わざと恋愛相談を…!? 思わず男性がゾクゾクした「女性の焦らしテク」4つ

文・塚田牧夫 — 2021.5.8
男性を振り向かせたり、意識させるために「焦らし」を使うのは有効な手段だとされています。それでは、男性はどんな焦らしに強く反応を示すのでしょう。男性の体験談をもとに、そのテクニックをご紹介します。

わざと恋愛相談をする

「なんとなく俺に気がある? と感じていた女性と、2人で話していたんですね。すると彼女は“好きな人がいる”と言ってきたんです。

俺のことかな? と思ったんだけど、なんとなく違う感じもしたので“自分から誘ったほうがいい”と、俺なりのアドバイスを送りました。

するとその日の夜、その女性からお誘いのLINEが来ました。あれはゾクゾクしましたね」エイト(仮名)/26歳

好きな人に、あえて恋愛相談を持ちかけたんですね。男性としては、なんとなく相手の気持ちに気付いていただけに、心が揺さぶられたんでしょう。

なかなか大胆かつ狡猾な手段ですが、効果的だと言えます。

簡単に涙を見せない

「彼女とまだ付き合う前、映画を見に行ったんですね。感動系の映画だったんですが、彼女は泣いている様子はありませんでした。そこまで涙もろいタイプじゃないんだな~という印象でした。

しばらく後、僕から告白をして付き合うことになったのですが、彼女は嬉しいと言いながらポロポロ泣き始めて……。あれは心に刺さりました」コウキ(仮名)/27歳

涙を流す姿にドキッとする男性もいるでしょう。でも、出し過ぎると効果は薄れます。

ここぞというときに効果を発揮させるため、涙もろいタイプではないと彼に思わせておくのもいいかもしれませんね。

下手なマッサージで

「彼女と部屋で過ごしているとき、“マッサージをしてあげる”と言われました。うつ伏せになってやってもらったんですが、あまりツボに入ってこないんです。

正直気持ち良くないな……と思いながら、なんとなくやってもらっていたんですが、腰を押してもらったとき、ツボにグリッと入ったんです。それまでハズされたていたせいか、より気持ち良かったです」テツヒロ(仮名)/32歳

なかなかツボを押してくれないところに、じれったさを感じていたんでしょう。それが不意にポイントを捉えられたものだから、印象的だったわけです。

初心者でも彼のことを思ってするマッサージなら、効果がありそうです。

料理が上手くないと言いながら

「彼女が家に来たとき、夕食を作ってくれることに。ただし、“上手くないから期待しないでね”と言われました。6時くらいから作り始めたのですが、9時になったころ、ようやく完成しました。

味はあまり期待していなかったんですが、これがめちゃくちゃ美味しい! 感動してしまいました」アツシ(仮名)/30歳

料理のできあがりに時間をかけたことが、自然と焦らしになったわけですね。彼のお腹も空いていたため、より美味しく感じたはず。

料理の腕前に期待させなかったことも効いていたのでしょう。

“思わず男性がゾクゾクした女性の焦らしテク”をご紹介しました。

焦らしすぎると、相手をいったんガッカリさせてしまったり、不機嫌にさせることもあります。ただ、その評価がひっくり返ったときの効果は非常に大きいもの。上手な焦らしができたら、彼をドキッとさせることができるかもしれませんね。

©Westend61/gettyimages
©Wavebreakmedia/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。