いきなり「泊まりたい」はNG…!? さりげなく「彼と朝を迎える」方法

文・沙木貴咲 — 2021.4.9
一晩一緒に過ごすお泊りデートは、彼への愛をいっそう深める幸せな時間。でも、自分から誘うのはちょっと……と遠慮する女性は多いはず。お泊りデートにさりげなく誘うにはどうすればいいんでしょう?

素直に言う「お泊りしたい」

デート お泊り 誘い方

遠回しに匂わせる方法がないわけではありませんが、男性は女性が考える以上に鈍感です。仕事では細密に業務を進める彼氏ですら、こと恋愛では「どうして気づいてくれないの?」というボンヤリ行動が多いはず。態度で示して察してもらうのは効率が悪くイライラするだけでしょう。

お泊りデートがしたいなら素直に言うのが一番です。ガツガツしているようで恥ずかしい……と赤面しても、言葉にしなければやっぱり伝わりません。とはいえ、いきなり「泊まりたい」とボソッと呟くのはNG。言い方やタイミングはよく見極めたほうが良さそうです。

旅行:日帰りできない場所へのデート

デート お泊り 誘い方

「付き合って間もないうちのお泊りデートは特別なものにしたい。自分か相手の家ではなく、ちゃんとしたホテルや旅館で思い出に残るデートがいい」(32歳女性)

こちらは既婚女性のご意見ですが、独身時代は恋多き女としていくつものドラマを描いてきたそうで。旅行や遠くへのドライブを提案すれば「お泊りしようか」も不自然ではありません。

最近は旅行目的ではなく、ラグジュアリーな空間を楽しむためのホテル滞在プランも流行っています。近場であってもゴージャスなお泊りデートは気分が上がるでしょう。

記念日という言い訳

彼氏や自分の誕生日が近ければ「お泊りしてお祝いしよう」と言えますが、それが難しいときは勝手に記念日を作るといいでしょう。

付き合って1か月記念日や初めて〇〇する記念日だけでなく、ゴールデンウィークだからとか、近場のお祭りがあるからなど基本的には何でもアリ。「お泊りしよう」の枕詞になればきっかけは何でもいいのです。

だって、彼も彼女とお泊りしたいと望んでいるから。そこは紛れもない事実ですから、要は言い方なんです。気の利いた言い方ができれば、なお良しと考えて。

「取引先の上長と付き合ったときは『契約がちょうど一周年だね』という仕事の話から一泊二日のお祝い旅行が決まった」(32歳女性)

前出の女性はまったく色気のない前振りでお泊りの約束を取ったとのこと。好きな人とずっと一緒にいたいのはみんな一緒ですから、強引な言い訳でも彼は気にしないでしょう。

お泊りデートはいつからOK?

たとえばキスをするならこのタイミングとか、体を許すのは何回目のデートが良いとか。何となくの目安があるかもしれませんが、お泊りデートはどうなんでしょう?

知り合って間もないうちはさすがに遠慮しても、恋人同士になってから1か月も経てばお泊りも不自然ではないでしょう。連絡やデートの頻度によっては、もっと早くお互いの家を行き来し始めるかもしれません。ノリやその場の雰囲気で決めてもいいですし、「絶対にこうしないとダメ」という線引きはないはずです。

ただ、なし崩し的に半同棲状態を許すと、その後の交際が緊張感に欠ける可能性が。彼氏が『釣った魚にエサをやらない』状態になるかもしれません。あまりに早い段階でお泊りデートに慣れても得はないでしょう。

お泊りデートで絆を深める

デート お泊り 誘い方

「お泊りしたい」と自分から言うのは恥ずかしいかもしれませんが、彼もそれを望んでいることを忘れずに。きっかけさえ投げたら、あとは彼が積極的になってくれるはずです。

そして、きっかけは些細な内容で構わないでしょう。ドラマのような完璧な展開を作る必要はありません。大事なのは「お泊りをして彼とずっと一緒にいたい」という気持ちを伝えること。それが伝われば誘い方は何でもアリ。難しく考える必要はないのです。


©Maskot/Gettyimages
©PhotoAlto/Frederic Cirou/Gettyimages
©Pekic/Gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。