グループLINEが消滅!? 「不倫にハマった人妻」がとった衝撃の行動とは【昼顔妻の告白 後編】

文・塚田牧夫 — 2021.3.31
普通ならば罪悪感を覚えるようなことも、周りの人たちが当たり前のようにやっていると罪の意識が薄れてしまうことも。なかには、「ママ友」というコミュニティのなかで、そんな集団心理が働くこともあるようです。架純さん(仮名・38歳)は以前、ママ友のつながりで参加した既婚者合コンで、弘樹さん(仮名・40歳)と知り合い、不倫してしまったそう。今回は、当時のママ友たちとの関係や、不倫後の結末を語ってもらいました。

不倫中、ママ友たちの反応は?

thumbnail_line_94414725667296

「ママ友たちのグループLINEは、男性の話題ばかりでした。彼氏がいるのは当たり前で、ひとりではなく2~3人いるような人もいましたね。そんな話題を普通に出すので、常識が完全に歪んでいました。

私が弘樹さんと2回目の食事をしたあとホテルに行ったという話をしたら、すごく盛り上がりました。“彼氏ができて良かったね”と早速祝福ムードでしたね。内容を細かく聞かれたけど、悪い気はしなかったです。仲間に迎え入れられたようで、嬉しい感覚がありました」

不倫相手への感情は?

「弘樹さんは私の2歳上で、歳が近いこともあって話が合いました。お互いに結婚しているし、しつこく連絡が来ることもないのですごく付き合いやすかったです。

ただ、冷たいところはありました。私が一度、食事をしたお店にスマホを忘れてしまったことがあって、帰るときに気付いたんですね。お店はそんなに離れていなかったのに、“俺は帰るね”と言って行ってしまいました。ちょっと寂しかったですね。

面倒なことには巻き込まれたくなかったんでしょう。ちゃんと距離を保って付き合わなければいけないと思いました。だから、相手のことが好きかと言われると、そうではなかったですね」

不倫がエスカレートしたキッカケは?

「次第に、グループLINEで私の話題に触れられることがなくなってきたんですね。そんなときに、2回目の合コンが開かれたんです。

ひとり、30代前半の男性が私に興味を持ってくれて、連絡先を交換したんですね。すると、グループLINEで、私のほうから誘ってみたほうがいいという話になりました。“おすすめのお店はココ”“少し焦らしたほうがいい”と数々のアドバイスが送られてきました。

そうなると、私も誘わないわけにもいかず……。食事をして、ホテルに行きました。でも、私もさすがに2人を相手できるほど余裕はないので、その男性とは1度きりでした」

不倫後の結末は?

「ママ友がひとり、急にグループLINEを退会したんです。嫌な予感はしましたよね。数日後、その女性の不倫が旦那さんにバレたという連絡が来ました。

蜘蛛の子を散らすように、一気にみんな離れていきました。その結果、グループLINEは消滅。それまで頻繁に連絡を取っていたのに、プツッと途絶えました。巻き添えを食いたくなかったんでしょう。

そこで、私も目が覚めました。もともと家族は一番大事だと思っていたので、元の自分に戻った感じですね。弘樹さんとも、連絡を取るのをやめました。

当時は本当に、不倫が当たり前という感覚があり、本当にどうかしていました。今でも、楽しかったな……と振り返ることもあって、まだあの頃の気持ちが残っているのではと怖くなることもあります」

彼女が不倫にハマったキッカケとは…? 前編はこちら

“「不倫にハマった人妻」がとった衝撃の行動”をご紹介しました。

ママ友との集団心理が働いた結果、不倫に対する罪の意識が薄れ、当たり前のように感じてしまうこともあるようです。これは非常に怖いことであり、身を滅ぼす可能性もあります。今一度、「不倫はすべきではない」としっかり自覚を持つべきでしょう。

©wundervisuals/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。