子どもが欲しいの…♡ 昼顔妻の「独身男性との純愛気取り」LINE4つ

文・塚田牧夫 — 2021.3.22
恋愛中は周りが見えなくなることもあるかもしれません。なかには冷静になって見返すと、思わず赤面するようなやり取りをしていることも……。そして、それは不倫関係であっても例外ではないようです。今回は、不倫経験のある男女に“昼顔妻の独身男性との純愛気取りLINE”について、聞いてみました。

「あなたに似た子どもが欲しい」

「年上の既婚女性と不倫をしていたときに、映画を見に行ったんですね。子役が活躍する映画だったので、後で“あの子可愛かったね”なんて感想をLINEで送り合っていました。

すると向こうが、“あなたに似た子どもが欲しい”なんて言ってきて……。その女性は旦那さんとの間に既に子どもが2人いたので、僕は複雑な気持ちになりました」ハヤト(仮名)/27歳

相手が正式な彼女であれば、男性にとって嬉しい言葉かもしれません。しかし、不倫関係となると話は別。男性としても、素直には喜べず、返答に困ってしまったようです。

「美容師って女性?」

「以前、既婚女性と付き合っていたんですが、彼女はよくヤキモチを焼くタイプでした。例えば、彼女に“今日は美容室に行ってくる”とLINEで連絡すると、“美容師って女性?”と聞いてくるんです。

続けて、“ケンちゃんの髪は誰にも触らせたくない”なんて言うんですよ。事あるごとにそういうことを言ってくるので、付き合うのは結構大変でした」ケン(仮名)/26歳

この女性は他の女性に対して、つい嫉妬してしまうのでしょう。しかし男性としては、嫉妬されすぎると、不倫関係でなくても戸惑いを感じるようです。

「夢で会いにきてね」

「少し前までダブル不倫をしていました。お互いに既婚者ということもあり、いろいろな事情も重なってしばらく会えなかったんです。

そういうときは、“会いたい”“けど会えないから、夢で会いにきてね”なんてメッセージをLINEで送り合っていました」ショウタ(仮名)/35歳

“会えないならば、せめて夢のなかだけでも……”ということでしょう。これが不倫関係でなければ、微笑ましいやり取りだったのですが……。

「お酒は2杯までだからね」

「私は既婚なんですが、8歳下の独身男性と付き合っています。彼はたまに友達とお酒を飲みに行くんですが、かなりお酒に弱くて……。また、私と関係を持ったキッカケもお酒で酔った勢いだったため、ちょっと心配なんです。

他の女性に手を出されるのも嫌なので、そういうときは“お酒は2杯までだからね”なんて、まるで本当の彼女のようなLINEを送ってしまうことがあります」ユナ(仮名)/32歳

彼との出会いのキッカケがお酒だったことも相まって、彼の行動が気になってしまうのでしょう。ときには、不倫という関係を忘れ、まるで本当の彼女のように注意するようです。

“昼顔妻の独身男性との純愛気取りLINE”をご紹介しました。

純粋な気持ちで相手のことが好きなのかもしれませんが、不倫は不倫。純愛を望むのであれば、不倫関係を一刻も早く解消すべきでしょう。

©Michael Heffernan/gettyimages