【2021年4~6月】星座×干支×血液型「運勢ワースト5」は誰?

文・五十六謀星もっちぃ — 2021.4.1
4月~6月の3か月で、星座と干支、血液型の組み合わせ全576パターンを総合的に判断した運勢のワースト5をご紹介します。特に今の時期は、人付き合いに関する問題が起こりやすい傾向にあります。余計なトラブルを避けて、この春に運気をしっかり上げるためにも、ランキングに入っている人は注意点を意識して生活しましょう!

ワースト5位 かに座×申年×O型

他人の不手際に巻き込まれやすく、損な役回りを演じてしまうかもしれません。準備も下調べもせず、すぐ他人を頼るような人との関わりには十分に注意しましょう。

普段から人の気持ちをよく考え、先回りをして気を遣うことが上手なあなたは、人から頼られすぎてしまう傾向にあります。

特にこの時期は、最終的な目的もよくわからない中途半端な頼まれごとに巻き込まれる恐れがあります。十分に注意して自分の時間を大切にしましょう。

ワースト4位 うお座×戌年×A型

非常に純粋な心を持っているあなたにとって、自分の理想と現実とのギャップによる苦しみは、人生の大きな課題といえるかもしれません。この時期は、そんな問題が頻出してストレスが増えてしまいそうです。

自分の理想にこだわりを持ちすぎることで、周囲から意固地な変わり者と思われてしまうこともあるかもしれません。きれい事にこだわっていると思われて損をしないよう、柔軟な姿勢を持って過ごすことが大切です。

ワースト3位 てんびん座×卯年×AB型

もともと社交的なセンスに優れて人に優しいあなたですが、この時期は気配りの繁忙期に陥って、疲労困憊してしまいそうです。

何かと人の心が読めてしまうためモヤモヤしたり、相手から要求されていることがわかるからこそ余計に気になってしまったりと、心が疲れるシーズンになるでしょう。

必要以上に人の心をのぞき込まず、他人に関心を持たないように過ごすことで、この時期を無事に乗り越えられそうです。特に新しく知り合う人とは、深く関わる前に一定の距離を置いた方がうまくいくでしょう。

ワースト2位 おとめ座×申年×AB型

外出時に鍵をちゃんとかけたかどうか気になるような、些細な心配事が心を動かしやすい時期です。小さな不安の蓄積によって、様々な物事に対する集中力が低下し、仕事の精度が下がってしまう恐れがあります。

この時期は不安を他人にぶつけないよう気をつけて、しっかり自分の心と向き合うことが大切です。

今抱えている不安にはほとんど根拠がなく、後で振り返れば「どうしてこんなことで悩んでいたんだろう」と思えることばかりだということを忘れないでください。

ワースト1位 さそり座×戌年×B型

自分のやりたいことや、やるべきことに集中できる時期ですが、その分、他人に対する気配りを忘れがちになりそうです。

行動力に満ちて充実した日々を過ごしても、それが独りよがりのものになってしまっては意味が薄くなってしまいます。

特に、身近な人が求めていることをしっかり理解し、どんなに忙しいときでも常にコミュニケーションを充実させる意識を持つことが大切。大切な人との約束を忘れないように気をつけましょう。

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

公式HP:https://motty56.com/
占い師のサロン:https://salon.motty56.com/

©Westend61/gettyimages
©Maskot/gettyimages