スイーツより争奪戦? 【人気コンビニパン】セブン、ローソン、ファミマ3選

文・小田原みみ — 2021.4.11
コンビニって、バリエーション豊富な品揃えで、ちょっとした買い物でもさまざまな発見があり、楽しいですよね。また、また、美味しさもどんどんアップしていて、スイーツに負けず劣らず、 パンも各社のこだわりがでています。コンビニ利用率高め、自称コンビニ愛好家のライターが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで見つけた、おやつにピッタリな「菓子パン」を紹介します!

争奪戦? おやつにピッタリな菓子パン3選

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

写真上から時計回りに、セブン-イレブン しっとりレーズンカスタード、ファミリーマート ファミマ・ザ・メロンパン、ローソン チョコレートデニッシュ。

商品はそれぞれ販売スペースが限られています。なかでもパンは、スイーツよりも1個あたりのサイズが大きく、かつ種類豊富であるから、あまり多くは並べられないんですね。つまり、入荷数が少ないレアものといっていいパンもあるんです。だから、人気や話題のコンビニパンって実は争奪戦! そこで、おやつ時間に見つけたらラッキーなパンを3つ紹介します。

セブン-イレブン しっとりレーズンカスタード ¥151(税込)

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

セブン-イレブンの菓子パンといえばこの「しっとり~」シリーズ! という方も多いのではないでしょうか。

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

開封すると、バターの香りがふわ~と感じられます。このまま食べてもよいのですが、個人的なおススメの食べ方は、少しだけトースターで温めること。ひと手間かけるだけで、「しっとり」に「ふんわり」がプラスされ、美味しさが何倍にもアップします。

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

このようにカスタードフィリングが練り込まれているので、パン全体としては甘め。そこに、レーズンの甘酸っぱさが加わり、良いアクセントになっています。

ローソン チョコレートデニッシュ ¥135(税込)

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

デニッシュ生地×チョコレートという鉄板の組み合わせ。

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

正直なところ味は想像できるのですが、ひとつ全く予想していなかったことがありました。

PXL_20210331_030437741

それは、このチョコレートの分厚さ。かなりボリューミーで食べ応えがあります。これが見えている部分だけでなく、デニッシュ生地の真ん中でも、同じ厚さのまま入っていて、初めのひと口から最後のひと口までチョコレートを味わえます。こちらもトースターで少し温めると、デニッシュ生地はパリッ、チョコレートはトロッでヤミツキです。

ファミリーマート ファミマ・ザ・メロンパン ¥118(税込)

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

今、コンビニパン業界の中で一番話題といっても過言ではないパン。というのも、2021年3月23日に発売し、4月4日までで約225万個を売上げ、大ヒット中なんです。

コンビニパン コンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート パン 菓子パン

このパンの特徴は主に2つ。1つ目は表面のビスケット生地にフランスノルマンディー産発酵バターが使用されていること。開封した瞬間、甘いバターの香り包まれます。また、このビスケット生地をよく見ると、グラニュー糖がまんべんなく練り込まれているのがわかります。サクサク食感がたまりません。
そして、2つ目は、中のパン生地が長時間発酵種とパネトーネ種で仕込まれていること。実際に食べてみると分かるのですが、ふんわり&もちッとしているんです。パンを食べてお腹を満たすだけでなく、感動すら覚えました。コンビニパンの進化、スゴイです。

続々新作発売中

毎週新作が発売されるコンビニ商品。もちろんパンも毎週新作が発売されています。人気や話題のものはすぐに売り切れてしまうので、要チェックです!


文・小田原みみ

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。