、過去に不倫した経験があると打ち明けられたことがあります。それだけでもドン引きだったんですけど、話を聞いたら、なんと当時交際していた彼女の母親が不倫相手とのことで、さらにドン引き!

なんでも元カノの実家に遊びに行ったときに、母親のほうから口説いてきて、後日ホテルでデートをすることになったんだそう……。つまり、元カノと母親に二股をかけていたということです。かなり引きましたね。

彼氏が言うには、その元カノの母親は経営者で、お金持ちだったらしく、ゴージャスなデートやプレゼントが魅力的だったそう。世の中には、そんなこともあるんだ……と、勉強になりましたね」(28歳女性/販売)

親ほど歳の離れた年上女性と交際するタイプの男性の場合、恋人の母親との不倫もあるのかもしれません。奇妙な出会いから不倫に発展するとは、まさに事実は小説よりも奇なりですね。

2:配達員

「私の友達が、自分の家にオーダーを届けてくれたフードサービスの配達員と付き合い始めました。それだけでも結構驚きだったんですけど、後日談があって……。

なんとその配達員の男性は、隠れ既婚者で家庭持ちだったんです。付き合った当初は独身のふりをしていたらしく、友達は『運命の出会いだと思う!』と言って喜んでいました。

ただ付き合っていくうちに、デートやLINEができるタイミングが不自然だったため、友人は“おかしいな”と感じたそう。そこで、あるとき友人がその男性を問い詰めたら、既婚者だと白状したそうで、子どもも2人いたようです」(29歳女性/アパレル)

共通の知人や友人がまったくいない場合、相手が経歴や環境を偽っていても気づきにくいもの。不倫しているつもりがなくても、気づいたら不倫の道に足を踏み入れていた……という話はあるあるなようです。

3:夫のいとこ

「とある知人とは、彼女が駆け落ちして以降、連絡をとらなくなりました。駆け落ちの理由は、“ダブル不倫”の末の逃亡です。

彼女は、旦那さんとの間に特別な問題があったわけではないのに、旦那さんの“いとこ”と不倫関係に。お互い既婚だったことから、親戚を巻き込んでのドロ沼に発展したそう。

それでも不倫関係をやめることがどうしてもできず、終いには2人で駆け落ちして一族とは縁を切ったようです。そこまでして貫く愛って……と唖然としましたし、夫の親戚がそういう関係の対象になるのは、ある意味ですごいなと思いました」(41歳女性/専門職)

不倫関係が始まるとき、本人たちは「運命」を感じ、周囲への迷惑を顧みずに関係をスタートさせることも珍しくありません。親族を巻き込んでの騒動を起こしてまで不倫に突っ走ってしまえば、全てを失っても無理はないでしょう。

世の中には、信じられないような相手と不倫をする人もいます。友人や夫がこんな不倫に足を踏み入れたらと思うと、考えただけでもゾッとしますね。

©fizkes/gettyimages
©Jose Luis Pelaez/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。