“元カノの方がウマかった…”と比較したがる彼氏が黙った「彼女のひと言」3選

文・並木まき — 2021.4.21
たとえ悪気がなくても、なんでも元カノと比較されると、ついイライラしてしまったり、イヤな気持ちなる人も多いのでは? そんなとき、上手い言い返しができると、彼はそういった発言をしなくなるかもしれません。そこで今回は、複雑怪奇な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、なんでも比較したがる彼氏が黙った「彼女のひと言」について迫ります。

1:「私がダメすぎるんだろうから、爪の垢を煎じて飲むわ」

「もう別れたんですが、元カレは付き合っていた頃、やたらと元カノの話をしてきました。

『元カノの方が料理はウマかった』とか『元カノは、ハンカチに毎日アイロンをかけていたよ』などと話してくるんですが、最初のうちは、『うるさいっ』と思いつつ黙って聞いていました。

けれど、段々とそんな発言にウンザリしちゃって。思わず『じゃあさ、その元カノに会ってみたい。私がダメすぎるんだろうから、爪の垢を煎じて飲むわ』と言い返したんです。そうしたら、元カレはハッとした顔になり、それ以降は元カノの話題を口にしなくなりました」(30歳女性/製造)

元カノの話をやたらとしてきている割に、彼は“彼女と元カノを比較しているつもりはない”という場合もあるのです。

このような時こそ、「比較されて傷ついている」といった返事をするだけで、そういった発言をやめてくれるのでしょう。

2:「私は元カレの話、しないよね?」

「今の彼は、彼女がいながらにして私を口説き、最終的に元カノから私に乗り換えた人なんです。そういう事情もあり、私は彼がする元カノの話を聞くのが嫌で仕方なくて……。

初期の頃は、『仕方ないのかな』と思い、黙って聞いていましたが、付き合って3か月が経ってもまだ言い続けていたので、ついこの間『私は元カレの話をしないよね? だから元カノの話もそろそろやめてもらえない?』と言いました。

そうしたら、さすがに私が不愉快に思っていることに気づいたのか、それ以来ピタッと言わなくなりました」(28歳女性/販売)

元カノの話をすることで相手が不快な気持ちになっていることに、本人が気づいていなかったのでしょう。

また、「私はやらないのだから、あなたもやめてね」という伝え方は、嫌なことをやめてもらいたいときに有効な言い方かもしれませんね。

3:「あっそ」

「元カノの話を気軽にしてくる人って、結構いませんか? 私が付き合った人の中にも、過去に何人かそういうタイプの人がいました。そんな人には『あっそ』と冷たい声で言い返すと、効果抜群ですよ(笑)。

ついこの間別れた彼は、酔って電話をしてきては『迎えに来て!』とすぐに言う人でした。あるとき、私が迎えに行くのを渋っていたら『元カノは迎えに来てくれたのにな〜』と言い出したんです。

そこで、思わずムカついた私は、ものすごく冷たい声で『あっそ』と返しました。そうしたら、彼のお酒の酔いは一気に冷めたようで、その後全力で謝ってきましたね(笑)」(31歳女性/サービス)

相手にあからさまに不愉快な返しをされたことで、ハッとしたのでしょう。

元カノの話を出され、さらには自分と比較された場合であれば、このくらい冷たい返事を返すことも、彼にそういった発言をやめてもらうには必要なのかもしれません。

悪気がなくても、元カノと今カノを比較するような発言をする人もいます。

しかし、「悪気がない」とは言え嫌な気持ちになったのなら、毅然とした態度でその気持ちを伝えることが、関係を築いていくためには大事なコミュニケーションと言えるのではないでしょうか。

©PeopleImages/gettyimages
©praetorianphoto/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。