一日中ベッドの上で…♡ 彼が一緒にいて「幸せを感じた時」に出すサイン4つ

文・塚田牧夫 — 2021.4.17
彼と一緒にいるとき、“こんな幸せな時間がずっと続けばいい……”と思うこともあるでしょう。そんなとき、彼も自分と同じような気持ちでいてくれたら嬉しいですよね。そこで今回は、男性たちの意見をもとに、“一緒にいて幸せを感じたときに出すサイン”にはどのようなものがあるのかご紹介します。

ずっと手を握っている

「彼女と部屋で2人で過ごしていると、くっつきたくなるんですよね。特に、手をつなぎたくなります。

お泊りデートの日とかは、ベッドの上で彼女とゴロゴロしながら、ほとんど一日中手を握っていることも。そのため、手を放すのはトイレに行くときぐらいですね」リョウタ(仮名)/29歳

手を握るというのはシンプルな行為ですが、それが一日中となるとかなり強い愛情表現でしょう。彼の幸せを感じているアピールであり、あなたともっと繋がりたいという意思の表れかもしれません。

ことあるごとにキス

「僕は、彼女と一緒にいて幸せを感じると、ことあるごとにキスしちゃいます。外でもあまり気にしません。

彼女はいつも恥ずかしがっていますが、唇に限らず、おでことか頬にもしていますね」タイチ(仮名)/28歳

こういったキスをよくされるのであれば、相手はあなたへの強い好意がありそう。また、あなたと一緒にいるときに幸せを感じている可能性が高いでしょう。

気がつくと見つめる

「僕は、彼女のことが大好きで、一緒にいるとつい見つめてしまいます。そんなとき、彼女に“なに?”と聞かれ、“なんでもない”という会話をよくしますね。

ただ、たまに“見すぎ”と言って怒られることもあります」ケント(仮名)/26歳

好きな人の顔は、いくら見ても飽きないもの。また、常に視界に入る場所に好きな人がいてくれることにも、幸せを感じていそうですね。

ニオイを嗅ぐ

「彼女のニオイが好きなんです。特に首筋のニオイが好きですね。

だから一緒にいるときは、ついクンクン嗅いじゃいます。嗅ぐとなぜかホッとするんですよね」コウヘイ(仮名)/30歳

この場合のニオイとは、その人本来のニオイのこと。それを嗅ぐことで、相手の存在をより強く感じているのでしょう。

“彼が一緒にいて幸せを感じたときに出すサイン”をご紹介しました。

相手が自分と一緒にいるときに、幸せを感じているかどうか気になる場合は、相手の仕草や態度を見ると分かりそうですね。ぜひ参考にしてみてください。

©Cavan Images/gettyimages
©eclipse_images/gettyimages